彼女と出会ったのは1ヶ月ほど前です。
タクシー乗り場に並んでいる時でした。
いつもは30分も待てば乗れるのですが、その日は雨のせいか行列が出来ていて、1時間以上待っても半分も進まない状態でした。
することもないので前に並んでいた女性に話しかけて、いつの間にか意気投合。

「雨も降ってるし、雨宿りでもして空くのを待ちませんか?」

なんて感じで2人で居酒屋へ。
話が盛り上がるにつれてアルコールも進んで、いつしかエロい話に。

「私だってもう30過ぎたバツイチよ。アナルセックスくらい経験あるわよ」

なんて言ったかと思うと・・・。

・学生時代は休み時間にトイレで先生のチンポをしゃぶってた。
・友達の部屋で3Pした。
・公園での野外セックス、映画館で立ちバックをしたこともある。

どんどんエロ武勇伝が出てきました。
そんな話を聞いてたらこっちまで興奮してきて、「もう立ってきちゃったよ」と言って、彼女の横に座ってズボンの上から触らせました。
そこまでの流れもあるので騒がれる心配はないだろうとは思っていましたが、さらに上を行きました。

「すごい!大きい!」

そう言うとファスナーを下ろしてパンツの中に手を入れてきました。
彼女も興奮していると確信しまし。
最初はまるでそんな気はなかったのですが、「じゃあホテル行こう!」と彼女の手を引っ張ってラブホに連れ込みました。

部屋に入って服を脱がせてから、ハメ撮りの経験もあると話していたのを思い出して、恥ずかしがる彼女の裸を携帯で撮りました。
口では嫌がるものの、卑猥なポーズをさせると顔を赤らめて、もっと撮って欲しそうな目で見てきます。
こうなればもうこっちのもの。
ドロドロの本気汁を溢れさせるおまんこを開脚させ、オナニー、そしてフェラチオと撮り放題。

撮ってるうちに、「もう我慢できない。早く挿れて」と懇願してきたので、自分でビラビラを広げさせ、挿入しているところを動画で撮って、ピストンしながらそれを何度も見せてやると、「ああ、ダメ、恥ずかしい」と叫びながらも携帯の画面に釘付けで、おまんこを締め付けてきました。
2人の子持ちの経産婦なのに、まるで処女のようなキツさの上に、感じるたびに締め付けてくるので我慢できず、「もう出そうだ」と言うと・・・。

「中に出して。思いっきり中にぶちまけて!」

一番奥まで突き入れた瞬間に精液を流し込んでやりました。
M字開脚させて逆流してくる精子を撮ってると、その精子を指で掬って自分のお尻の穴に塗りたくり、「こっちの穴もいじめて」なんて言ってきたんです。
居酒屋では衝撃的な告白が多過ぎて、すっかりアナルセックス経験者だということを忘れていました。
それに、まさか初めて会った男に自分からせがんでくるなんて思わなかったのでビックリです。

彼女自ら、精子を潤滑油にアナルオナニーで解し始めたので、マン汁まみれのチンポをフェラさせて、復活したところで思いっきり突っ込みました。
自分にとっては初めてのアナルセックスでしたが、キツキツのおまんことは逆で、お尻の穴の中は意外とゆるく変な感じでした。
正直、おまんこより気持ち良くはありませんでしたが、彼女の乱れようが尋常じゃなく・・・。
豪快な喘ぎっぷりは、まるで別人のようでした・・・。

肛門の入り口の締め付けをペニス全体で味わおうとピストンの動きを大きくすると、彼女の感じ方がさらに激しくなりました。
2回目とあってかなりの時間ピストンしていたら、彼女は白目を剥いて何度も絶頂しました。
結局アナルではイケなかったので、最後はおまんこに中出ししました。

彼女も1年ぶりのアナルセックスらしく、その後も何度もせがんできて、『フェラで復活→アナル→おまんこ→中出し』を、それから3回もしてしまいました。

意外と家が近所だということも判明して、今も嫁に内緒でこっそり彼女の家に行って、アナルセックス&中出しを楽しんでいます。