私の妻は31歳。
子供はまだいない。
結婚して2年、付き合った期間は4年。
出会ってからだと、かれこれ9年になる。

そんな妻の見たくなかった姿を見てしまった。

それはオナニー。
もちろん、してないことはないだろうとは思っていたが・・・。
9年経って初めて目の当たりにして、衝撃を受けてしまった。

その日はいつも通り仕事に出たのだが、前日の夜に家で作成した書類を忘れてしまい、昼過ぎに営業車で家に戻った。
特に気にせずに鍵を開けて家に入り、1階のリビングに置いていた書類を取って、妻に一声かけて出ようと思ったのだが、どうやら妻は2階にいるらしい。
階段の下まで行くと、上からやけにこもった声で、「うううぅ」と聞こえてきた。
不審に思ってゆっくり2階に上がり、声のする寝室へ向かった。
そこには妻のとんでもない姿があった。

ベッドに仰向けになり、足をこちらに向けて大きく開いた格好で、白いパンツの上からあそこに携帯用の制汗スプレーを押し付けていた。
声の大きさを気にしたのか、妻は布団を頭から被っていて、寝室にこもった喘ぎ声が響いていた。
かなり気持ちいいようで、白いパンツはすごく濡れている。

どうしようかと困っていたら、妻はパンツを膝まで下ろし、そのまま足から抜いた。
明るい部屋で妻のまんこを見たのは久しぶりだった。
クリトリスがすごく大きくなっていて、スプレーの先でそこをグリグリと刺激しては喘いでいる。
大きな声とともに腰を少し浮かし、膝を閉じたり開けたりして、もうすぐでイキそうに見えた。
あそこからはどんどんと愛液が出てきて、びらびらがテカテカと光っている。

すると、妻はとうとうスプレーをまんこに突っ込んだ。
激しく出し入れしている。
音がぴちゃぴちゃと聞こえてきて、たまらなくエロかった。
おそらく妻はそのまま昇天したのだろうが、私はバレるのが恐くて、その前にそっと家を出た。

夜に家に帰ると何事もない感じでいつもの明るい妻がいた。
しかし食事の後に風呂に入ろうとして洗濯機を探ると、昼に妻が穿いていたパンツが底にあった。
あそこの部分には大きな染みと白くカリカリしたものがこびりついていて、あの時の様子を思い出してしまった。
そのまま風呂場でオナニーしたのは言うまでもない。

今までは気にしたことがなかったが、その日から風呂に入るときに洗濯機の中の妻のパンツをチェックするようになった。
結果、少なくとも1週間に一度は痕跡のあるパンツがあることが分かった。
どうやら妻も私と同様のペースでオナニーをしているようだ。