高3の時の話。
クラスに真由美という、とても可愛い女の子がいて、俺は比較的、彼女と親しくしていた。
彼女はボーイッシュで親しみやすい女の子だった。
身長は160センチくらいで少し細身。
アイドルでも通用すんじゃないかと思うほどスタイルが良くて胸も結構あったから、彼女と話した後は、なんだか幸せな気分に浸れたもんだった。

彼女は頭が良かったから、大体なんでも平均以上だったが、特に理系が得意な子で、数学、化学、物理、生物なんかの理数系は学年でもトップだった。
どちらかというと男子が得意な分野が得意なんだよね。
こういうのって思考に影響するのかどうかはよく分かんないけど、話していても男同士で話してるみたいな感覚を覚えたことがあったっけ、決して乱暴な言葉遣いとかじゃないんだけどね。
とにかく彼女は物理の話が好きで、俺は特に興味があったわけじゃないけど彼女の話は楽しく聞けた。
小難しい話より、興味深い話とか面白い話を選んで話してくれていたせいだと思う。
アインシュタインの説によると、光の速さを超えることは出来ないとか。
将来は医者になりたいとか、どこの大学を受けるつもりだとか、そんな将来の夢を話したりしていた。
まだ俺は将来の夢がはっきり決まっていなくて、なんとなく焦っている時期だったから、将来の夢がはっきりしている真由美が羨ましく思えたりしていた。

そんな彼女がちょっと深刻な顔で、話があると言ってきた。
そう言われただけで、放課後まで話の内容が気になってしょうがなかった。

(もしかして告白されたりして・・・)なんて勝手に妄想したり。

放課後、デパートの屋上の人がいないコーナーで彼女は話し始めたんだけど、そのときの彼女の戸惑ったような顔を思い出すと今でもドキドキする。

真由美「私さ~、顕微鏡を買ってもらったの、本格的なやつ。女の子が買ってもらうもんじゃないよねぇ~」

俺「いいんじゃない。ミクロの世界って面白いの?」

真由美「面白いよ、びっくりすることがいっぱいあるし。今度見に来れば?」

俺「うん、なんか面白そう」

真由美「それでね、・・・変な風に思わないで欲しいんだけど、亮君(俺)に協力してもらって見てみたいものがあるんだ」

俺「俺が協力すんの?いいよ。で、何を見るの?」

真由美は思い切ったように切り出した。

真由美「精子。人間の精子が見てみたいの」

俺はぶっ飛んだ。
まさか真由美の口から『精子』なんて言葉が出るとは思ってなかったもの。

真由美「おたまじゃくしみたいな精子が人間の体から出て、それが動いていて、着床すると人間になるなんて神秘的だと思わない?」

勢いよく話す真由美。
俺も「そうだね」なんて相槌を打ってたけど、正直、そんなこと考えたこともなかった。
精子を顕微鏡で見てみたいと思った奴、いる?
それに、どうやって渡せばいいんだよ?
俺の頭は忙しく回転した、テストの時以上に。

真由美「来週の金曜の夜から日曜の夜までパパとママが旅行だから、その時、家に来てくれない?」

俺「それで?」

真由美「容器を用意しておくから、それに・・・」

なんだか思いも寄らぬ展開になってきた。
俺に話してくれたのは嬉しいが、正直恥ずかしい。
普通、エッチするのに恥ずかしがる男はいないと思うが、“精子を容器に”って・・・。

俺「いいけど、なんか恥ずかしいな~」

真由美「分かるけど、こんなこと亮君にしか頼めないんだから、お願い!」

真由美は俺の前でふざけたように拝む真似をする。

俺「分かった、それは良いけど、それとは別に俺の頼みも聞いてくれないかな?まあ交換条件ってわけじゃないから、ダメでも俺は協力するけどね」

真由美「何?出来ることだったら私も協力する」

そこで俺が考えたこと、なんだか分かる?
本当は真由美とエッチがしたかったわけだ。
でも、直接そんなこと言っても却下されそうだし、それに俺は真由美の性格を分かってるから、断られないような言い方を考えた。
真由美は優しくて、友達が困ってたり悩んでたりするのを見過ごせない性格だから、その辺のことを考慮したわけ。

俺「俺、まだ経験なくてさ。もう経験してる奴がいっぱいいるし、だからせめて女の子の体を見てみたいんだ」

真由美はちょっとびっくりした顔してから、ちょっと困ったように言った。

真由美「私、体に自信ないし、そういう・・・なんていうか・・・ビデオとかそういうんじゃダメなの?」

俺「だって、ビデオじゃ見えないようになってるだろ」

真由美は俺が「体を見たい」と言ったのを、ちょっと誤解したみたいだった。
まさか「オマンコを見たい」なんて言えないしね。
でも頭の回転の早い子だから、すぐに言ってる意味を理解して困った顔になった。
俺は一瞬、これまでの真由美とのいい関係が壊れるんじゃないかとビクついたけど、思い切って言ってみた。

俺「見たこともないところに入れるなんて、本当に出来るかどうか不安なんだよ。なんかの本で読んだんだけど、最初の失敗で不能になる男もいるって言うし・・・。もし自分がそうなったらと思うと・・・」

真由美はますます困惑している。

真由美「男の子も不安はあるんだね。なんとかならないかな~。私も経験ないから参考にならないと思うんだよね」

俺「手ほどきまで期待してないって。ただ、どうなってるのか分かれば安心できると思うんだ」

真由美はしばらく考える顔をしていたが・・・。

真由美「返事はちょっと待って。なんだかお腹空いちゃった、マック寄らない?」

マックでは全然違う話をして別れた。
それから2日後、真由美から話しかけてきた。

真由美「亮君、本当に経験ないの?」

俺「本当だよ、真由美に嘘ついたってしょうがないし」

真由美「見せるっていうのは、やっぱり私には無理、いくら亮君でも・・・。ごめんね。でもね、そういう時にどんな風にして欲しいかとか人によって違うと思うし、私も経験がないから、そんなに詳しくは分からないけど、私も一応女の子だから、私なりのアドバイスくらいは出来ると思うんだ。後はさ、みんな初めてでも乗り切ってるわけだし、心配しすぎも良くないと思うし・・・」

俺「分かった、それでも心強いよ。感謝する」

真由美「そんな・・・。本当に役に立つかどうか分かんないよ。私、本当に経験ないんだし」

ということで、真由美が、彼女なりのアドバイスをしてくれるということで、その話はまとまった。

そして当日、俺は彼女の家に行った。
彼女の家は比較的大きな洒落た造りの家だ。
彼女のお父さんが製薬会社の社員ということは話に聞いて知っていたけど、サラリーマンでこんな家に住めるのかな~と思うくらいの家で、彼女には子供部屋としてはかなりゆったりとした部屋が与えられていた。
俺は真由美とどうなるかなんて分からなかったし、そりゃあ下心がなかったと言えば嘘になるけど、一応コンドームを財布に忍ばせていた。
一種のお守りみたいなもんだな。

俺は、淹れてもらったコーヒーを飲みながら真由美に言ってみた。

俺「真由美のアドバイス、聞いてみたいな」

真由美「ああ、うん。だけどあんまり期待されると困るなぁ~、他の子のことはわからないしね、だから、もし私だったらって意見だよ」

俺「うん」

真由美「男の子って、なんていうか、テクニックみたいなことに拘るところがあるみいだけど、私はとにかく優しく扱われたい。ゆっくり優しく。そうやって安心できなくちゃダメだと思う」

俺「うん」

真由美「ずーっと髪なんか撫でられたりとか、そういう雰囲気がいいと思うの。その人が自分のことを大切に思ってくれているって分かることが一番大事だと思う」

俺は真由美の髪に手を当てて、優しく撫でてみた。

真由美「そうそう、そんな感じ。亮君はもともと優しいから大丈夫だよ」

俺たちはそのままの状態で色々な話をした。
俺は、どこの大学を受けるか決めてないことや、学部も決まっていないことなどを。
真由美は、薬学にも興味があって、医者になるより、臨床の方をやってみたい気持ちがあることを。
およそエッチな雰囲気とはかけ離れたことを話題にしながら、それでも俺はずっと真由美の髪を撫で続けながら話をしていた。

真由美「ねえ、そろそろ・・・」

俺「うん」

真由美からシャーレを渡された。

俺「あの・・・?」

真由美「うん。トイレで・・・」

それから俺はトイレで精子を採取した。
よくこういうシーンだと、「私が出してあげる!」なんてことになって、そのままエッチしましたなんていう展開になるみたいだけど、俺の場合はそうはならなかった。
実際、真由美ん家のトイレでオナニーするのって変な感じだった、なんか情けないような・・・。
よく女の子を押し倒したりして強引にエッチしちゃったりする展開が多いけど、不安じゃないのかな、その後の関係とか。
意気地なしと言われると思うけど、やっぱり真由美と決定的に気まずくなるようなことは、今考えても出来なかった。

その後・・・真由美と精子の観察。
別に見たいと思っていたわけではなかったけれど、実際に見てみると、それはそれで結構感動ものだった。
よくオタマジャクシみたいって言うけど、オタマジャクシよりも尻尾が長いんだよね。
って、そんな話はどうでもいいか(笑)
なんか2人でしばらく感動してた記憶がある。

俺「やっぱり神秘的だね~。真由美がいなかったら、一生見ることはなかっただろうな~」

真由美「そうだろうね。変な女と友達になっちゃったな~って思ってない?」

俺「思ってないよ。でも、恥ずかしいよねぇ~、なんか・・・」

真由美「ありがとう、本当に、わがまま聞いてくれて」

俺「ねぇ、女の子って、どんな風に触られるのが気持ちいいのかな?」

真由美「え?」

戸惑う表情の真由美。

真由美「それは人それぞれでしょ」

俺「真由美の場合は?」

真由美「私の場合は、だから、優しく・・・」

俺はブラウスの上から、真由美の胸に手を置いて、優しく撫でた。

真由美「あっ」

真由美が小さく吐息を漏らした。

俺「感じる?」

真由美は小さく頷いた。
俺はしばらく真由美の胸を撫でていた。
それは本当に撫でるという感じで、それこそアドバイスに従ったやさしいものだった。
考えてみれば、真由美のアドバイスは俺にとって最適なものだった。
だって俺はずっと真由美のことが好きだったのだから。

それから俺は真由美にキスをした、軽いキスだった。
真由美は拒否する態度は示さなかった。
俺は真由美の股間に手を持っていった。
真由美は明らかにびくっとして体を硬くしたけど、逃げることはしなかった。

俺「どんな風に触ると気持ちいい?」

俺は彼女のパンツの上から、クリトリスと思しき部分を擦って言った。

俺「感じる?」

真由美「うん」

俺「こうしてるだけでもイクのかな?」

真由美「うん」

俺「真由美、イッたことある?」

真由美「うん」

真由美の返事は、さっきから「うん」ばかりになっていた。

(真由美もイッたことがあるんだ。経験ないって言ってたけど・・・ということは真由美も1人で・・・)

今から考えると当たり前のことなんだけど、その頃は女の子にも性欲があるってことが実感としてピンと来なかったから、そんなことにも興奮を覚えた。

真由美「亮君、冷静になろう!ね。我慢できなくなるでしょ」

俺「俺とじゃ、ダメ?」

真由美「いいよ、亮君とならいいけど、避妊とか色々・・・」

真由美は肌蹴た服を整えると、「とりあえず飲み物持ってくる。喉渇いちゃった」と言って部屋を出た。
その間、俺は真由美の部屋を見渡していた。
真由美の家に来たのは初めてじゃないし、この部屋にも何度か来ているけど、ベッドが妙に目についた。
本棚、机、ガラスのテーブル、クッション、ベッド・・・。
女の子らしい可愛らしい物が多いけどゴチャゴチャした感じはなくて、それなりにすっきりした部屋だ。
たぶん16帖くらいはあったと思う。
俺の6帖の部屋と比べたら随分広い。

真由美がオレンジジュースを運んできた。

俺「俺が相手でいいって本当?」

真由美「うん。亮君は本当に私が好き?」

俺「うん」

真由美「だったらいい。でも、目標を持って頑張ってね。それから聞いておいて欲しいんだけど、付き合うようになって、エッチばっかりになっちゃうのって嫌なの。私が大切にしたいのは、同じものを見たり、同じ景色を見たり、色んなこと話せたり、そういう時間がいっぱいあったらいいと思う」

俺「俺もそれは大切にしたいと思ってるよ」

真由美「だと思ってた」

俺「今日、これから・・・」

真由美「だって・・・」

俺「持ってるよ。これ」

俺はコンドームをテーブルの上に置いた。

真由美「予想した通りの展開なの?」

俺「そういうんじゃなくて身だしなみ!」

真由美は笑った。

真由美「亮君が言うとハマるね~、そういう台詞」

俺はカーテンを閉めた。

真由美「ちょっと待って。他の部屋のカーテンも閉めてくる」

俺「どうして?」

真由美「私の部屋だけカーテンが閉まってたら、なんか変でしょ?」

電気を暗くすると、俺と真由美は下着だけの格好でベッドに入った。
それから、優しく胸にタッチする。
しばらくすると真由美の呼吸が速くなっているのが感じられた。
俺は彼女の股間に手を這わせる。
パンツの上からでも濡れているのが分かった。
俺は彼女の下着を脱がせ、体全体を愛撫した。

俺が入れようとすると真由美が、「ゆっくり・・・ゆっくりね」と繰り返し言い続けていた。
きっと怖かったんだと思う。
速く動かすと彼女が痛がるから、結局、俺はイカなかった。
でも真由美と一体になれた充足感でやっぱり嬉しかった。
こういう感覚は本当に好きな相手とじゃなきゃ味わえないもんだと、今にしても思う。
それでも彼女だけはイカせたくて、指で彼女の股間を愛撫し続けた。
彼女のあそこは洪水状態でクチュと音が出た。

真由美「やだ、恥ずかしいよ・・・あっ」

しばらくすると真由美の腰が少し浮き気味になった。

真由美「もうすぐ・・・もうすぐ・・・あっ」

真由美は一瞬体を硬くすると、すぐに力が抜けたようになって俺の肩に頭を乗せてきた。

俺「どうだった、痛くなかった?」

真由美「うん。ごめんね、私が怖がってばかりいたから亮君、イケなかったんでしょ?」

俺「うん。でも嬉しかったよ、真由美とこうなって」

真由美「そのうちに私も、もう少しなんとかなるから、それまで待っててね」

俺「それにしてもさ~、俺たち、なんかぎこちないよな~」

真由美「本当だね、高3で初めて同士だしね」

俺「モテてないんだなぁ~、俺」

真由美「そんなことないよ。いいじゃない、私たちはゆっくり、ゆっくりで・・・」

真由美が言う通り、俺たちはそれからもゆっくりと2人で愛を育んでいった。