中学時代の体験。
僕は父親の仕事の関係で小学校の時から転校を繰り返していました。
やっと友だちができたと思ったら次の学校へ・・・ということが何度も続きました。

中学3年の時に転校したのは、山あいの小都市の学校でしたが、そこは荒れに荒れていました。
不良グループが幅をきかせ、先生や生徒に暴力をふるったり、校内でタバコや酒、シンナーをやったり物を壊したり、もうやりたい放題でした。

転校したばかりの僕は、とにかく目立たないようにしていましたが、ある時、英語のテストでまぐれで満点を取ってしまい、それを先生にみんなの前で褒められてから、僕は連中に目をつけられるようになりました。
授業中、牛乳につけ込んだ雑巾をぶつけられたり、給食に七味唐辛子を大量に入れられたり、休み時間にベルトで叩かれたり、足元で無数の爆竹を鳴らされるなどの嫌がらせを受けました。
僕は、将来は弁護士になりたいという目標があったので、そうした嫌がらせに屈することなく学校に行き続け、勉強を頑張りました。

ある日の昼休み、図書館に向かう途中、僕は連中に捕まってしまい、4、5人に羽交い絞めにされてズボンを脱がされました。
さらにパンツも脱がされ、ブラシのようなもので性器を弄られました。
僕は必死に抵抗しましたが敵わず、不覚にも性器を勃起させてしまいました。
その時、連中から驚嘆の声があがったのです。

「でっけー」

自分でも確かに大きいとは思っていましたが、誰かと比べたこともありませんでしたので、相対的な大きさは知ることができませんでした。
しかし不良の連中たちでさえため息をついていたので、相当大きいのかもしれません。
一度測ってみたら、勃起時に18センチちょっとありました。
誰かが写メを撮っていました。
その時以来、彼らの嫌がらせの頻度は極端に減りました。
僕は性器の一件で彼らに一目置かれたのだと思いました。

僕がいじめられなくなった代わりに、今度は僕と成績を争っていた『江見』がいじめの標的になりました。
江見は2年の2学期から生徒会長を務めていて、正義感の強い生徒でした。
江見とはほとんど口をきいたことがないし、勉強のライバルでもあったので、内心、いじめられれば成績が下がって、自分の方が上位になれると、黒い気持ちを抱いていました。
江見は、連中の嫌がらせを受けながらも、それに耐え、先生らに訴えて抵抗していました。
しかし、それがかえって連中の怒りを買い、嫌がらせはエスカレートしていきました。

ある土曜日の午前中、僕の家に電話がかかってきました。
不良グループのリーダー格、『奈良』からでした。

「ちょっと用があるから来い」とのこと。

僕は自転車を走らせて指定された住所を探しました。
着いた所、そこは『江見』と書かれた表札がかかっているマンションの一室でした。
チャイムを鳴らすと奈良が出てきて、中に通されました。
玄関には運動靴が散乱していました。
リビングに行くと不良グループの数人がいました。
みんなたばこを吸っていて、すごい煙でした。
それに、みんな服を着ていないというか、トランクスだけのやつとか、上半身だけ裸のやつがいて、不審に思いました。

何のために僕が呼ばれたのか分からず立ち尽くしていると、奈良が僕を呼んで、隣の部屋の戸を開けました。
その部屋を覗き込んだ僕は仰天しました。
敷かれた布団の上で男女がセックスしていたのです。
しかも、やられているのは中年のおばさんで、やっているほうは不良グループの中辻というやつでした。

「やばいよ」

僕は思わず奈良のほうを見て言いました。
髪が乱れたおばさんはぐったりした様子で中辻に揺さぶられていました。
大きなおっぱいが前後に激しく揺れていました。

「あの人、誰?」

「江見の母親」

僕は愕然として、「ほんとにやばいよ」と声を震わせました。

「なんでこんなことになったの?」

「江見が色々といきがったことしてくれたから、そのお礼」

表情を変えずそう言った同い年の奈良を見て、改めて恐ろしいやつだと思いました。
と同時に、下手なことをすれば自分の母親も同じ目に遭わされるかもしれないと思い、戦慄が走りました。

「次、お前な」

奈良がそう言いました。
僕はその言葉の意味がすぐには分かりませんでした。
しかし江見の母親を犯していた中辻がいよいよ激しく動き、射精するに至ったとき、その言葉の意味を理解しました。
次は自分が江見の母親とセックスさせられるのだと・・・。

「僕は、こういうことできない。したことないし」

僕はその場から逃げようとしました。
すると奈良は、「お前、どこ受験するんだっけ?高校」と聞いてきました。
僕が黙っていると、「××だよな」と、僕が狙っている県立高校の中でも最難関と言われている学校の名前を口にしました。

「こないだ撮った、お前のチンポ画像、××高校のメールアドレスに送ろうかな」

そう言って奈良がスマホを掲げました。
そこには、僕がパンツを脱がされて勃起した性器を晒している哀れな画像が写っていました。
万事休すでした。

「やめてくれ。わかったから」

僕は奈良に懇願しました。
さらに、「わかったから。その代わり、言うことを聞いたら、その画像を削除して欲しい」と言いました。
奈良はニヤニヤしながら、「いいよ。でも、やらしいセックスをして、江見の母親をイカせまくらないと削除しないし、やらしくないと高校に送りつけるかもよ」と言いました。

険しい表情の江見の母親が裸のままぐったりと横になっていました。
おそらく僕が来るまでに、連中に立て続けに犯されたのだと思いました。
最初は抵抗したのか物が散乱していて、体を拘束するために使ったのか、ロープや手錠が目に入りました。

「早くやれよ」

僕は奈良に小突かれました。
しかし、何をどうすればいいのか分かりません。
僕が固まっていると、何人かが江見の母親に群がって体を触りはじめました。
大きなおっぱいを揉み、アソコを弄っています。
江見の母親は投げやりに抵抗しながらも、やがて諦めたように受け入れていました。

「お前も脱げよ」

奈良に何度も小突かれて、僕は渋々脱ぎはじめました。
全裸になって股間を両手で隠していると、その手を奈良に払われました。
勃起した性器が弾け出ました。
みんなが笑いました。
僕は性器を勃起させたまま江見の母親の上に覆い被さり、唾液の匂いのするおっぱいを舐めました。
硬くなったふやけた乳首を舐めると、必死に耐えている様子の江見の母親の口から声が漏れました。

「気合いを入れてやらないと画像が高校に届くぞ」

奈良たちが囃し立てる中、僕は夢中で江見の母親のおっぱいを舐め、濡れたアソコを弄りました。
そして連中に手伝ってもらいながら、江見の母親のアソコに性器を挿入しました。
なかなか入らず、苦労しました。
しかし、入っていくと江見の母親は何とも言えない声を出しました。
さらに僕が夢中で腰を動かすと、最初は苦しそうだった声が気持ちよさそうな声に変わり、やがて、悲鳴をあげて仰け反りました。
みんなが、「イッた!イッた!」と言っていました。

江見の家に行ったのはそれが最初で最後で、江見の母親とセックスしたのもその時だけです。
連中がその後も同じようなことをしたのかどうかは分かりません。
僕にとっては忘れようにも忘れられない体験で、今は税理士として活躍している江見に同窓会で会うと気まずい思いをします。