俺は小学校4年生の時にオナニーを覚えました。
しかし、かなり特殊なオナニー方法で、いつでも出来るわけではないのです。

場所はプール、つまり夏限定のオナニーでした。
プールに水の噴出す循環口がありますよね。
そこにチンチンをあてがって、水流で刺激して射精する方法です。
初めはなんだかよくわかりませんでしたが、とにかく気持ちよくて毎日何回もやっていました。
そのうち白いおしっこが出ていることに気がつきましたが、プール内でおしっこなど日常茶飯事w
(後でかき混ぜればわからないよ)と平気で続けていました。
当時の俺はそれを“激しく気持ちいいおしっこ”だと思っていました。

夏休みは毎日のようにプールに行きました。
しかし、夏が終わるとそのおしっこをする方法がありません。
お風呂場でシャワーを当ててみたり、シャンプーでヌルヌルにして弄ってみたりしても、その“白いおしっこ”は出ないのです。
おそらくプール内だから出しても大丈夫という安心感があってはじめて射精していたのだと思います。

それでも俺はどうしてもあの感覚が忘れられず、隣町まで自転車を漕いで温水プールに向かいました。
プールに入り、循環口を捜しました。
久しぶりにアノ感覚を味わえるという期待と、1ヶ月ほど弄っては射精できずを繰り返し、溜りに溜まった精子のせいで、探している最中に俺のチンチンは大きくなってしまいました。
ところがなかなかその循環口が見つかりません。
俺はどうしようもなくなり、なんだか涙が出てきました。
そんな俺を見つけた監視員のお兄さんが俺に駆け寄って来ました。

「大丈夫?具合でも悪いの?」

優しく聞いてくれましたが、泣いている理由を言うわけにも行きません。
俺がただ泣いていると、お兄さんは困った様子で向こうから人を呼んできました。
小学生とかに水泳を教える女の先生(インストラクター?)でした。

「さっ、1回上がりましょうね?」

そのお姉さんは俺を抱き上げました。
そしてそのまま保健室のような所に連れて行かれ、寝かされました。
しばらく寝かされて落ち着いた俺はベッドに座らせられました。
お姉さんはまだそこにいて、俺の様子を眺めていました。

「どうしたの?気分が悪いの?」

俺は首を横に振りました。

「もうプールには入らないほうがいいよ。今日は」

そう言って俺の着替えを持って来ていました。
しかし、俺はこのまま帰るわけにはいきません。
まだ“白いおしっこ”を出していないからです。
少し迷いましたが、思い切って聞いてみることにしました。

「水が噴出す所はどこにあるんですか?」

「え?」

お姉さんは全く理解できていないようでした。
そこで俺は自分が何のためにここに来たのかを説明しました。
もちろんプールの中でおしっこをしていることがバレてしまうので、かなり勇気がいったと思います。
大泣きしながら話したのを覚えています。

プールの水が出るところにチンチンを当てたいこと。
しばらくするとおしっこが出ること。
そのためにここに来たこと。

話せる限りは話したと思います。
お姉さんも理解できたのでしょう。
苦笑しながら俺の頭を撫でました。

「その場所はお姉さんも知らないし、それにプールでおしっこしたらダメでしょ?」

そう言いながらお姉さんは俺に服を渡しました。

「今日は帰ろうね?お家に電話するから」

そう言って俺の水着を脱がしました。

「(!)」

お姉さんがビックリしたような顔で俺のチンチンを見ました。
どうやら俺のチンチンは勃起していたようです。
今となっては羨ましい限りの持久力ですw

「う~ん、困ったね・・・」

そう口にしたかどうかははっきり覚えていませんが、そんな顔をしていました。

「じゃあ、その場所を教えてあげるから行っておいで・・・。でもおしっこが出そうになったらトイレに行ってね」

お姉さんは俺に再び水着を着せ、プールに連れて行きました。
最初とは違うプールでした。
お姉さんが先に入り循環口を見つけると、手を振って俺を呼びました。
俺はまだ少しシャクリながらそこにチンチンを当てました。
お姉さんは後ろから見ています。

少しすると、「まだ大丈夫?出さないでね」と言ってきました。

それから何度も何度も頻繁に聞いてくるので集中できません。
30分くらいは経過したでしょうか。
やっと白いおしっこが出そうになってきました。
俺の表情でわかったのか、「あっ、出したらダメよ!上がって!」とお姉さんは俺をプールの壁から離し、プールサイドに引っ張り上げました。
お姉さんに手を引かれてトイレに急ぎました。
男子トイレに立たされ、水着を下ろされました。
そして、「ここに出してね」とお姉さんは言います。
でも、チンチンは大きいままですが出ません。
扱いたりしてもやっぱり出ません。
そこでお姉さんは意を決した顔をして・・・。

「うん。ここに座って」

俺をトイレに置いてあったパイプ椅子に俺を座らせると、俺の前に来てしゃがみ込みました。
そして俺の大きくなったチンチンを素早く扱きはじめました。
勃起しているといっても小学生のそれです。
指3本くらいで摘むように扱きます。
お姉さんもいい大人ですから、このくらいのことはしたことがあるでしょうけど、俺のはまだ皮も被ってましたし、少し勝手が悪いようです。
時々滑りを良くするように指先に唾をつけていました。
ものすごく素早く扱いてきます。

「ここなら出してもいいから、早く出して」

そう言って俺の顔を覗きます。
その時のお姉さんの格好は今でも思い出すとオナニーに使えるくらいいやらしく、鮮明に覚えています。
競泳用のワンピース型の水着ですが露出度が高く、体にぴっちり張り付いた感じです。
しゃがみ込んでいるので胸元もよく見えます。
子供ながらにかなり興奮しました。

「うっ、うっ、うっ!」

俺はまだ少しシャクリ上げていましたが、しばらくすると例の白いおしっこが出る感覚がしました。

ピュピュピュッッッ!

プールで出す時にはジワ~と出る感じなのですが、その時はものすごい勢いで出てきたような気がしました。
チンチンの皮の間から少し亀頭が顔を出し、そこから白いおしっこが沢山出ていました。

「もう大丈夫?全部出しといたほうがいいよ?」

お姉さんは絞るように俺のチンチンを握りました。
少し痛かったですが、奥の方から残ったおしっこが出てくる感覚がしてあまりに気持ちよく、俺は泣きながら口の端から涎を垂らしていました。
その後、お姉さんは俺のチンチンからその白いモノを拭い、手を素早く振ってトイレの床に払いました。
そして手を洗い、タオルで拭いてから、まだチンチンを出しっぱなしの俺にトイレットペーパーを持ってきました。
それで俺のチンチンを拭き・・・。

「もう大丈夫よね?シャワー浴びて更衣室に行きましょ」

お姉さんは俺を立たせて水着を穿かせました。
確かにさっきよりは収まった気がしました。
更衣室に連れて行かれ、俺は洋服を着せられました。
その間もお姉さんは一緒にいてくれて・・・。

「さっきしたみたいにすると自分でも出せるけど、プールでしたらダメだよw」

なんだか笑いながら言いました。
その後、俺は普通のオナニーを覚えましたが、しばらくは指先に唾をつけて扱いたり、お姉さんのやり方を実践していました。
それでもやっぱり夏になるとプールに行って、循環口の水流を使って白いおしっこをたっぷり出していました。