こともあろうに義姉の身体を頂いた話です。

義姉というのは、5つ年の離れた次兄の嫁さん。
私は30歳で結婚したのですが、結婚する少し前の話で、当時の義姉は34歳でした。
いけないこととは思いながらも義姉も欲求不満だったようです。
2人して激しく求め合ってしまいました。

どうして義姉とそんな事になったかというと、きっかけは次兄の家に泥棒が入ったことでした。
次兄は大手ゼネコンに勤めていて家を空けることが多く、その時もしばらくは家に帰れそうにありませんでした。
3歳になる娘の麻衣ちゃんと2人で過ごしていた義姉。
ある日の夕方、麻衣ちゃんと一緒に買い物から帰ってくると、家の中が荒らされていたのです。
最初は何事かと思ったようですが、窓ガラスが割られて開けっ放しになっていたので、空き巣だと気付いたようです。
慌てて110番したのですが、警察が来るのを持っている間に恐くなり、義姉は私に助けを求めてきました。
次兄からも「もしなんかあったら力になってくれ」と言われていましたので、仕事中でしたが急いで駆けつけました。

次兄の家に着いた時は、鑑識の人も含めて警察官が何人もいました。

「義姉さん、大丈夫?」

「章太郎さん。ごめんね、急に呼び出して・・・」

「いいよ、そんなことは。それよりどうなの?なんか盗られた物とかあるの?」

「現金は置いてなかったから大丈夫なんだけど、婚約指輪が見当たらないの」

「指輪か・・・」

「そうなの」

「でも良かったじゃない、それくらいで済んで・・・」

「でもあれを見てよ。窓ガラスが割られていて・・・なんだか恐いわ」

泥棒は外から窓ガラスを割り、鍵を開けて侵入したのです。
次兄の自宅はマンションの1階で、塀を越えて侵入したようです。

「修理を頼まないといけないけど、それまではあの状態でしょう。犯人が戻ってきたりしないか不安で・・・」

「そうだね、確かに不安だね」

「ねえ、章太郎さん。今夜は泊まってくれないか。麻衣と2人じゃ恐くて」

「別に構わないよ。それで義姉さんが安心するならそうするよ」

「ありがとう」

警察が帰った後、夕食を3人で食べてからテレビを見ていましたが、まだ不安な様子の義姉。
私と麻衣ちゃんが一緒にお風呂に入っている時も、1人でいるのが恐いからと言って、洗面所に来てドア越しに私たちと話していました。
そしてお風呂から上がってしばらくすると、麻衣ちゃんを寝かしつけた義姉。

「ねえ、章太郎さん、今、向こうで音がしなかった?」

「音?・・・聞こえなかったけど」

「玄関の鍵、ちゃんと掛けたわよね?・・・お願い、ちょっと見てきてくれる?」

確かめに行きましたが、鍵は掛かっていましたし変わった様子はありません。

「大丈夫だったよ」

「ありがとう・・・でも恐いし、もう寝るわね」

そう言うと私の布団を敷いてから麻衣ちゃんが寝ている部屋へ。
しばらくテレビを観ていた私でしたが、何もすることがないので、義姉が座敷に敷いてくれた布団で寝ることに。
するとしばらくして、「章太郎さん、もう寝た?」と義姉の声。

「いや、まだだけど・・・どうかした?」

「なんだか怖くて・・・ねえ章太郎さん、傍にいていい?」

「別にいいけど・・・」

布団の中に入ってきて腕にしがみ付く義姉。

「義姉さん・・・」

まさか布団の中に入ってくるとは思わずビックリです。
義姉は綺麗な人で、身体は少しほっそりしていました。
男だったら、なんとかしてあげたいと思わせるタイプの女性です。
人当たりが良くて、義姉と一緒にいたら癒されるといつも思っていました。
そんな義姉の体温を感じ、息遣いが聞こえてきます。
たまらず義姉の方を向くとハグしました。
すると義姉は私の胸に顔を埋めてきました。
もう一度ギュッと抱き締めて、顔を上げさせて唇を重ねました。

「いいよね?義姉さん」

確認すると、コクンと頷いた義姉。
もう一度キスして、今度は舌と舌を絡めます。
パジャマのボタンに手を掛けると、「小さいから恥ずかしい」と義姉。

「義姉さんのおっぱいを見られるだけで幸せだよ」

「ホントに?」

「本当だよ。前からこうしたいと思ってたんだ」

「そうなんだ~。いけない子ね」

「じゃあやめる?」

「バカ!」

義姉の乳房は確かに小振りでしたが、その割には乳首は大きくてエロかったですね。
その乳首を舌でツンツンしたりベロベロすると、「はあ~」と義姉は喘ぎはじめました。
そんな義姉のマンコが見たくなり、股間に移動して足を広げました。

「綺麗なピンク色をしているよ」

「恥ずかしいからあまり見ないで!」

「大丈夫だよ、綺麗だから」

小さめなクリトリスを確認して指で触ると、「ああっ!」と声を発し身体をピクッとさせます。
そのまま指で軽く擦り、顔を近付けてペロペロとクンニしてあげました。

「あ~ん、ダメよ~・・・」

「何がダメなのかな?」

「舐めるのダメ~!・・・気持ち良過ぎるもん!」

気持ちいいなら、もっとしてあげないといけません。
マンコ全体をクンニして、お尻の穴まで垂れそうになっていた透明な液体をすすりました。
義姉は起き上がると、ギンギンになっている肉棒を口に含んでお礼のフェラです。
義姉のやさしい性格通りのソフトなフェラでしたが、竿の裏側や玉袋まで丁寧に舐めてくれました。

(憧れの義姉が俺のを!)と考えただけで興奮ものでした。

そして、いよいよ挿入です。

「コンドームってある?」

「ないからそのまま入れていいわ」

(最近、兄貴とはエッチしてないのかな?)と思いながら、正常位で生で入れ込みました。

義姉のマンコは、ほっそりした体同様にビラビラもすっきりとした形をしています。
十分に潤っていたので難なく入れ込むことが出来ましたが、肉ヒダがジュルジュルと亀頭を包み込むような感じで、物凄く気持ち良かったです。
特に奥に入れ込んだ時に一番それを感じたので、ゆっくりと出し入れをして義姉のマンコの感触を味わいました。
義姉は奥深く入れ込むたびに、「あ~っ、気持ちいい~」と喘ぎ、これで最後とばかりに動きを速めると腕や足を絡めて泣きそうな顔で私を見ていました。
そんな義姉の顔を見ているだけでイキそうになりました。
何度かグイグイと突き上げ、最後は義姉と一緒に果てました。

その後、布団の中で寄り添ってくる義姉に腕枕しながら話をしましたが、兄貴が家を空けることが多いので自然とセックスレスになり、義姉も不満が溜まっていたようです。

「今度、義姉さんの方から誘ってみれば?」

「嫌よ、そんなの・・・。前に一度、誘ったみたことがあるんだけど、『疲れてるから』って寝てしまったの」

そう打ち明けてくれました。

(兄貴もバカだな。こんな素敵な義姉さんを悲しませるなんて・・・)

そのまま一緒に寝て、夜が明けてからまた求め合いました。
空き巣に何かお礼しないといけませんね。