昨日の準夜勤(夕方から夜中までの勤務)は、当直の先生が前からちょっと気になっている先生でした。
冗談で「後で当直室に差し入れを持ってきてよ」と言われたのですが、私は真に受けたふりをして本当に行っちゃいました。

私が働いている病院は結構大きな病院で、当直をする医師は病院全体で10人以上いると思います。
私の働いている病棟と、先生の当直室のある場所は別棟にあります。
別棟には男女の更衣室とシャワー室、医師用の当直室がいくつかある部屋があります。
なので、当直室の手前の空間は結構普通に通ります。
その手前の空間から当直室に入る所さえ見られなければ大丈夫(なはず)です。

とりあえず昨夜の流れを書くと・・・。
夜中の1時くらいに私の勤務が終わってです、近くのコンビニで差し入れとしてお菓子を買って行くことにしました。
病院に向かいながら、『今から差し入れを持って行きますね』とメールをしたら、『マジで来てくれるの?じゃあ医局か病棟に持ってきて』と言われたのですが・・・。
『みんなに見つかっちゃうし・・・』と書いたら向こうも察してくれたのか、『じゃあ当直室の◯番にいるよ』と返事が来ました。
勤務の入れ替えの時間とはずれているので更衣室やシャワー室には誰もいません。
まあ、そこまでなら誰かに見つかっても「忘れ物を取りに来た」で済みます。
私は『もうすぐ着きます』と先生にメールしてから当直室へ向かいました。
幸い時間的にも寝ている人が多いのか、先生の当直室の前まで誰にも会わずに行けました。

コンコン。

ノックをするとすぐにドアが開いて、私はさっと中に入りました。

「本当に来てくれたんだ」

先生はちょっと驚いた様子でした。
横も当直室なので、あまり大きな声では話せません。

「差し入れ、持ってきました」

お菓子を渡して帰ろうとすると、「ちょっと話してかない?呼ばれるまででいいからさ」と言われ、少し話すことにしました。

とりあえず他愛もない話(先生の上司の愚痴を聞いたり、私も先輩の愚痴を聞いてもらったり)をヒソヒソ声でしていました。
先生はベッドに座っていて、私も少し離れてベッドに座っています。
でも小さな声で話すので2人の距離は自然に近づいています。
と言うか、先生が私に少しずつ近づいてくるのがわかりました。

(私の声が小さいから聞こえにくいのかな)と思うと、余計に声が小さくなってしまいます(笑)

気付いたら先生と膝が当たるくらいの距離でした。
さらに先生が私の耳元で囁くように話すので余計にドキドキしてきてしまいます。
なんだか身体が熱くなってきていました。
まあ、こんな時間に当直室に1人で来るってことは、先生も私がそういう気持ちだって分かっているんでしょうけど・・・。
私の右側から先生が少しずつ近づいてきます。
一応私は少しずつ左に逃げるのですが、ついに一番端まで追い詰められてしまいました。
先生の温もりが身体の右側に伝わってきます。

「先生、なかなか呼ばれないですね」

「そうだね。今日は病棟が落ち着いているのかな」

まだ2人の会話は一応普通の話です。

「差し入れ、食べましょうよ」

追い詰められた私は差し入れを取ろうとして立ち上がろうとしますが、先生が私の手を掴みました。

「えっ?」

「後から食べるから、もうちょっと話そうよ」

「は、はい・・・」

座り直すと先生は私の腰に手を回してきました。

「どうしたんですか?」

「いや、別に・・・。どうかした?」

「えっ、別になんでもないですけど・・・」

先生の手が私の腰に回ったまま、また他愛もない話が続きます。
私は何を話しているのか分からないくらいドキドキしていました。
先生の手は微妙なタッチで私の腰やら背中、時折お尻を触ります。
それがまた、いやらしいようでいやらしくなくて、なんというか絶妙なタッチなんです。
そのうちお互いに無口になって、私は先生の方に顔を向けて目を閉じました。
先生の唇が私の唇と重なりました。
先生はキスも上手で、口の中が性感帯になったように身体がビクビクしてしまうようなキスでした。
私は全身が痺れたようになり身体の力が抜けてしまいます。
先生はそんな私をベッドに横たえると、キスをしながら胸を触ってきます。
胸を揉んだり乳首を服の上から摘んでみたり。
さらにもう片方の手が股間に来ます。
触られる前から濡れているのが分かるくらいグッショリしています。

「あれ?もうこんなに濡れてる・・・」

先生はそう言いながら私の下着をぐいぐいと股間に押しつけてきます。

「あんっ・・・」

私は声を抑えるのに必死でした。
そんな私を弄ぶように先生は耳を舐めたり、胸や股間を中心に撫でたり触ったり摘んだりしてきます。
最初のうちは形だけでも抵抗しようとしていた私でしたが、もう抵抗する力もなくなりされるがままでした。
先生の手が下着の中に入ってきました。

「うわ、こんなにドロドロ」

先生はわざと恥ずかしいことを言いながら下着を脱がします。

「ちょっ、仕事が終わってお風呂入ってないのに・・・」

そう言いつつも、先生が脱がそうとするのを助けるように動いて下着を脱がされました。
しかし、そこで先生のPHSが鳴りました。

「はい。わかりました。すぐ行きます」

先生はPHSを切ると、「ったく、つまらない用事で呼びやがって・・・」と言いながら脱がしたばかりの私の下着を握り締めています。

「ちょっと呼ばれたから行ってくるわ。帰りたかったら帰ってもいいよ」

そう言い残して先生は当直室を出ていきました。

「あの、下着を返して・・・」

そう言う前に先生は出ていってしまいました。
家まではそう遠くないので、下着なしでも帰れないことはありません。
このままだと本当にしてしまいそうなので、私は帰ることにしました。

しかし、こっそり外へ出ようとすると誰かの足音が・・・。
今見つかるとヤバいので、ドアを閉めて部屋に戻ります。
そうこうしているうちに先生が戻ってきてしまいました。

「あれ?まだいたんだ・・・」

先生は嬉しそうでした。

「下着、返してください・・・」

「あっ、どこ置いたかなぁ・・・。病棟のナースステーションに・・・」

「えっ・・・」

名前が書いてあるわけではありませんが、それでも、そんな物を見られたら・・・。

「そんなわけないじゃん。ちゃんと大事にとってあるよ。最高の差し入れだしね」

「もう・・・」

「◯◯ちゃんは怒った顔も可愛いね」

先生は私をからかいながらまた押し倒してきました。

「ちょっ、ちょっ・・・」

一度覚めた身体がまた熱く火照りだします。
押し倒されると、すぐにスカートの中に手が入ります。
下着はもう脱がされているので、すぐに中に指が入ってきました。

「あぅ・・・」

それだけで声が漏れてしまいます。

「声、我慢しなくてもいいんだよ。今日、隣は空いているみたいだから」

そんなこと言われても、廊下に聞こえても困るので大きな声は出せません。
すると先生は私が声を我慢できないように、さらに激しく指を動かしてきました。
もう片方の手は胸を責めてきます。
いつの間にか服の下に腕が入り、ブラのホックが外されて直接胸が触られていました。
そして何度となく激しいキスをされました。
私はもう抵抗など出来ず、声を抑えるのに必死でした。
いつの間にか私は上着もスカートも剥ぎ取られて全裸にされていました。
でも先生はまだ白衣姿のまま。
先生の口が私の乳首をレロレロとすると、思わず「ハンッ!」って声と共に身体がビクッと跳ねてしまいました。

「乳首も敏感なんだね」

呆れたように言いながら先生の手や舌が私の身体を蹂躙します。
先生が腋を舐めてきました。

「汗かいたし、汚いよぉ・・・」

仕事が終わった後でシャワーすら浴びていなかったので軽く抵抗したんですが、両手をバンザイするように頭上に押さえられ、腋を舐められてしまいました。
容赦なくベロベロ舐められると、気持ち良いやら恥ずかしいやらでどんどん深みにはまっていく感じです。
先生の顔は腋から脇腹、お臍と舐めながらだんだん下がってきます。

「あっ、ダメっ!!!」

なんとなく危険を感じて足を閉じようとしましたが、先生の身体が入っていて閉じられません。
とりあえず手で股間をガードします。
先生は無理に股間を舐めようとはせず、膝や太ももの内側を舐めてきます。

「あぅ・・・」

焦れったいようなくすぐったいような刺激にも感じてしまい、不満が溜まります。
股間を隠す私の手の力が弱まっているのを分かっているはずなのに、先生は焦らすように周辺しか舐めてくれません。
私は自ら手を離して、さっきまでされていたように自分でバンザイの格好をしました。

「どうした?見せたいの?」

そう言いながら先生は私の股間をペンライトで照らしながら覗き込みます。

(あん、見ないで・・・)

心の中で言いながら、私はクラクラするような快感に包まれていました。
先生はじっくりと観察はするものの、一向に触ってくる気配はありません。
それでも見られている感覚はあるのでドキドキしてしまいます。
アソコがトロトロになってお汁が溢れてくる感覚もありました。

先生は、「へ~~~」とか「ふ~~~ん」とか「なるほど」とか言っています。

「も、もう・・・」

私は先生の焦らし方に耐えられなくなって思わず声を出してしまいました。

「どうしたの?」

でも先生に意地悪っぽく聞かれると恥ずかしくて何も言えません。
先生は私をさらに焦らすように股間以外をマッサージしたり、舐めたり、噛んだりしてきます。
先生はあくまでも責める一方で、自分の股間に触れようとはしません。
さっきまで指を入れてくちゅくちゅかき混ぜていてくれたのに・・・。
私はただただ声を時々漏らしながら先生の愛撫に耐えるしかありませんでした。
それでも、しばらくしたら飽きたのか、先生は愛撫の手を止めて私の身体から離れました。
その頃には私の身体はビクビクして、まるでイッた後のようでした。

「結構我慢強いんだね・・・」

先生が諦めたように言いました。

「えっ?」

私が意外そうに言うと、「普通はここまですると、自分からおねだりしてくるんだよね」なんて言うのです。
そんな風に言われると、(誰にでもこんな事をしているんだ)と、急に気持ちが冷めてしまいました。
私は悲しくなって、もう帰ろうと服を着ようとしました。

「どうしたの?」

先生が私から服を奪い取りました。

「もう帰ります」

「裸で帰りたければ好きにしたら?」

「そんな・・・」

「これだけサービスしたんだから、今度はこっちがサービスしてもらわなきゃ」

よくわからない理屈ですが、裸で帰るわけにもいきません。

「じゃあよろしく」

先生は仁王立ちになりますが、それ以上は何もしません。
私もどうしていいのか分からないので何もしないでいると・・・。

「ほら、サービスしろよ」

何もしない私に苛立ったのか急に怖い口調で言われました。

「ほら、脱がせろ」

言われるままに先生の白衣のズボンを脱がせました。
ほのかな甘酸っぱい匂いと、男性特有のムンとした匂いが漂ってきます。
そのまま先生のトランクスを下ろすとギンギンに勃起したモノが出てきました。

「さあ・・・」

そこまでしても私が何もしなかったので、先生は私の顔に股間を押し付けてきました。

「はい・・・」

なぜか私は急に素直になって、先生のモノを口に入れてしまいました。
先生のを見ているうちにまた身体が熱くなってきていました。
先生のを口に入れるとますます身体が熱くなります。
もともと大きな先生のモノが私の口の中でますます大きくなってドクドクしています。
私は夢中で先生のをしゃぶりました。
しゃぶればしゃぶるほど自分の身体も熱くなってきました。
先生も私の頭を押さえたりしながら耳や胸を触ってきます。
つい声が漏れそうになって、それを堪えながらしゃぶるので精一杯でした。
先生は私にしゃぶられながら上着を脱いでいました。
当直室で、私達は全裸になって卑猥な行為に没頭していました。

先生がベッドに横になると私はその上に跨がります。
最初は私は先生の足側から先生の股間をしゃぶっていたのですが、先生が私の股間を無理やり先生の顔の上に持っていきました。

「あっ、ダメっ、汚いから・・・」

指を入れられたりはしていましたが、やはり舐められるのは抵抗があります。
しかし当直室のベッドは狭いのでツキツで、逃れることが出来ませんでした。
先生の顔がさらに私の股間に近づきます。

「いやぁっ・・・」

舐められると思った私は頑張ってお尻を持ち上げようとします。

「くっさ。お前、ちゃんと洗ってるか?」

「うぅ・・・」

屈辱的なことを言われて余計に興奮してしまう私。

「このままじゃ舐められないな」

そう言うと先生は白衣のポケットから何やら取り出して、袋を破るとそれを私の股間に当てました。

「ほら、拭いてやるよ」

股間をゴシゴシと擦られます。
スーとする感覚の直後、熱く染みるような感覚がしてきました。

「はうぅっ・・・」

おそらくアルコール綿です(病棟には使い捨ての小さな袋に入ったのがあるのです)。
先生は何度となく私の股間を擦ります。
一瞬の清涼感と灼熱感を引き起こします。
先生の狙いは私を辱めることと、アルコールで刺激することだったように思います。

「ほら、せっかく綺麗にしてやっているんだから口を休ませちゃ駄目じゃないか」

そう言われて、私は再び口に先生のを咥えます。
先生はある程度拭くと、今度こそ顔を私の股間に近づけてくる気配がありました。

(だめぇ・・・)

先生の舌が私の股間に当たりました。

「拭いたばっかりなのに、もうヌルヌルしてるな」

先生の舌は私のクリちゃんを集中的に責めてきます。

「あっっ、あぁっ・・・」

散々焦らされた挙句、アルコールまで塗られてしまって、ヒリヒリなのか熱いのか、よくわからない感覚の所をレロレロと舐められてしまいます。
すぐに腰がビクビクになってしまいます。

「もう、ダメ・・・」

私は必死で起き上がると先生の股間に跨がりました。
そして自分で動いて先生のを導き入れました。
先生も我慢の限界だったのか、もう焦らすようなことはせずに素直に入れさせてくれました。
先生の大きなのモノが私の中で暴れています。
私は自分で腰を振っていました。
先生のが入っただけで軽くイッたような感覚でしたが、先生はさらに突き上げてきます。
もう私は溢れる声を抑えることが出来なくなっていました。
とにかく大声だけは出さないように必死でした。
先生は私を起こすとベッドに四つん這いにさせました。
そして先生は立ちあがってバックで突いてきました。
私はもうガクガクで、四つん這いさえもキープするのが精一杯でした。
最後、先生は「うっ」と言うと、私のお尻に出しました。

終わった後、先生は優しく腕枕をしてくれました。
ベッドが狭いので落ちないようにほぼ密着。
その後、私は朝の入れ替え時間の前に帰りました。
下着は最後まで返してもらえませんでした。