高2の時にシングルマザーだった母が再婚した。
母の再婚相手はとてもやさしそうな男性で、母より3歳年上だった。
新しくできた父には前妻との間に双子の女の子がいて、我が家は2人から5人へと大幅に家族の人数が多くなった。

双子の女の子は高1で、『愛菜(マナ)』と『奈菜(ナナ)』という名前だった。
なんとなく名前が似ているのは双子だからと新しくできたお父さんが言っていた。
愛菜と奈菜は明るい感じで、クラスのムードメーカーって感じの女の子。
双子っていうと大体片方が活発でもう片方が大人しいなどギャップがあったりするけど、彼女たちは性格も容姿もほぼ同じ。
そのため、一度喧嘩が始まるとなかなか勝敗が決まらないし、同じ実力なので決定打に欠けるような攻撃しかしなかった。
やんちゃで可愛らしい双子ちゃんたちは俺にすごく懐いてくれて、「お兄ちゃん」と呼んでくれた。
俺も妹ができたのがすごく嬉しくて、毎日のように彼女たちと遊んでいた。

寝る場所は俺がベッドで彼女たちが布団だったんだけど、いつの間にか俺のベッドに3人で寝るようになった。

「おい、このベッド1人用なんだけど」

「じゃあ兄ちゃんが床で寝れば(笑)」

毎日のように同じベッドの中で寝るようになった。
はじめは俺が端だったけど、なぜか双子が俺を挟むようになり、いつの間にか真ん中で寝るようになった。
真ん中というのは身動きがほとんど取れないし窮屈。
俺が少しでも寝返りを打とうとすればどっちかに当たるし、どっちかが寝惚ければ攻撃されるし散々だった。

でも、双子と一緒に寝るようになってから、ちょっとだけいいことも起きるようになった。
高2なので、当然朝立ちをする。
寝る直後や起きた直後など、どちらかわからないけど、俺の大きくなったチンポを触っている子がいた。
もしかしたら寝ている間にも触られていたのかもしれないし、彼女たちに何をされていたのかははっきりとは判らなかったけど、いつも寝ていると気持ちがいい感触があった。

それをはっきりと自覚した出来事があった。
なんとなく下半身が熱くて気持ちいいなと思って、ふと目が覚めた。
俺は眠ったふりを続けながら薄っすらと目を開けてみた。
このとき俺は愛菜のほうを向いていたが、彼女は全く目を開けていなかった。

(ということは、いつもチンポを触っていた犯人は奈菜か)

俺はすぐに奈菜の方に振り返ったんだけど、彼女も目を閉じて寝息を立てていた。
俺が体勢を変えたため、チンポを触っていた手はいつの間にか消えていた。
俺のチンポを触っている相手は寝たふりが上手い。
俺から見ると2人とも似たような感じだし、どっちが犯人でもおかしくなかった。

次の日、愛菜が体育の時間で指をちょっと怪我したとかで、人差し指に絆創膏を貼っていた。
深夜、今日こそ犯人を突き止めようと、俺は寝たふりをした。
寝たふりをはじめて10分ほど経過すると、愛菜の手が俺のお腹に乗った。
寝相が悪いだけかもしれないと思っていると、もう1本の手が俺の下腹の辺りに乗った。
愛菜も奈菜も俺のほうを向くように寝ていて、俺だけ仰向けの状態。

そして誰かの手がチンポを触り始めた。
はじめはパンツの上からチンポを擦り、少しずつチンポを刺激していた。
チンポは少しずつ大きくなってきて、俺の体も軽くピクピクと自然に反応した。
チンポを触る手が温かくて気持ちいい。
俺はしばし快感に酔いしれていた。
犯人捜しのために寝たふりをしていたはずなのに、いつの間にか俺はチンポを刺激されて感じていた。

パンツの中で完全にフル勃起したからか、パンツの前ボタンを外されてチンポを剥き出しにされた。
この時チンポがびくっとして、一段と大きさが増した。
チンポを触る指に、微妙にざらついた感触があった。
この布っぽい感触は・・・たぶん絆創膏。
でも、その後にチンポを触った手には絆創膏のようなざらついた感触がなかった。
目を閉じたまま俺は混乱していた。

(愛菜なのか、奈菜なのか?)

どちらにしても、優しくイタズラするように触る手の感触が気持ちよかった。
俺は犯人捜しをしていたはずなのに、いつの間にか快感に酔いしれていて、数分後には射精してしまった。

「きゃっ!!」

「な、なんか出たよ!!」

2人の声が聞こえた瞬間、俺は目を開けた。
はっきりと2人と目が合ったが、2人はすぐに寝たふりを始めた。

「おい、起きろ。2人ともわかってるんだよ」

俺は愛菜にも奈菜にも声をかけ、寝たふりをしている2人の顔をつついた。
最初に愛菜が目を開けて俺を見てきた。

「お兄ちゃん・・・ごめんなさい」

俺はティッシュを愛菜に渡して、「精子付いちゃったでしょ?拭きな」と言った。
すると、「最後は奈菜だよ」と言って、奈菜にティッシュを渡した。
奈菜は俺に顔を向けないようにして、手に付いた精子を拭き取っていた。

結局のところ、2人で一緒に俺のチンポを触って楽しんでいたらしい。
部屋の電気を点けて、なぜこんなことをしたか聞いてみた。
男の体に興味があったのと、チンポが大きくなるのを見てドキドキしたからだと言っていた。
まあ思春期の性的好奇心と言えば仕方がないことだったかもしれない。
俺はチンポを触られたことや射精させられたことを怒ったりはしなかった。
射精まで導いてもらえたんだから、逆に感謝しなきゃいけない立場なのかもしれない。

2人は俺に対して罪悪感があったのか、次の日から別の布団で寝るようになった。
いつも2人の女の子に挟まれて寝ていた時は窮屈だと思っていたけど、彼女たちがそばから離れるとなんとなく寂しさだけが残った。

「おーい、また一緒に寝てもいいんだぞ」

「馬鹿、変態!もうチンチンなんか触らないもん」

どうやら俺が射精したことで警戒心を持たれてしまったらしく、あれ以来双子には微妙に距離を置かれるようになった。
大人になった今でも彼女たちとは仲良くお酒を飲んだりしているが、いつも微妙な距離を取られているのがなんとなく悲しい。
何も意識しないで3人で川の字になっていた頃が懐かしい。