28歳の時、女子高生と付き合っていた。
ちょっとポッチャリで巨乳だけど、デブではない。
清楚系の可愛い子だった。
で、付き合ってからというもの彼女とヤリまくってたんだが、見た目が清楚系なだけで、すんごいスケベな娘だった。

だけど、ある時からどうも様子がおかしい。
バイト先で張り込んでいたら、出入りの業者のあんちゃんと親しげに長々と喋っている。
さりげなく、「あの時さぁ・・・」って、その時の話を振ったら、明らかに彼女の顔色が変わった。
で、何度か、「どうなの?」って電話で問いただしてたら・・・。

「バイト先の人と(5秒間くらいの沈黙)・・・しました」だって。

結構マジで好きだったから、かなりショックだった。

「どこで?」

「真夜中に家を抜け出して会ったんだ。そしたらホテルに入ってったんだけど、断りきれなかった・・・」

彼女を責めたい気持ち半分、どんな状況だったのか知りたいの半分で、悲しいくらいにチンポはギンギンになっていた。
彼女、高校時代に『ミスコン』で優勝したような子だから、本当に可愛かった。

「部屋に入って、2人で並んでエッチなDVDを見てたんだ。んでキスされて胸を揉まれて、あっという間にブラも取られちゃったの」

「うん」

「で、おっぱいをチロチロ舐められてさ、お腹の方も舐められてさ、膝の裏をペロペロ舐められたの。私、そんなとこが感じるなんで知らなくて、すっごい声出しちゃった」

「あっそう」(しごきながらw)

「でさ、あそこも触られてね。『あっ、もうグッチョグッチョじゃん』って耳元で言われたら、もう訳がわからなくなっておっきな声をあげちゃったんだ」

「ふーん」(お前の声がデカいのはよく知ってるけどな)

「でね」

「うん」

「気がついたら私、必死でチンチン舐めてたの」

彼女はバレー部のマネージャーだった。
小柄だけどポッチャリ顔。
とてもそういう風には見えないんだけど、付き合ってエッチしてた時、「私、誰とでもそういうのが出来ちゃうの」と呟いた時は驚いた。

「みんなね、赤ちゃんみたいに私のオッパイに吸い付くの。そしてね、お返しに舐めてあげるとさ、みんなイイ子イイ子って髪を撫でてくれるんだ」

なんて話を普通にされたは、清純そうな見た目とその話のギャップに燃えて、ピストンを速めてしまった。

話を戻す。

「でね。チンチン舐めてる時に、『窪んでるとこがあるでしょ。そこをチロチロって舐めて』とか『縫い目みたいなとこをすぼめた舌の先でツツーっとやって』とか『袋を頬張ってみて』とか色々教えてくれたの」

「・・・」(やばい。息が上がってるのがバレちまうw)

「で、その通りしてあげるとさ、『ああ』とか声を出して感じてくれるの。そしてね、キスして、広いベッドを抱き合ったままゴロゴロてしてさ、30分くらいして、やっと・・・」

「やっと?」

「入れてくれたの」

「ふーん」(やばっ、イッちまいそう)

「でもね、入れてくれる前に、『もっと脚を開かないと入れてあげないよ』って言うの。だからさ・・・一生懸命脚広げちゃった。恥ずかしかったんだけど、いっぱい広げちゃった。そしたらあっちこっち突いてきてくれるの。強く突いたり小刻みに突いたり。だからもう必死にしがみついてたの。でね、最後に『イクよ!』って言われたんだけど、もっといっぱいして欲しかったから、必死で彼の目を見て、『まだだめ』って言ったの。でもね、イッちゃったの。最後は口の中に入れられたからいっぱい吸ってあげたの。そしたらすっごく出てきたから全部飲み込んじゃったんだ」

なんだかんだいって1時間以上も電話で話していた。

「で、しばらくボーッとしてたんだけど、10分くらい休んだら、彼がオッパイを優しく揉んでくれたんだ。で、キスしてくれて、耳元で『もう1回しよ』って言ってくれたの。その時、あっちゃん(俺)のことがちょっと頭に浮かんだんだ。でも・・・でもね、欲しかったから彼の目を見て、『うん』って頷いちゃったの」

「・・・」(もはや無言w)

「で、2回目は私のオッパイに出したの。彼はヌルヌルしたのを私の胸に広げて揉んでくれたのね。でもそのままだとベタベタするでしょ?だからバスルームに連れて行かれたの」

俺のチンポは2度目の射精を求めて、またしてもギンギンだった。

「で、髪の毛が濡れてたら家に帰ったら『何してたの?』ってお母さんに言われるかなって思って、彼がシャワーのお湯を出してる時に髪の毛を後ろに束ねたの。そしてね、いっぱいキスしながら洗いっこしたの。・・・ねぇ、つまんない?」

「い、いや・・・。んで、どうしたの?」(ハァハァ)

「でね、体中のボディーソープを流してもらったのね。で、アソコにシャワーを当てられた時、ピクッとしちゃったの。そしたらね、そこにジャーってシャワーを当ててくれたの。私、必死に彼の身体にしがみついちゃった。でね、お風呂の隅っこのとこに私を座らせるの。そして脚をおっきく広げられて、あそこにシャワー当ててくれたの。お風呂で、そんなエッチなことしたことがなかったけど、声を出すとすっごく響くんだよね。あっちゃんとしてるよりも・・・おっきな声出しちゃったかも」

「その間、何されてたの?」

「うーん、胸を揉まれたりキスされたり・・・アソコも舐めてくれたよ」

「じゃあ全部見られちゃったんだ」

「うん。ぜーんぶ見られちゃった」

ここで2度目の射精w

「でもね、ホントは入れて欲しかったの。でも、バスルームにはゴムがなかったから、入れてくれなかったんだ。私はすっごい欲しかったのに」

繰り返すが、彼女は当時、見た目清純派の女子高生。
自分はこの話で、その後何回抜いたことかw
今でも彼女のことは好きなんだけど、こんな事が2度3度と続き、結局は別れた。
軽いこと以外は性格もいいし、ほぼ理想的な彼女だったんだけど、精神的に壊れそうで。

で、今はその話を思い出しながら嫁としていますwww