20年以上前になるのかな?
今じゃもうないだろうけど、エロ系の雑誌に『投稿欄』があった。
エッチな雑誌に男女が投稿して、気の合う文通相手を探し、かなりマニアックな関係が結ばれていた。
投稿欄にはフルネームと住所が丸出し。
今考えたらありえないことだけど、当時は何も考えずに普通にみんな投稿して、共通の趣味や性癖を持つ相手探しをしていた。
まぁ昔だからネットもなく、2ちゃんやツイッターで晒されるなんてこともないので安全だったのかな?
『個人情報』っていう概念すらなかった時代だったと思う。

で、そのエロ雑誌での経験なんだけど、ある時、メグミという中3の女の子から手紙が来た。

『Dカップです。周りは子供ばかりでつまんない』

即ヤレそうな雰囲気でめちゃ興奮した。
会ってみると中3にしては長身で巨乳。
顔だけが年相応で、田舎臭くて芋臭い。
だがそれがいい!

昼飯を食ってオレの家に連れ込んだ。
夕方から塾だということで塾の教材を持って来てて、いかにも中学生という感じ。
意を決してそっとキスしたら、向こうから舌を絡めてきた!
芋っぽい中学生のくせに、それはそれはいやらしいキスだった。

ベッドに運び服を脱がせると、ピンク色の可愛いブラとパンツ。
ブラを取り、おっぱいを揉み、吸う。
メグミはハアハアと喘いでいる。
パンツを脱がし、指を入れるとあっさり入った。
まあ処女じゃないのはわかっていたが、本物の中学生は想像以上に幼くて、そのギャップがたまらなかった。
ペニスを口に近づけるとフェラしてくれた。
あまり上手くはなかったが、だがそれがいい!

いよいよゴムを付けようとしたその時だった。
自分でも(えっ?)と思った。
勃たないのだ。
正確には半勃立ち。

(さっきまではギンギンだったのになぜ?)

しかし焦れば焦るほど反応しない。
再び愛撫に戻り、キスをしまくり、なんとか回復したので即装着!
よし、入れるぞという時に、またしても半勃ち・・・。
どうにかして入れようとしても、グニャリと曲がって入らない。

(冷静になれ、俺!)

半勃ちのままJCの入り口は叩いたが・・・そこまでだった。

「今、入りそうだったのにね」

メグミが苦笑した。
結局、できずに終わった。

「ごめんね」

「いいよ~、気にしないで~」

そう言ってくれたが、情けなくて仕方ない。
そのあと塾まで送って、1人で家に帰って即オナニー。

(なぜ勃たなかったんだ!)

本物の中学生を前にして緊張し過ぎてたのかな。
そのあと、彼女と会うことはなかった。

「周りは子供ばかり」と言っていた彼女は、きっと大人のセックスに期待していたであろう。
大人どころか、たぶん彼女の経験の中で、一番情けない男に認定されたに違いなかろうと想像すると超凹む。

マジでヤリたかった。
田舎臭い、たいして可愛くもない中学生と!
あんなチャンス、もう一生ないよな。