私は子供の頃から尿意が近くて、すぐにおしっこがしたくなる体質なんです。
それに気も弱かったので、中学生くらいの時は授業中におしっこに行きたくなっても言い出せず、週に1回くらい教室でお漏らしをしちゃってました。
当然クラスの男子には、『しょんべんアイコ』というあだ名を付けられていじめられてました。
女子にも口には出さないけど、完全に馬鹿にされていました。

ですが、いつからかお漏らししちゃった瞬間の、みんなの馬鹿にするような視線を感じると、なんだかおまんこがムズムズするような感じがして、そんな日は夜遅くまでオナニーに耽ってしまうようになっていました。
お漏らしした時のみんなの視線を思い出しながらオナニーするとすごく気持ちよくて、すっかり癖になってしまって・・・。
中3の頃には、オナニーのためにわざと失禁しちゃうようになっていました。
今思えば、相当にエッチな女子中学生ですよね。
というか、これまで自分以上にエロい女の子に会ったことがないかも(笑)

高校生になると、少しは我慢がきくようになっていましたが、それでも時々お漏らししたい衝動が抑えられず、月に1回くらいは教室で失禁しちゃっていました。
もちろんその日の夜はオナニーで何回もイッてました。

高校を卒業して就職してからはさすがに職場でお漏らしするわけにもいきません。
でも、普通にオナニーしても、お漏らしした日のオナニーほど気持ちよくなれず、だんだん欲求不満気味になっていました。

そして今日のことです。
仕事が遅番で、電車を降りて駅を出たくらいから少し尿意を感じはじめていました。
まだ尿意は小さかったし、家までは歩いて10分ちょっとだったので、大丈夫と思って家に向かって歩きはじめましたが、半分くらいまで来た所で尿意が強くなってきました。
トイレを借りられそうな店とかは駅前か家の近くにしかありません。
私は早足で家に向かって急ぎましたが、一度尿意を意識すると、もともとおしっこを我慢するのが苦手なので、すぐに漏れそうになってしまいました。
心の底の方で(漏らしちゃう?)とかチラッと考えたりもしましたが、深夜とは言え、周りにはまだ人が結構いました。
さすがにここでお漏らししちゃうわけにはいかず、帰り道の途中にある小さい公園の公衆トイレに向かいました。
ですが、そのトイレは何年も放置されていたみたいで、個室の中はゴミだらけ。
扉も壊れていて、とても使える状態ではありませんでした。
もう尿意は限界でした。
少しでも力を抜くと漏れちゃいそうで、とても他の場所を探す余裕なんてありませんでした。

もう歩くこともできず、その場で立ちすくんでいるうちに限界を超えてしまい、チョロチョロとおしっこが漏れてくるのを感じました。
慌ててジーンズごとパンツをずり下ろした瞬間、力が抜けて一気におしっこが飛び出しました。
パニック状態になった私はとりあえずおしっこが服にかからないように腰を前に突き出しながら、男性用の小便器の前まで歩いていきました。
おしっこは思ったよりも前に飛んだので服にはそんなにかからずに済みましたが、男性用の小便器で立っておしっこをしているところなんか、誰かに見られたら身の破滅です。

ですが、限界まで我慢していたおしっこは、なかなか終わりません。
そのうち、ずっと我慢していたおしっこが出来てほっとすると同時に、なんだかゾクゾクするような感じがしてきました。
おしっこを終えて、ティッシュでおまんこを拭こうとしてそっと触れた瞬間、すごい気持ちよさを感じて思わず声が出ちゃいました。
そっと中に右手の中指を入れてみると、ヌルヌルに濡れていました。
ゆっくり指を出し入れすると、気持ちよさはどんどん強くなっていきました。

(こんな状況で感じちゃうなんて・・・)

なんて思いながらも指を止める気にはならず、出し入れをだんだん激しくしながら左手でクリをこね回して、私は外でオナニーを始めてしまいました。
もう夢中になってしまった私は声が出ちゃうのも気にならず、野外で指を2本に増やして、むちゃくちゃに掻き回しました。
そしてクリを思いっきり摘んで引っ張った瞬間、頭の中が真っ白になるくらいの気持ちよさに、思わず大声で喘ぎながらイッてしまいました。

フラフラしながら家に帰ってからも、お風呂場でさっきのことを思い出して、またオナニーしちゃいました。
久しぶりにお漏らしした後のオナニーの快感を思い出して、またちょっと変わった性癖の虜になりそうです。