フリーターの私が図書館でバイトしていた時の話。
2008年頃のことだ。

そこの派遣社員の司書に由紀という美人がいた。
当時25、6歳で、色白、黒髪、目は切れ長でスレンダーな女性だった。
芸能人で言えば、檀れいや竹内結子といった正統派の美人の系統だ。
私は好意を寄せていたが、自分に自信もなく、由紀さんに相手されるわけもない。
私は陰ながら由紀さんを眺め・・・。

(どんな男に抱かれているんだろう?)

そんな妄想を抱いていた。
誰かに抱かれている姿を勝手に妄想し、勝手に嫉妬し、そして興奮していたのだ。

そんな思いがエスカレートして、私はあることを思いついた。
じつは小学校からの同級生にAV男優になった友人Aがいる。
ルックスはイケメン系で色黒の細マッチョだ。
そのAに話を持ち掛けたのだ。

私「俺が想いを寄せている職場の美人とセックスしてくれないか?他の男とセックスしてるところが見たいんだ。口説き落としてでも無理やりでもなんでもいいから」

A「いいね、素人をおもちゃにするのは興奮するよ」

そして私は、由紀さんと仲のいい同僚の女に合コンをすると言い、無理やり由紀さんを誘い出してもらうことに成功した。
合コンには、私とA、そしてAの仲間の男優兼監督のBも来た。
Bはどちらかというとキモい系統の男だった。
女性側は由紀さんと仲のいい同僚の司書2人、3対3という構図だ。
だが正直、後の2人には用はないのだ。

A「俺はこいつの幼馴染で、今は俳優の卵をやってます。で、こいつがBで俳優仲間」

Bはカメラを仕込んだデカいケースを持っていた。

B「あ、今日は大学時代の吹奏楽の仲間と演奏してた帰りなもんで、デカいの持ってるけど気にしないで」

当然だがAはAV男優であることを隠した。
そしてAは合コンに慣れていた。
なんだかんだで仕組んだ合コンは盛り上がり、Aが由紀さんの心を掴み、この後2人だけで飲みに行く約束をした。
他の2人は私とBで適当にあしらった。

そして1時間後、Aからメールだ。

A『いい女だな。早く犯したいよ。もうホテルに着くぞ』

私たちはそのホテルの前まで向かった。

私「じゃあBさん、打ち合わせ通り頼みますね」

Bだけホテルに行かせて私は外で待つ。
打ち合わせというのは、AとBで由紀さんをハメ撮りするというものだ。
これから話すのは、そのハメ撮り動画の内容だ。

Bがカメラを回しながら部屋に入ると、Aと由紀さんがキスをしていた。

由紀「きゃっ!どういうこと?」

A「いいタイミング!じつは俺たちAV男優でさ。これからセックスを撮らせてもらうよ」

由紀「そういうことだったの?最低!帰して!」

カメラを固定し、AとBで由紀さんを無理やり脱がせた。
由紀さんは淡い水色のレースの下着でTバックだった。

A「いい体してるね、AVに出れるよ。着痩せしてるんだね、見た感じFカップかな」

意外に巨乳で驚いた。

B「おお、たまんねー。ここまで撮られちゃったらダメだよね。ばら撒かれたら嫌でしょ。大人しくしようよ。俺は見てるだけだからさ」

そう言われて由紀さんは観念したようだった。
そもそもAに関しては満更ではなかったわけだし、酒に酔って判断が鈍っていたのも良かったのだろう。
Bはカメラを持ち、撮影に回った。
Aがパンツをずらして性器を舐める。

A「いいね、素人のおまんこ。今までされたことがないようなことをしてやるからさ」

性器に指を挿入して掻き回す。

由紀「や!やめて!あっ!」

くちゅくちゅと音を立てているのがいやらしい。

A「じゃあ、そこに四つん這いになろうか」

Tバックのお尻の部分をずらした。
Aはゆっくりともったいぶりながら挿入を始めたのだ。
Bはさすがは本業だけあって、挿入の部分をアップで撮っている。

A「おお!入った!いいぜ!気持ちいい!素人のマンコだ。締まりもいいぞ!」

Aは抑揚をつけながら5分くらいバックでピストンを続けたが、時々ペニスが抜けたりしてさらに興奮を演出した。
その間、Bは俺のために様々な角度から由紀さんを撮影してくれた。
さすが本業だ、撮影にも余裕を感じる。
一度ペニスを抜いたAは由紀さんを誘導し、後ろ手にロープで縛ると床に正座をさせてフェラをさせた。
その際、Bの手も伸びて、Aと一緒に由紀さんの胸をブラの上から揉みしだく。
思った以上に由紀さんはAに惚れているようだった。
自分がAVを撮られている非常事態だというのに、夢中になってAの性器にしゃぶりついた。

由紀「んっんっ」

A「いいぞ。ほら」

チュパチャパと音を立てる。

A「意外と上手いな。素人の口は新鮮だ」

そう言いながらAは由紀さんの頭を鷲掴みにして前後に動かす。
しかし、素人の由紀さんはオエっとなってしまうので、そこでフェラシーンは終わった。
次にパイズリをしながらAはこう言った。

A「おっぱい、意外にデカいよね。何カップあるの?」

由紀「・・・Fカップ」

A「駅弁ファックって知ってる?やってる方はあまり気持ちよくはないんだけど。やってみていいか?」

由紀さんのブラジャーを外しながらそう言うと、Aは由紀さんの体を軽々と抱え上げて駅弁を始めた。
さすが男優だ。
本当に素人の、しかも職場の憧れの女性を駅弁で犯しているのだ。
ものすごく興奮した。
その時、由紀さんは泣きそうな顔で目を閉じ、Aの首に腕をまわして抱きつき、黒髪を振り乱しながら上下に揺さぶられていた。

A「はあ、もう我慢できねーわ、俺。こんな綺麗な素人さんだと。もう本気で挿入していちゃっていいかな。じゃあ横になって」

そう言うと由紀さんを正常位の体勢にさせてAは前から挿入した。
両腕を掴んで本気でピストンしている。

A「あぁ!気持ちいい!気持ちいい!締まりがいい!素人まんこがヌルヌルしているよ!」

Aは任務のことも忘れたような顔で、ただただ欲望のままに突いている。

由紀「あー!あー!もうだめ!あー!痛い!あーっ!あっ!」

痛いと言っているが、恐らく気持ち良すぎたのだろう。
Aは射精に至った。
コンドームは付けてはいないが、ちゃんと抜き取って顔に発射してくれた。
そこもBはいいアングルで抜いてくれた。
そしてこの後はBも参加して、3Pで由紀さんは犯された。
AVでは見飽きたシーンだが、前と後ろでペニスを咥える姿は最高に興奮した。

セックスは大体こんなものだった。
由紀さんはその後、職場にも平然とやって来た。
私と目を合わせたがらないところを見ると、恐らくすべて気づいているのだろう。
なにしろ俳優と称してAV男優を連れて来たのは私なのだから。
しかし、今となってはお互いの秘密といったところだろう。
なによりAが由紀さんのタイプだったのが良かった。
そして男優とのセックスはかなり快感だったらしく、その後も由紀さんはAと何度か会って関係を続けていたようだ。