風俗嬢ではないが、まあ広義の風俗ってことで書きます。

ビデオボックスってあるだろ?
あれが都内で出来始めた頃の話。
まだDVDじゃなくてVHSの時代。
俺は当時外回りの仕事で、時間調整&サボり&性欲発散でよく利用していた。

あるとき受付で、「AV女優とのテレフォントークイベントをやっている」と言われた。
なんでもその女優が今、実際この店に来てて、ボックスに備え付けられた内線電話に電話をかけてきて、しばしお話ができるというもの。

(話だけしたってしょうがねえよ)と思ったが・・・。

その女優は、イベントに来るくらいだから1線級ではないもののそこそこ有名女優だったし、(可愛いじゃん)とパケを見て思ってたので、1000円を払って申し込んだ。
そしてその子の出演する秘書モノのビデオを持ってボックスへ入った。

実はその子のビデオを見るのは初めてだった。
見てみると、思ったよりスタイルがよくて好みだったw
いつ電話がかかってくるかわからないが、やることはやっておこう、と。
これまた当時出回り始めたオナグッズを使って、虚しい自家発電を始めた(笑)

で、はじめから見てたので結構時間が経った。
電話がかかってくる様子はない・・・。
すると、コン、コンとドアをノックする音がした。

「はい?」と声をかけたが返事はない。

慌ててオナグッズを引き抜いて、ちんこを仕舞って、ビデオを止めてドアを開けると、女の子が立っていた。

「あの◯◯◯◯(女優名)です。ちょっと入れてもらっていいですか?」

その子が小声で言う。
今までビデオの中でアヘアへやってた子だったw

(何?この状況。テレフォンじゃなくて直接なの?)

混乱していると、彼女は狭い部屋の中に入り、俺が座るソファの横にちょこんとしゃがんできた。

「電話したんですけど、なんか繋がらなくて。せっかく申し込んでくれたので来ちゃいましたw」

「あ、そ、そうなの・・・」

しかし、今まで自家発電に勤しんでいた場所だから超気まずい・・・。

「お仕事の途中ですか?」

「は、はい。すみません」

「ここはよく来られるんですか?」

「ええ、まあ」

などと取りとめのない会話の間、彼女は俺の手を握っている。

(すみません、そっちの手でさっきまでちんこを握ってたんですけど・・・)

ふと股間に目をやると、慌てて身づくろいしたために社会の窓からワイシャツがずどんとはみ出ている。

「あ、やべw」

俺が直そうとすると・・・。

「あ、ごめんなさい、もしかして途中でした?」

(いや、うん、そうだけど、そこは突っ込まないでw)

「どんなの見てたんですか~?w」

俺の弱点(?)を見つけて優位に立ったのか、だんだん遠慮がなくなってきた。

「いや、◯◯ちゃんのビデオを」

「え?ほんとに?嬉しい~」

「ほら」

さっきまで見てたビデオを再生する。

「あ、ほんとだ。わ、恥ずかしい~」

しばらく一緒にビデオを見ていた。
なんかだんだん妖しい雰囲気に。

「・・・立っちゃった」

「・・・ほんとに?」

「うん、ビンビン」

「・・・見せて」

「・・・え?」

俺の太ももに胸を当てるようにして被さってきてチャックを下ろす・・・。
隣のボックスにも人がいるので、いちいち耳元で囁かれるからゾクゾクした。
ちんこ触らせるのも申し訳ないので、自分でおっきしたドラ息子を引っ張り出す。

「すごい、おっきいね・・・」

(いや、普通です)

「続き、して・・・。手伝ってあげるから」

(ま、マジっすか!)

ちんこを握ると、その上から彼女が手を重ねてきた。
ソファに座った俺の横に滑り込んできて、耳元で「気持ちいい?」と囁く。
いつか俺の手は外れ、彼女の手が直接しごいていた。

「き、気持ちいい」

俺は少女のような気色悪い声を出しながら、そろそろとホットパンツに包まれた彼女のヒップに手を伸ばした。
拒否はなかった・・・。
ヒップを撫で回して興奮の絶頂だったが、彼女の手はソフトな動きなので、なかなかイクところまで行かない。
ふと横を見ると彼女も目がうるうるしている。

「んふー・・・」

そんな吐息を出して彼女がキスをしてきた。
柔らかい、まとわりつくようなディープキス。
もうカチンカチンだった。
でもイカない・・・。

そのうち、「ちょっと後ろに下がって」と言って、「内緒だよ」と俺の股の間にしゃがみ込んだ。

髪をかきあげて片耳にかけると、俺を見つめながら顔を股間に近づけていく。
下からツーと舐め上げて、目を伏せると口の中に俺のちんこを放り込んだ。

(うおおおおおおwwwwww)

温かいというより、熱かった。
彼女がストロークをはじめるとすぐに絶頂を感じて、慌てて視線を上げた。
すると画面には、俺のちんこを咥えている彼女が2人の男に前後から突かれている映像が流れていた。
急激に興奮が高まり、(ち、乳も!)という欲求に衝き動かされ、服の上から彼女のおっぱいを鷲掴みにする。
そこが限界だったw

大量放出した俺の汁をティッシュに吐き出すと・・・。

「いっぱい出たねw」

彼女はいたずらっぽく笑った。
その後、ちょっとだけ話して彼女はボックスを出ていった。

(なんなの?このラッキーすぎる状況?)

しばらく呆然とする俺だったw
まあ考えてみれば、あの子は風俗の経験もあったのだろう。
デビュー間もないからほぼ現役だよな。
そうはわかっていても強烈すぎる興奮に、しばらくオカズには困らなかった。
それまでに発売された彼女のビデオすべて入手したのは言うまでもない。
だがその後、数本の主演作を残して彼女はAV業界から消えた。

「やらせて」とあの時言えばできたのだろうか?

・・・そんなわけないかw