就職を機会に、2年ほど続けたバイトを辞めることになりました。
アットホームなお店だったので、お祝いに店長や正社員の人達がご飯の席を設けてくれて楽しい時間を過ごしたんですが、私以外はみんなお酒が入っていました。

食事が終わった後、本当はずっと気になってた先輩と話がしたかったんですが、比較的仲のいい正社員の田中さんが、「遅いし、駅まで送って行くよ」と言ってくれました。
いつも親切にしてもらっているし、特に危機感もなくついて行ってしまい、なんだかんだと話しているうちに、結局2人でカラオケに行くことになりました。

雑談しながら歌っていると、田中さんが妙にくっついてきました。
私も慣れないカクテルを飲んでしまったので、なんだか頭がぼんやりしてしまい、嫌がる間もなくキスをされました。

「ずっと好きだったんだ」と田中さん。

私が好きだったのは別の先輩だったんですが、酔っていたことと、彼氏と別れて半年くらいエッチがご無沙汰だったこともあって、このまま流されてもいいかなって雰囲気に。
私が嫌がらないので、田中さんはもっと激しくキスをしてきました。
そして彼の手は私の胸に。

Dカップの私の胸を、「柔らかい、柔らかい」って何度も言いながら服の上から揉み始めたので、監視カメラのある場所では嫌だと思い、田中さんを促してカラオケを出ました。

その後、人気のない通りに入り、キスをしたり、胸やお尻を触られたりしながら歩いていくと、小さな公園がありました。
中に入り、多目的トイレでもないかと探しましたが、建物すらなく・・・。

(どこか別の場所で・・・)

そう思っていると、いきなり草むらに押し倒されました。
住宅街にある公園なので、万が一誰か来たら・・・と思いましたが、興奮した田中さんはスカートを捲り上げて、いきなり下着の上からアソコに吸いついてきました。

「あん」

思わず声が出ると、田中さんは「すっごい濡れてるよ」と言いました。
確かに私もこの日はすごく興奮していて、今すぐに彼のアレが欲しくて仕方なかったんです。

(こんな場所で・・・)

とは思いましたが、私もこれ以上我慢できませんでした。
下着を掻き分けて田中さんの舌が入ってくると、自分でもわかるくらいドロドロに濡れていて、愛液でヌルヌルになった舌がクリに触れた瞬間、私は軽くイッてしまいました。
田中さんは私がイッたことに気がつかなかったらしく・・・。

「うわっ!ものすごい濡れてきたよ、すごい」

そう言って、クリを舐めながら中に指を入れてきました。
少し乱暴な感じでしたが、ジュクッと音を立てながら再び強くクリを吸われ、舐め回された瞬間、また私はイッてしまいました。
今度は私がイッたことに気がついたらしく、ぐったりとしている私を見下ろすと、下着の隙間から一気にガチガチに硬くなったモノを突き刺してきました。
それは本当に硬くて、元カレよりも大きくて、まさに“突き刺さった”という感じでした。

思わず「あああん!」と大きな声を上げてしまうと、「バレちゃうよ!人が来るよ!」と焦る田中さん。

頭を起こすと、少し離れた所に犬の散歩をしているおじさんがいました。
おじさんがこっちの方に歩いてきたので私は慌てて声をひそめたんですが、何を思ったのか田中さんは私の口をキスで塞ぐと、ゆっくりと腰を動かしはじめました。
彼の腰が円を描くたび、お互いの体液で濡れた陰毛が擦れてクリを刺激して、ものすごく気持ちが良かったです。

そのまま声を潜めつつ、田中さんは正常位で私のアソコを突いていました。
散歩のおじさんは私達に気がつかなかったようで、そのまま歩いていきました。
ある程度おじさんが遠ざかったところで、田中さんはまたものすごい勢いで激しく突いてきて、2人ともあっという間にイッてしまいました。

生で、しかも中出しだったのでマズいとは思いましたが、それ以上に気持ち良すぎて、田中さんのがまだ硬かったので、今度は対面座位で繋がりました。
服をたくし上げてブラをずらし、乳首をちゅうちゅう吸ってきて、それだけでまた私がイッてしまうと、今度は四つん這いで後ろから突き上げられて・・・。
もう声をこらえるのが大変でした。
その後、田中さんはまた中に出したみたいですが、抜かずに私がイクまで頑張ってくれたので、抜いた後は私の愛液と田中さんの精子が混ざり合って、泡になってドロドロと出てきました。
その後、タクシーで私の部屋に一緒に帰って朝までエッチしました。

田中さんには彼女がいるので付き合ってはいませんが、それからも月に何度か会ってエッチしています。
毎回普通のエッチじゃないのは彼の趣味なのかな(笑)

この前、たまたま気になっていた先輩と会ってメアドの交換をしたので、もしも付き合えたら田中さんとの関係は断つつもりでいますが、誘われたら拒めなさそうな自分が怖いです。