幼馴染の彼女を寝取らせた話です。

とりあえず彼女のスペック。
年齢は27歳で黒髪ロング。
身長は160センチないくらい。
体重はわからないが太ってない。
痩せすぎってわけでもない、足の肉付きは個人的に好き。
美人というより、どちらかと言えば可愛い系。
イメージ的には学生時代に図書委員とかやってそうな感じというか雰囲気。
ちなみにパイパン。

で、かれこれ付き合いはじめてから5年くらい。
飽きたというわけではないのだが、第三者として彼女のよがってる姿が見たいと思い、彼女を説得してサイトで出会った男性と会うことにした。

この時の条件は3つ。

・年上であること(同年代だと知り合いだったりするかもしれないので)。
・彼女の嫌がるプレイはしないこと。
・プレイ中は自分が立会う。

ある意味これが問題だったのかもしれない。
もっと細かく条件を入れるべきだったのかも。

とんとん拍子で相手が決まった。
相手の方は30代後半、中年太り気味の男性。
指輪をしてたからたぶん既婚者。
仕事が終わり次第、ホテルで待ち合わせ。

ってことで、話はホテルまで飛びます。
実際に会って挨拶してみると、良くも悪くも普通の人。
仕事が終わって直接来たとのことで、まずはシャワーを浴びたいと言われ、当然のごとく彼女と入りたいと。
ちょっと戸惑っていた彼女ですが、私的にも(こんなところで戸惑っていても)と思い、「入ってきなよ」と後押し。
彼女がどう思ったかは知りませんが、少し考えた後に男性の前でストリップ。
こういう時って割とあっさり脱ぐんですね。
全裸になって、胸とアソコを手で隠した状態の彼女は、同じく全裸になった男性と一緒にお風呂場へ。
お風呂場での会話は彼女からの後聞きになりますので後述しますね。

シャワーにしては少し長い時間をかけて出てきた2人。
心なしか彼女の顔が赤かったのですが、まぁ温まったからだろう程度の認識。
シャワーから出てきてからは、自分はすでに眼中にない様子で、男性は彼女をベッドに誘導。
少し戸惑いながらも誘導されてベッドに横になると、男性がすぐさま彼女のアソコにしゃぶりつきました。
自分は邪魔をしないように物陰から覗くことに。

器用に指で膣を弄り回しながら音を立ててしゃぶる男性と、悲鳴とも嬌声ともつかぬ声を上げる彼女。
活字にすると濁点が付くタイプの声。
あまり自分とのプレイでは聞いたことのない声でした。
4~5分弄られると、彼女の腰が少しだけ跳ねて静かになりました。
たぶんイッたんでしょう。
男性は彼女を休ませることなく、今度は69の体勢で彼女の口を犯しはじめました。
最初の数分は彼女がゆっくりと奥まで咥えたり、舌で舐め回したりしてましたが、途中から男性が腰を突き上げはじめ、強引に喉の奥まで肉棒を突き立てると、彼女もそれに応えるように咥えたままジュポジュポと音を立てて吸い上げていました。

しばらくそれが続き、男性が彼女を抱えてベッドに仰向けに寝かせました。
挿入するためです。
で、ここで最初の条件の甘さが出ました。

男性「じゃあ入れますけど、生でしますね」

これはあくまでも彼女に対しての言葉。

(え、生はちょっと)

そう思い、声をかけようとしましたが、時すでに遅しというか、物陰から出ようとしたところで彼女の、「あっ・・・!」という声。
挿入された瞬間です。
男性が腰を振りはじめ、彼女からは・・・。

「あんっ、あんっ!あっ・・・!いっ・・・!」

と、言葉になってない声が。
こうなっては、もう止められないです。
黙って様子を見るしかないので、自分は再度物陰に。
パンパンという音ではなく、バフッとかそんな感じの腰を打ち付ける音。
たぶん男性のメタボな腹肉のせいかもしれません。
男性が腰を打ち付けるスピードを徐々に上げていくのを目で確認しつつ、彼女の声が上がっていくのを聞いていると、さらなる問題発生。

男性「ああ~イキそう、中に出してもいい?」

こっちは、(えっ?)ですよ。
しかし彼女はヨガリまくってて判断がつかないのか、それとも承諾したのか、頭を縦に振っているだけ。
(えっ?)ですよ、これも。
どうしたらいいのかわからないまま、展開がどんどん進み・・・。

男性「あーイク、イク!出すよ、中に出すよ!」

そう言って一番奥に出すように腰を叩きつける男性。
彼女が「おぐっ!」と言って、2人の動きが止まりました。
正常位で男性が彼女にのしかかるようなポーズで肉棒が突き刺さってるのが見えて、その肉棒が精液を送り出すようにピクピクしているのまでわかりました。
止められなかった自分が悪いなと、よくわからないまま結論を出し、2人に近づこうとすると、再度予想外の展開に。
なんと、その状態で男性がまた腰を振り始めたんです。

男性「まだ足りないよね?まだ出るからね」

しかも驚いたことに・・・。

男性「わかる?いっぱい中に出てるよ。赤ちゃん、できちゃうかもね。まだ出るよ」

この男性、腰を振りながら何回も彼女の中に出してたんです。
彼女はもう「ひーひー」言ってるだけで、こうなると男性の性処理道具となんら変わらない状況です。
自分もこの異様な光景をただ固唾を呑んで見守るだけ。
(正直、かなり興奮してました)

男性「ほら、まだ出てるよ。精子がいっぱい子宮に入ったよ。まだイクよ」

全然腰の動きが止まらないまま10分以上。
男性は彼女の膣肉の感触を堪能しながら、なんと中出しを5回もしたそうです。
そんな中出しを終えて、彼女から肉棒を引き抜くと大量の精液が溢れてきました。
彼女は大股を開いた状態でピクリともせず。
男性は、そのまま彼女を放置して、お風呂場へシャワーを浴びに行ってしまいました。
その数分の後に彼女も復活して(かなりフラフラしていましたが)、男性と入れ替わる形でお風呂へ。
彼女がシャワーを浴びている間に、男性に感想というか話を聞きました。

自分「どうでしたか?」

男性「いや~、気持ちよかったです。妻とは全然違いますね」

自分「あの、中出しは?」

男性「条件にゴムとかなかったので。中出しも、彼女がOKしてくれたし。あ、それって1回目のお風呂で話したんですよ」

風呂場の会話の内容は、後から彼女に聞いたのも合わせると次みたいな感じだったようです。

男性「生でしてもいいんだよね?条件にゴムとかなかったけど」

彼女「えっ、あ、はい。大丈夫です」

男性「そっか。じゃあ気持ちよかったら中で出してもいい?」

彼女「それはちょっと・・・」

男性「気持ちよかったらでいいよ。ちゃんと聞くから」

彼女「でも、安全日ってわけじゃないですし」

男性「逆に危険日でもないんでしょ?大丈夫だよ」

彼女「でも・・・」

男性「まあ考えておいて」

そんな感じで、結果は上記の通りです。
普通なら怒るところでしょうが、それで興奮してしまったあたり、自分もかなりの変態なんでしょうね。
幸いにも彼女は妊娠しませんでしたが、その時のプレイを思い出してはオカズにしています。

また、その男性からは『また彼女とやらせて欲しい』というメールが来てます。
まだ返信はしていませんが、あの興奮が忘れられないので、またやってもいいかな・・・なんて思ってます。
今度はわざと危険日を狙ってみるとか(笑)