新卒の同期とトイレでヤッちゃいました。

僕が就職した会社は静岡県の郊外の駅から離れたところにある、ある製薬会社の研究所でした。
同期は男女2人ずつで、僕を含めた3人は普通の狭いアパートを借りて住んでいたのですが、そのうちの1人のかなえちゃんは、職場からちょっと離れたところの一戸建てを安い家賃で借りて住んでいました。
当然ながらかなえちゃんの家は僕達同期の溜まり場のような感じに。
週末ごとに4人で泊まりに行き、家飲みをしてそのまま朝までダラダラと、まるで自分の家のように利用させてもらっていました。

そんな飲み会が半年くらい続いた頃でした。
いつものようにテレビを見たり食べたりした後、かなえちゃんは2階の自分の部屋に戻りベッドで就寝、残りの3人は2階の別の部屋に布団を敷いて雑魚寝をしていました。
夜中の2時頃、僕はトイレに行きたくなって目が覚めました。
トイレは1階にしかないので物音を立てないように静かに1階に下りると、トイレの電気が点いていて、ちょうどかなえちゃんがトイレを使っているのがわかりました。
僕は物音を立てないようにしていたので、トイレの中のかなえちゃんはまだ気づいていません。
僕はまだちょっと酔い残って気分がハイになってたこともあり、かなえちゃんにいたずらをしてびっくりさせてやろうと思いました。

トイレのドアが開き、かなえちゃんが出てこようとした時に僕は死角から飛び出し、かなえちゃんの腕を掴んでトイレに押し戻し、後ろ手でドアを閉めて鍵もかけて、「びっくりした?」と聞きました。
かなえちゃんは最初は驚いた表情をしていましたが、いたずらの主が僕だったと分かるとすぐに安心した顔になり、「なんだ~、変なことしないでよ~」と言いました。
僕はそんなつもりでかなえちゃんをトイレに監禁したわけではなかったのですが、そのときのかなえちゃんの服装が問題でした。

かなえちゃんは、みんなとくつろいでいた時のスポーツウェアではなく、ピンクのキャミワンピのような、肩からデコルテ部分が露出していて、膝丈のひらひらしたナイトウェアに変わっていたのです。
そして頭ひとつ背の高い僕が、狭い場所で真上からかなえちゃんを見下ろすと、キャミワンピの胸の部分からノーブラの可愛いおっぱいと濃いピンク色の乳首が丸見えになっていました。

「びっくりしたよ。早く出してよ」

かなえちゃんが言ってきて、僕は「いやいや」とふざけていたのですが、その間ずっと僕の視線はかなえちゃんの胸に釘付けでした。
すぐにかなえちゃんも自分がノーブラだったことに気づき、「あっ!!」とびっくりした声を出して慌てて胸を押さえました。
無防備な姿の女の子に狭いトイレで胸チラを見せられてしまって・・・。

「かなえちゃん、ちょっと触らせて」

僕は理性が吹っ飛んでしまい、無意識に口に出していました。
かなえちゃんは「ええっ?」と言いましたが特に否定せず、人差し指を口に当てて、『静かに』という仕草をしただけでした。
その仕草が、みんなを起こさないように静かにだったら触らせてくれるというOKサインだと判断した僕は、キャミワンピの胸元から手を入れて、かなえちゃんの生おっぱいを手で包みながら、親指と人差し指で乳首を摘んでクリクリ触りました。
かなえちゃんは「ううん!」と少し声を出し、みるみる乳首が硬くなってきました。
僕がわざとかなえちゃんに、「あれ?なんか硬くなってきちゃったよ?」と囁くと、かなえちゃんは顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしていましたが、かなえちゃんも「でも、あんたも硬くなってきたでしょ?」と言って、仕返しにハーフパンツの上から僕の股間を触ってきました。
もちろん僕の股間もガチガチに硬くなっていました。

僕がおっぱいを触り、かなえちゃんが僕の股間を触ったら、次に僕が触りたい場所はひとつです。
僕は膝丈のキャミワンピの裾の部分を捲り、手を差し込むようにして内股に触れながら、「こっちも触っていい?」と聞きました。
かなえちゃんは、「ダメだよ~。それはまずいよ~」と口では言いましたが、トイレの奥に行って、お互いに触りやすいポジションになってくれました。

僕はかなえちゃんを洋式便座の蓋の上に座らせるとキャミワンピを捲り上げて、その下に履いているグレーのコットンのナイトウェア仕様のパンツの上から、かなえちゃんのおまんこに触れました。
そして割れ目の付近を形を確かめるように指でなぞると、ピンポイントでクリトリスに当たったみたいで、かなえちゃんはビクッとなり、「あうっ」と声をあげました。

「それはマズいでしょ?」と言いながらもかなえちゃんは僕のされるがままになっていて、だんだん息が荒く激しくなってきました。

「そんなにされたら濡れちゃう!」

かなえちゃんは快感に耐えながら言っていましたが、言う前からかなえちゃんのグレーのパンツは濡れていて、股間の色が濃くなっていました。
僕はそのままトイレの床に跪き、かなえちゃんの反応を見ながらパンツをスルスルと脱がしていきました。

「あ!だめ!そこまでしたらダメでしょ!」

と言いながらも抵抗する素振りはなく、僕は目の前にあるクリトリスをクンニしました。
かなえちゃんは前のめりになって、「あう!あう!」と感じながら僕のズボンを脱がしてきて、僕のガチガチに硬くなったペニスをゴシゴシと不自然な姿勢ながらもしごきはじめました。
狭いトイレの中で絡み合うようにして僕はかなえちゃんをクンニして、かなえちゃんは目いっぱい手を伸ばしてペニスをしごいてきます。
もちろん他の2人がいつトイレに下りてくるか分かりません。
ここまでは、お互いにかなり急いで行ないました。
そしてそれに呼応するように、かなえちゃんの濡れるペースはかなりのものでした。
やがて僕のペニスをしごいていたかなえちゃんの手が止まり、「ああん、気持ちいい!」とクンニの快感に集中するようになりました。
そしてあっさり、「ああうう!!」と言ってイキました。

僕は便座に座っているかなえちゃんの顔の前に、「フェラしてくれる?」と言いながらペニスを持っていきました。
でも、「私、下手だから」と断られてしまいました。
僕は拒否られたようでちょっと落ち込んでしまいましたが、そのときの実際のかなえちゃんの気持ちは、フェラよりも早く挿入して欲しかったみたいです。

かなえちゃんに促されて、僕とかなえちゃんはポジションを交換しました。
ペニスを天井に向けた状態で僕は便座の蓋の上に腰を下ろすと、キャミワンピの下はノーパン状態になったかなえちゃんがゆっくりと跨がってきました。
かなえちゃんはヌルヌルだったので、簡単に根元まで挿入が完了しました。
ペニスの目元にクンニで濡れたびしょびしょの部分がピタッとくっつくとひんやりした感触がありました。
逆に竿の部分はかなえちゃんの体内に包まれて熱くなりました。

僕は快感に身を委ねました。
音を立てないように、かなえちゃんはクリトリスを擦り付けるように腰を動かし、僕も音を立てないように下から突き上げるのを我慢しました。
しかし何もせずに座位でイカされるのは情けない気がして、指でクリトリスをピンポイント攻撃し続けました。
僕がクリトリスを強く刺激すると、かなえちゃんは「あん!気持ちいい!」と声を上げ、腰を動かすペースがどんどん上がっていきます。
僕はトイレでのかなえちゃんとの性交に興奮して早漏になってしまいました。
生で挿入していることに気づき、「やばい!もう出ちゃう!」とかなえちゃんに宣言しました。
かなえちゃんも生で入っていることに気づき、慌てて僕から下りて跪くとペニスをパクッと咥えました。
僕は限界に達して、かなえちゃんの口の中にドピュドピュと発射しました。
僕は「出していいよ」と言ったのですが、かなえちゃんはごくんと飲み込んで、さらにはお掃除フェラまでしてくれました。
ここまでの所要時間はせいぜい20分くらいだったと思います。

その後、お互いに服を整え、外の物音を探りながら別々にトイレから脱出し、何も知らずに2階で寝ている2人をよそにリビングで少し話しました。
どうやらかなえちゃんは、ちょっと強引に男に好きなようにされるのが好きなタイプみたいです。
ちなみに、その後もかなえちゃんの家での宅飲みは続いたのですが、2回目のチャンスは訪れませんでした。
そして2年目からはそれぞれの配属先が変わってしまったので、残念ながらかなえちゃんとはそれきりになってしまいました。