僕が20代半ばくらいの時のエロい体験談です。

当時、オシャレが趣味と言ってもいいくらい、洋服にはお金をかけていました。
月に数万円は服を買っていたと思います。
ですので、馴染みの服屋もできて、仲良くなった店員さんも結構います。

そんな仲良くなったお店の中でも、1つだけ個人でやっている服屋がありました。
街中からちょっと外れたところの、さほど目立たない場所にあります。
たまたま見つけて、気に入って通っているのです。

そこには1人の女性店員がいます。
30歳くらいでしょうか。
髪は長くてサラサラで、いつもちょっと大胆な服装をしているのです。
昔はギャルだったのかなと思わせるような風貌で、背が低いのでなんとなく若く見えます。
名前はアケミ。
年上だとは分かっていましたが、気さくな性格なので僕もタメ口で話していました。

その店、売っている服のセンスは決して悪くないのですが、場所が悪いのか、いつ行っても客がいません。
何十回も通っていますが、他の客を見たのは数回くらいです。
まあそんな店なので、逆にアケミともゆっくり話せて仲良くなったわけですが。

ある日、その店に服を買いに行った時のことです。
用事が長引いてしまい、その服屋に行く時間がかなり遅くなってしまいました。
着いたのは閉店間際。
でもアケミは快く受け入れてくれました。

「こんな時間にごめんなさい」

「気にしないで。ゆっくりしていきなよ」

「新しいジーンズが欲しくて」

アケミに伝えると、僕が好きそうな感じのやつを見せてくれました。
スキニータイプでややダメージの入った若者向けなものでした。

「いいねー、これ。試着していい?」

「どうぞー」

試着室に入って早速穿いてみると、なかなかいい感じ。
ちょっと裾が長いかなくらいです。

「どう、気に入りそう?」

「うん、裾をちょっと詰めてくれれば」

そう言うとカーテンを開けて、僕の穿いている姿を見るアケミ。
納得したように頷きながら、裾上げのためにしゃがんで、ジーンズの裾を折り曲げてくれました。
その時の僕の目に映るアケミは男を刺激するものでした。
普段からセクシーな服を着ているのですが、その日は一段と女を出してきています。
シャツの襟元の開口部がぱっくりと開いていて、見下ろすとピンクのブラジャーがもろに見えるのです。
しかもスカートの丈も短めなので、膝をついているときに太ももがバッチリと出ていました。
下着が見えてもおかしくない状況でした。
そんな光景を見ているとだんだんとムラムラしてしまい、股間が膨らんできたのです。

「こんな感じかなー」

裾を折り曲げて調節してくれたアケミがふと僕を見て、長さを確認してきました。
しかし見上げた目の前にあったのは僕の膨らんだ股間です。
アケミは一瞬うろたえていましたが、いつものノリの良さが逆にアケミをエロくさせてしまいました。

「あれ、こんなになってるよー」

アケミは僕の股間を優しく擦って上目遣いで僕を見つめてきました。

「だってアケミのその服、エロすぎでしょ」

「あー、私を見て興奮しちゃったの?若いなー」

そんなアケミは僕の股間にチュッとキスをすると、ジーンズのボタンを外しました。

「ほら、脱いで、そこに座って」

試着室には荷物を置くための椅子があり、アケミはジーンズを脱がせると、そこに座らせました。

「もうカチカチだね。私をどこを見て何を想像したのかな?」

パンツの上から僕のムスコをサワサワしながら、徐々に先っぽが湿ってきているのを見ていました。

「今日はサービスだよ」

そう言うとアケミは僕のパンツを下ろし、ムスコをチロチロと舐めてくれたのです。

「アケミ、誰か来ちゃうよ」

「大丈夫。もう閉店してるから」

どうやら表のカギも閉めたみたい。
服屋の更衣室で、僕はアケミに奉仕してもらっていました。

「なんか溜まってそうだね」

チュパチュパと音を立てながら、アケミは僕のタマまで舐めてくれました。
アケミの舌使いは巧みで、カリの部分をねっとりと舐めながら、しっかり唇で竿を刺激してきます。

「アケミ、すごく上手いんだね」

「最近ご無沙汰だから興奮してるの」

気づけばアケミは自分でアソコに手を当ててオナニーしながら僕をフェラしてくれていました。

「ああん・・・この若いおチンチン・・・欲しいな・・・」

「アケミ、ここに乗りなよ」

「うん・・・挿れるね・・・」

アケミの涎がまとわりついている僕のムスコに、アケミはパンティを脱いで跨がってきました。

「ああん・・・大きい・・・」

「アケミ・・・熱くなってるな、中・・・」

「だって・・・したかったんだもん・・・」

ほぼ無意識なのでしょう、アケミは自分で腰を動かして感じていました。

「あんん・・・このおチンチン気持ちいいよ・・・あんん」

「アケミ、僕も・・・。もうイッちゃうよ・・・」

「えー・・・早い・・・もうちょっとぉ・・・」

僕はアケミのフェラでだいぶいいところまで行っていたので、挿れてからはすぐにでもイキそうだったのです。

「アケミ・・・やばいって・・・イクよ・・・!」

「あん・・・わかったぁ・・・いいよぉ・・・」

アケミは僕から下りることなく腰を振り続けていたので、そのまま中出ししてしまいました。

「あぁぁ・・・いっぱい出てる・・・」

その後、僕が行くと、お客さんがいなければアケミはフェラしてくれるようになりました。