今まで誰にも話したことはなかったけど、私が初めてエロいことをした相手は女の子だった。
別に同性が好きっていうわけではないんだけどね。

あれは確か中3の冬休みだったと思う。
同じクラスの女の子で、大人になった今でも仲良くしている子なんだけど、結夏ちゃんて子が泊まりに来た。
泊まりで冬休みの宿題とか受験勉強をしようってことになっていて、その日は両親と弟が旅行に行っていたから、家には私たち2人だけ。
夕飯は2人でクリームシチューを作って、近所で買ってきたパンと一緒に食べた。
朝食と夜食の分もパンを買って帰ったら、すごい量になったのを覚えてる。

夕飯を食べたあと、リビングでこたつに入りながら、一緒に冬休みのワークを1冊片付けた。
あとまだ3冊くらいワークが残っていたけれど、とりあえず休憩がてらお風呂に入ることにした。
お風呂は一緒に入ったんだけど、結夏ちゃんはクラスの女子の中でも発育がいいほうだったから、私よりもずっと胸が膨らんでて、下の方も少し毛が生えていて・・・。

「結夏ちゃん、大人で羨ましい」

「うちは由衣ちゃんの方が羨ましいよ。細いし~」

なんてお互い褒めあいながらダラダラと入って、すっかり温まって上がってから、また宿題。
残りのワークをまんべんなく進めて、あとは自分たちでやることにして、受験勉強をはじめることに。
受験用に買っていたワークを広げて一緒に解いた。

そうこうしているうちにすっかり夜中になっちゃった。
集中していたらお腹が空いちゃったから、夜食用に買っていた惣菜パンをチンして食べた。
歯磨きして、私の部屋へ行って、お母さんが布団を出してくれていたんだけど、寒いし、私のベッドで一緒に寝ることにした。
で、「おやすみー」って目を瞑ったんだけど、なんか楽しかったから興奮が冷めてなかったのか、なかなか寝付けなくって。
結夏ちゃんは静かにしてるから、寝てしまったのかな?って思って、私もなんとか眠ろうとしていたら、結夏ちゃんがたまにピクッて震えてるのに気づいた。

(夢でも見てるのかな?)って思ったら、「ん・・・ふ」って、小さい声もする。

具合でも悪いのかと思って、「結夏ちゃん、大丈夫?」って声をかけたら、すっごいビクッてして、「由衣ちゃん、起きてたの?」って。

私は正直に頷いたんだけど、そしたら結夏ちゃん、涙目になって・・・。

「ご、ごめんね・・・友達の家でこんなことして・・・。私、受験が近づいてきてるからストレスが溜まっちゃって・・・。毎晩、触らないと眠れなくて・・・」

(触るって何を?)

そう思って、正直にそのまま聞いたら、結夏ちゃんはびっくりした顔をして・・・。

「由衣ちゃん、もしかして、まだしたことないの?」

何のことか分からなくて頷いたら・・・。

「もうみんなやってるよ。教えてあげるよ」

そう言って、結夏ちゃんが私の脚を触ってきた。
パンツの上からあそこの筋の部分をなぞられて、なんだかわかんないけどゾクゾクした。
恥ずかしいけど、こんな恥ずかしいことをしてたのがばれちゃった結夏ちゃんの方がきっともっと恥ずかしいはず・・・。
結夏ちゃんとはずっと友達でいたいから、恥ずかしいことも共有しなきゃって、わけのわからない使命感で、私は結夏ちゃんの言う通りに脚を少し開いて身を任せた。

「由衣ちゃん、クリ気持ちいいでしょ。イキそう?」

「イクっていうの、わかんないかも・・・」

そもそも、そんなところを触られるのは初めてだったから、イクなんて感覚がわかるわけがない。
素直にそう言ったら・・・。

「じゃあ由衣ちゃん、目を瞑ってて。絶対にイケるようにしてあげる」

そう言って結夏ちゃんが布団の中に潜ってって、私のズボンとパンツをずるっとずらした。
お尻も丸出しになっちゃってるのが恥ずかしかったけど、部屋の電気は消えてるし、布団の中だから見えるはずがない。
そう自分に言い聞かせて、恥ずかしいのに耐えるのに、ただ必死だった。
そしたら、いきなり脚の間にぬるっとした感覚。

「ひゃ・・・!結夏ちゃん、何っ?」

「リラックスしてて、大丈夫。痛いことはしないから」

結夏ちゃんがしゃべると、あそこに息がかかる。
つまり、さっきのぬるっとした感覚は結夏ちゃんに舐められた感覚だったんだってわかったら、すごく興奮してきちゃって・・・。
そのままヌルヌルとクリトリスを舐められて、太ももとか腰のあたりが勝手にガクガク震えて・・・。

「だめ」って言っても結夏ちゃんはやめてくれなくて、ふわっと体が浮かぶような感覚。
全身に鳥肌が立って、涙がちょっと出ちゃって・・・気持ち良くって、しばらくぼーっとしていたら結夏ちゃんが布団から出てきて・・・。

「漫画で、こうすると気持ちいいって書いてあったから。よかった?」

恥ずかしいけど気持ちよかったのは事実だし、私だけしてもらうのはなんか申し訳ないなって思って・・・。

「今度は私が結夏ちゃんにしてあげるよ」

そう言って布団に潜って、結夏ちゃんのあそこをペロペロ舐めた。
おしっこが出てくるところってイメージだったけど、お風呂に入った後だから汚くはない。
それに、舐めていたら、ちょっとだけしょっぱいトロトロした液体がこぼれてきてて・・・。

(女の子ってこんなふうになるんだ・・・)

そう思うと、もっともっとその液体を出させてみたくなった。
ぷくってしてるところを舐められて気持ちがよかったから、私も結夏ちゃんのそこを重点的に舐めた。
少しだけ生えている柔らかい縮れ毛を指先で撫でながら舐めると、さっきイカせてもらったばかりのあそこがウズウズしてくるのがわかったけど、とにかく一心不乱に舐めた。
結夏ちゃんは、「あっ・・・あっ・・・」って、大人の女の人って感じの声で喘いでた。

結夏ちゃんがイッちゃった後、結夏ちゃんは自分で自分のあそこを触って・・・。

「こんなにトロトロになったのは初めてかも。今なら何か入れても痛くないのかな?」

セックスの仕方は、一応知っている。
でも自分のそんなところに何かが入るなんて、ちょっと信じられない。
でも、結夏ちゃんが自分の指を突き立ててみたら、案外すんなりと入ってしまった。
それで、じっと見ていたら・・・。

「由衣ちゃんも濡れてるから、きっと入ると思うよ。脚、開いてみて」

ベッドの上で向かい合ってM字開脚するみたいに座ったら、結夏ちゃんの指がゆっくりと私の中に入ってきた。
気持ちいいとかは判らなかったけど、ここにいつか男の人のあれが入るんだなって、妙に感動したのを覚えてる。

結局、中を指で弄ってみても、気持ちいいって感覚はわからないままだった。

「クリのほうが気持ちいいね」ってことになって、結夏ちゃんが漫画で見たらしい、お互いのあそこを舐め合える体位、シックスナインで散々あそこを舐め合って、何回もイッてから眠った。

いつもよりぐっすり寝れて、翌朝はびっくりするくらい早起きしちゃった。
洗濯物を干したり掃除までして、朝ごはんにパンと残りのシチューを温めて食べた。
リビングのこたつで残りのワークを片付けて、その後は受験勉強。
お互いにわからないところを教え合ったりして、なんかすごい勉強できたなっていう充実感があった。
休憩中にはみかんを食べたり、ちょっとテレビを見たりして・・・お昼ご飯には出前のピザをとったけど、2人では食べきれなかった。
食べた後はまた勉強して、おやつに残りのピザを食べた。
そうこうしてたら親が帰ってきたから、結夏ちゃんを家まで送ってって、バイバイ。
冬休みが開けても、あの夜のことについては、お互いなんにも言わなかった。

この前、結夏ちゃんがもうすぐ結婚することになって、久しぶりに会いたいねってことになって、カフェでお茶をしてきた。
そのときに、その話題を結夏ちゃんの方から出してきて、「エロエロな学生だったよね」って2人で笑っちゃった。
あんなことがあっても友達だから、きっとこれから先もずっと友達なんじゃないかなって思う。
女子同士はああいうことが、ごく稀にだけどあると思うけど・・・男子も一緒にオナニーしたりするのかな?