私には10歳年の離れた弟がいます。
10歳も年が離れてると可愛くて仕方ないんですよね。
弟が赤ちゃんの頃から抱っこしていたのでなんとも思っていなかったし、実家に帰った時に一緒に寝るのも問題ないと思っていました。
でも、弟は違ったようです・・・。

弟の異変に気付いたのは、大学を卒業する夏でした。
いつものように一緒に寝ていたのですが、隣で弟が「はぁはぁ」していたんです。

(あ、オナニーしてる・・・)

そう思ったものの、弟の邪魔をしちゃいけないような気がして、私は背を向けたまま寝たフリを続けました。
しかし弟のオナニーが全く終わる気配がないので、寝返りを打ってそっと薄目を開けてみると、弟と目が合っちゃったんです!

(うわぁ!どうしよう!寝たフリを続けた方がいいのかな?)

色々考えていたら弟が急に、「おっぱい・・・触ってもいい?」って聞いてきました。
弟が幼稚園の頃、一緒にお風呂に入った時におっぱいを触らせてあげていたのを覚えていたのかもしれません。
断るのも可哀想かなと思って、「いいよ」と伝えると、弟はパジャマを捲って直接触ってきました。
さっきまでおちんちん握っていたようで、手は湿ってちょっとヌルっとしていました。
そんな手でおっぱいを揉まれてると思うと私まで興奮してしまって・・・。
弟もそんな私に気付いたみたいで、「下も触っていい?」と聞いてきました。
このとき「ダメ」と言わなきゃいけなかったのに、私も我慢できず、「ちょっとだけなら」と許してしまいました。
弟が触ると、「すっげ、濡れてる」と嬉しそうに言ってきました。
その言い方が可愛かったので私も調子に乗って・・・。

「お姉ちゃんにも触らせて」

弟の勃起したおちんちんを触らせてもらいました。
しばらくお互いの性器を触っていたのですが、弟が指まで入れてきて、それが余計に私に、(もっと太いのが欲しい)と思わせたんです。
あの時は彼氏と別れた後だったので、欲求不満だったのかもしれません。

(おちんちんが欲しい・・・でも弟だし。でも我慢できない・・・でも・・・)

ダメって言われると余計にしたくなっちゃう。
そんな感じで興奮しっぱなしでしたが、イキたいのに弟の指だけではなかなかイケなくて本当に辛かったんです。

(もう我慢できない!)

私が決心したその時、弟がイッてしまったんです。
興奮してしまって、自然と私の手コキが激しくなっていたようです。
弟とエッチしなくて良かったと安堵する一方で、イケなかった私はかなり不満でした。

その日、そのまま弟は寝てしまったのですが、私は我慢できずに寝ている弟の隣でオナニーをして自分の指でイキました。
でも・・・やっぱり本物には勝てません。

(弟とエッチしちゃうかも・・・)

次の日は朝からずっとそんなことを考えてしまって、トイレに行くたびにオナニーして興奮を抑えていました。

そして夜になると弟は、「昨日の続きやろう!」と言い出しました。
昨日みたいなドキドキよりも、とにかく弟は早く射精したかったみたいです。
今日は両親もいるので、もしものときのために用心して、お互いにパジャマを半分だけ脱いで、弟にはおっぱいを揉ませてあげて、私は弟のおちんちんを・・・。
途中で我慢できず、「指でここをグリグリして」とお願いしてクリをグリグリしてもらうと、すぐにイキそうになりました。

(イキたい!このままイキたい!)

そう思っていたら、「お姉ちゃん、手が止まってる」と弟に怒られてしまいました。

「もうちょっとグリグリして。そしたらお口でしてあげるから!」

イク寸前で止められたので我慢できずにこんなことを言ってしまいましたが、弟はフェラしてもらえると喜んで、張り切って手マンしてくれました。
自分でもクリを弄りながら、(姉弟でこんなことしたらダメなのに!)と思えば思うほど興奮してしまって。
クリトリスが熱くなって、私はビクンと痙攣してようやくイクことができました。
そんな私を見て弟も我慢できなくなったのか・・・。

「お尻、こっちに向けて」

弟に後ろから抱き締められました。

(入れられちゃうのかな・・・)

ドキドキしていると、お尻に硬いのが当たりました。

(弟にハメられちゃう!)

しかし弟は入り口におちんちんをヌルヌルと擦りつけるだけ。
つい弟のおちんちんを握って挿入しようとすると・・・。

「ダメだよ。姉弟でしょ?」

ここまでしておいて我慢できる弟に怒りすら覚えました。
弟がおちんちんを仕舞おうとするので、その手をどけて馬乗りになり、おちんちんを無理やり入れてやりました。

(気持ちいいー。やっぱり本物は最高!)

騎乗位でグリグリと腰を動かしてやりました。

「出ちゃう。お姉ちゃん、出ちゃう」

弟は泣きそうな声で言ってきたので、最後は口でしてあげました。
弟は「ああっ」と叫んで、盛大に口内射精しました。

以上です。