はじめまして。
大阪に住む、36歳の主婦です。
21歳の時に産んだ息子がいて、今、高校1年生です。
毎日、性欲旺盛な息子の精液の処理をしています。

始まったきっかけは、息子の部屋を掃除していて、近親相姦の告白本を見つけたことからでした。
何冊もあったので、掃除のたびにこっそり読んでいたのですが、隠れて読んでいるところを息子に見つかってしまったのです。
息子は恥ずかしさからか、私から本を取り上げてしまったのですが、その時、私の口から信じられないような言葉が出たのです。

「恥ずかしがらなくていいわよ。ケンちゃんも男なんだからエッチなことに興味があって当然よ。近親相姦に興味があるのね?・・・母さんとする?」

なんでそんな事を言ってしまったのかは、自分でもわかりませんが、告白手記を読んでそんな気分になっていたのでしょう。
息子は恥ずかしそうな顔をしながらも頷きました。
でも親子でセックスをするのは良くないことだと思ったので・・・。

「手とお口だけでいい?」

そう息子に聞きました。
息子は頷きました。
私はすぐに息子のズボンを脱がせました。
すでに元気よく立っていました。
ちゃんと皮が剥けていて、きれいなピンク色をした亀頭でした。

「女の人に触ってもらったことはあるの?」

そう聞くと、「母さんが初めて」と答えました。
触りながら「気持ちいい?」と聞くと、「自分でするより気持ちいい」と言ってくれました。

「ケンちゃんは、よくオナニーをするの?」

「毎日だいたい3回はする」

若い男の子の性欲には驚きました。
ピクンピクンする息子のモノを見ていると可愛くなって、舌で先っぽを舐めました。
それから息子のモノを口に含んで、フェラチオで気持ちよくしてあげました。
でもあまり長くは持たなくて、「母さん、出そう」と言うので・・・。

「ケンちゃんの大事な精液を飲んであげるから、お母さんの口に出しなさい」

そう言って私はフェラチオを続けました。
すぐに息子は溢れるくらいの精液を出しました。
出尽くしたのを確認して、精液を飲みました。

今はだいたい1日3度、息子の精液を飲んでいます。
最近は主人や娘がいる時も私のところに来るので困っています。