私と妻のことを書きたいと思います。

私は41歳、妻の美穂(仮名)は36歳で結婚10年目。
妻は昼間近所で事務のパートをしています。
3年ほど前に妻の高校時代の同窓会があり、妻は出席しました。
その時は何もなかったのですが、久しぶりに元彼と会ったという話を聞いて急に妻の過去の性体験が気になり、ベッドに入ってから元彼について聞きました。

「もしかして同窓会で会った元彼って美穂の初めての相手?」

「さあね?」

「高校生の時に初めてエッチしたって言ってたよな?」

「どうしても聞きたい?」

「そりゃ美穂のことは全部知っておきたいから・・・」

「やきもち妬かない?」

「妬くけど、ちゃんと知っておきたい」

「じゃあ話すね。今日会った元彼が初エッチの相手だよ」

激しいドキドキが私を襲い、頭がクラクラしました。
言葉が出なくなってしまった私に、「パパ、怒ったの?パパと結婚する前に何人か付き合った人はいるけど、今はパパの奥さんなんだからね」と言い、私にキスをしてくれました。
キスをされて少し落ち着いて、さらに聞きます。

「初エッチの相手と会っちゃったんだ」

「うん・・・」

「その彼とはすぐ別れた?」

「3年くらい付き合ってた・・・」

「じゃあエッチもいっぱいしたよね?」

聞きながら激しく勃起してくるのがわかりました。

「うん・・・。でも昔のことは消せないから、お願いだから嫌いにならないで」

「嫌いになんかならないよ!美穂は俺のものだ」

私は妻を激しく抱きました。

「パパ、凄く激しかったけどどうしたの?」

「自分でもよくわからないんだけど、やきもちを妬いたら自然と・・・ごめんな」

「ううん。なんか嬉しかったよ」

この時はまだ自分が寝取られマゾだとは気づいていませんでした。
妻が元彼と再会したのをきっかけに、私は妻の過去の性体験に強い関心を持ってしまいました。
すぐに詳しく聞こうとしましたが、平日に激しいエッチをされたら次の日の仕事が辛いからと週末まで待たされました。

そして、待ちに待った週末の夜。

「今日は話してくれるよね?」

「ん~、絶対嫌いにならない?」

「当たり前だろ!美穂のことが好きだからちゃんと聞いておきたいんだよ」

「ん・・・わかった。じゃあパパが聞きたいことを聞いてくれたら正直に答える」

「その前に元彼の写真、見せてくれないかな?」

「元彼の写真なんかあるわけないでしょ」

「卒業アルバムに写ってるだろ?」

「どうしても見たいの?」

「見たい!」

「仕方ないなぁ・・・これがそうだよ」

写真を見て、(こいつが妻と・・・)と思うと、不思議と怒りではなく激しい興奮が襲ってきました。
私は美穂を押し倒しました。

「こいつにもこうやってキスされたのか?」

「うん・・・」

「初めてのディープキスもこいつか?」

「うん・・・」

私達は舌を絡め合い激しいキスを続けました。

「美穂・・・思い出しながら話してくれないかな?」

「ずっと前のことだから思い出せないよ・・・」

「じゃあ、なるべくでいいから思い出すようにしてみて」

「うん。でも思い出しちゃっても怒らないでね・・・」

「絶対に怒らないよ!約束する!」

「わかった・・・。パパ、凄く興奮してない?」

「してる・・・。それになんでか分かんないけど美穂が愛しくてたまらない!今週はずっと美穂を抱きたくてたまらなかった!」

「元彼にエッチされちゃった私でも?」

「えっ?されちゃったの?」

「えっ?昔だよ。まさか同窓会の時にしちゃったと思った?」

「一瞬・・・」

「パパのバカ!浮気なんかしないもん!」

「美穂・・・ごめん・・・」

「今日はエッチさせてあげないっ!」

「そんな・・・我慢できないよっ!」

「じゃあ昔のことを話すのやめる?」

「聞きたい!」

「エッチを我慢するんなら話してあげる。疑った罰としてエッチはお預け!いい?」

「わかったよ・・・一瞬でも疑ったりしてごめん」

私は妻を抱き締めながら元彼との性体験を聞き出しました。
元彼との体験を聞き出していると、私の興奮が伝わっているのか、話しながら妻の息も荒くなりました。

「美穂、思い出して感じてるの?」

「パパが思い出せって言ったんでしょ?パパのせいだからね」

「美穂っ!エッチしよう!我慢できないよ!」

「ダメっ!今日はお預け!元彼とのエッチ思い出して私だって我慢できないけど今日はさせてあげないっ!」

「手でもいいから・・・お願いだよ!」

「私は?元彼のこと考えながらひとりエッチで気持ちよくなっちゃってもいいの?」

「そんなのダメだよ・・・」

私は元彼とのセックスを思い出して興奮してる妻に嫉妬と興奮で頭が真っ白になりそうでした。

「疑った罰だからね。それにパパが思い出せって言ったんだから・・・」

「本当に元彼とのこと思い出してひとりエッチするの?」

「しちゃう!我慢できないもん!」

妻は指を使いはじめました。

「元彼とのこと聞きたかったんでしょ?初めてイッたのも元彼なんだ・・・あっ・・・イキそう・・・」

「元彼のこと考えながらイクの?」

「うん・・・パパ、ごめんね・・・イク!」

私は妻が絶頂に達する声を聞きながら、ペニスに触れずに射精してしまったのです。

元彼とのセックスを思い出しながら自慰をする妻を見て激しく興奮してしまった私は、それからも何度も元彼との体験談を刺激剤に使い、妻とのセックスを楽しんでいました。
でも、いつものように元彼との体験談を聞き出そうとしたときに妻から・・・。

「パパが興奮してくれるのは嬉しいんだけど、元彼とは喧嘩別れしたから、あんまり思い出したくないの・・・。元彼とのことを聞かないと私を抱けない?」

「そんなことはないけど、元彼とエッチな体験をいっぱいしてきた美穂が俺を選んで、今は俺の所にいてくれるんだと思うと嬉しいし、愛しくてたまらないんだ。それに美穂が他の男に抱かれてるのを想像するとたまらなく興奮するんだ」

「そっか・・・私が他の人としてる想像するとパパ興奮しちゃうんだ。でも元彼のことはもう聞かれたくないな」

「わかった。じゃあもう元彼のことは聞かないから。俺のために我慢してくれてごめんな」

こうして妻と元彼との体験談は封印されました。
それからは元彼と再会する前のノーマルなセックスに戻ったのですが、妻を抱いているとつい(この体は元彼に開発されたんだ・・・)などと思ってしまい、しかしそのことを妻に聞くわけにもいかず、ぎこちないセックスになってしまいました。
セックスの回数も少しずつ減ってしまい、妻から求められても疲れてるからと寝てしまうこともありました。

そんなある日、ベッドに入ると・・・。

「ねえパパ・・・そんなにやきもち妬きたいの?」

「そんなことはないよ。ちょっと疲れてるだけだよ」

「嘘つき。元の淡白なパパに戻っちゃったもん。パパが火をつけたのに私を放っておくんなら浮気しちゃうかもよ」

「えっ?」

「こんなオバサンでも職場で結構モテるんだからね。ご飯とかいっぱい誘われるんだよ。もちろん全部断ってるけど」

妻は自分のことをこんなオバサンと言ってますが、私は中山美穂似のいい女だと思っています。
(それで仮名を『美穂』にしました)
そんな妻が職場の男性に1人の女として見られてるのかと思うと、私は妻に抱きつかずにはいられませんでした。

「急にどうしたの?疲れてるんでしょ?寝ようよ」

妻はちょっと意地悪そうな笑みを浮かべると私の腕から抜け出し、灯りを消して背を向けて寝てしまいました。
そして私は妻の“浮気しちゃう発言”で妄想を膨らませてしまい、妻の横で眠れない夜を過ごしてしまいました。

翌朝、目を覚ました妻に聞いてみました。

「本当に会社の人と浮気しちゃいそうなのか?」

「パパは私に浮気させたいんじゃない?」

「う・・・。正直、半分は美穂が浮気したらたまらなく興奮しそうだけど、もう半分は俺だけの美穂でいて欲しい」

「ふーん。私が浮気すると興奮しちゃうんだ。パパって寝取られマゾだったんだね」

「寝取られマゾ・・・そうかもしれないよな。大切な美穂が他の男に抱かれてるのを想像して興奮しちゃうんだから・・・俺が寝取られマゾだったら嫌か?」

「嫌じゃないよ。私もサドかもしれないもん。やきもち妬いて興奮してるパパを見てると私もゾクゾクするの。パパをもっといじめたくなっちゃうの。でも、そのためだけに他の人とエッチするのは嫌。私が抱かれてもいいと思う人に誘われたらエッチしちゃうかもしれないけど」

「抱かれてもいいと思う相手が会社にいるのか?」

「う~ん・・・所長なら抱かれてもいいかも。厳しいところもあるけど、ちゃんとやさしいところもある素敵な人だから」

「口説かれてるのか?」

「残念ながら一度も口説かれてないよ。他の人にはご飯に誘われたりするけど、所長は全然興味なさそう」

「もし所長に誘われたら?」

「パパがいいならOKしちゃうかも」

「誘われたらOKしていいよ。でも、もし誘われたら隠さないで俺に教えて欲しい」

「パパにやきもちを妬かせるためにデートするのに、隠したら意味ないでしょ?ちゃんと教えてあげる。もしも誘われたらの話だけどね」

その言葉を聞いて私はたまらず妻に抱きつきました。
しかし妻は朝の支度をしなければならないからと私の腕から抜け出してしまいました。
抱かれてもいいと思う男の存在を知らされた上にセックスをお預けにされて、私は妻が愛しくてたまらなくなりました。
家事をしてる妻をつい目で追ってしまい、ベッドに入れば平日でも妻に抱きつかずにはいられなくなりました。

「くっついてるだけならいいけど、明日は仕事なんだからエッチはダメだよ」

「美穂を抱きたくてたまらないんだよ。いいだろ?」

「ダ~メ。今まで月に一度くらいしかしなかったのに急にどうしたの?子供たちにも、『最近、パパとママ仲がいいね』なんて言われちゃった」

「美穂がもしかしたら浮気しちゃうかもしれないと思うとたまらないんだよ」

「まだ誘われてもいないのにそんなに興奮しちゃってるんだ。パパがくっついてくれるのは嬉しいけど、平日にエッチしちゃうと次の日が辛いから週末まで我慢して。本当は私もしたいんだから・・・」

「わかった」

「昔みたいに腕枕してくれる?」

「いいよ」

「嬉しいな。パパ、おやすみなさい」

「おやすみ」

妻は眠ってしまいましたが、私は妻の体温と髪の匂いを意識してしまい、寝不足の毎日が続いてしまいました。

待ちに待った週末です。
ずっとお預けされ続け、私の頭の中からは妻が他人に抱かれる妄想は消えてしまい、純粋に妻を抱きたくてたまらなくなっていました。
妻がベッドに入ってくると私はすぐに妻を抱き締めて長いキスをしました。
唇が離れると妻の手が私のペニスに伸びてきました。

「パパ、もうこんなになってる」

「美穂を抱きたくてたまらなかったんだよ」

美穂はペニスを手で軽くしごきました。

「こんなにヌルヌルになっちゃって・・・すぐにイッちゃ嫌だよ。欲求不満になっちゃったら、私から所長を誘っちゃうかもしれないからね」

その言葉を聞き、私は所長に抱かれる妻を想像してイキそうになってしまいました。

「美穂!イキそうだよ!手を離して!」

妻が私のペニスをしごきながら言います。

「ダメ!我慢して!イッちゃったら今日はもうエッチできなくなっちゃうでしょ?所長とエッチしちゃってもいいの?」

その言葉を聞いた瞬間、私は妻の手の中に射精してしまったのです。
普段から早漏気味の私は、妻の浮気を妄想してしまった興奮と何日もお預けされたせいですぐに暴発してしまったのです。

「あ~あ・・・イッちゃった・・・私も気持ち良くなりたかったのに・・・」

「美穂・・・ごめん・・・」

「意地悪しすぎちゃった?」

そう言うと妻は、射精して柔らかくなってしまったペニスを口に含み、舌を使いはじめました。

「美穂、きっと今日はもう無理だよ・・・」

「このままじゃ私、本当に浮気しちゃいそうだもん。パパの奥さんなのに所長のおちんちんをこうやってフェラしちゃってもいいの?気持ち良くしてもらうために一生懸命おしゃぶりしちゃうんだよ。おしゃぶりしてると私も感じてきちゃっていっぱい濡れちゃうんだよ」

驚いたことに、その言葉を聞いた私はまた勃起し始めたのです。

「パパってやっぱり変態なんだ。所長のことを言ったら硬くなってくるんだもん。本当にしちゃおうかな?」

完全勃起した私は妻を押し倒し、愛液が溢れ出ている妻の中に入りました。

「パパすごいっ!私が浮気しないようにめちゃくちゃにして!」

一度射精して少し余裕のある私は、妻を所長なんかに抱かせてたまるかと必死に妻の中を掻き回しました。

「パパ!いっぱい声が出ちゃう!子供が起きちゃうよ!」

私は構わず妻を責め立てました。

「ダメ!イッちゃう!」

「我慢しないでイッていいよ!」

「パパも一緒にイッて!もうダメ!お願い一緒にイッて!」

「美穂!お前は俺だけのものだからな!イクよ!」

「私もイクッ!アアアァァァッ!」

2人一緒に絶頂に達した後、妻に腕枕をしました。

「パパ、所長のことなんだけど・・・」

「えっ?所長となんかあったの?」

「違うの。もし誘われても、同じ職場で関係しちゃうと、後が色々と面倒な気がするの。私やパパが終わらせようとしても、所長から関係を迫られたら断り難いと思うの。パパがやめてくれって言ったらすぐに関係を終わらせられないと嫌だから。パパを妬かせて楽しみたいとは思うけど、所長とエッチしたいわけじゃないから」

「え?所長とエッチしたいと思ってるんじゃないの?」

「違うよ。エッチしたいんじゃなくて、パパを妬かせるために誰かとエッチするとしたら所長ならいいかなと思うだけ。パパがいいもん」

私は妻がたまらなく愛しくなり、きつく抱き寄せました。

「だから所長とエッチするのは諦めてくれる?今の職場は辞めたくないし、現実に所長とエッチしちゃってパパに嫌われるのも怖いから」

「わかったよ、美穂。確かにそうだよな。でもたまには嫉妬させてくれよな」

「パパって本当にMになっちゃったんだね。じゃあ時々思い切り嫉妬させていじめてあげるね」

「美穂にいじめられちゃうの?」

「うん。パパのエッチは私が支配しちゃうの。私がいない時とか私が寝た後のひとりエッチは禁止だよ。たまにしてるよね?」

「えっ・・・その・・・本当にたまにだよ・・・。美穂にお預けされて我慢できない時とか・・・」

「我慢できなくても私が許可しないときはしちゃダメ。いい?」

「わかったよ・・・我慢するよ」

「じゃあ今夜も我慢してね。パパ2回もイッたんだから」

私はいつの間にかまた勃起していました。
普段はそれほど性欲は強くないのですが、禁止されると不思議としたくなってしまうようです。
久しぶりのセックスで疲れたのか、軽い寝息を立てて眠ってしまった妻を腕枕しながら、また眠れない夜を過ごしてしまいました。

妻にセックスを管理されるようになってからはさらに妻を愛しく思うようになり、ベッドの中だけでなく、妻が家事をしている時も手伝いながらそばにいるようになりました。
子供たちからは、「パパとママ、めっちゃラブラブだね!」と冷やかされました。
ベッドではわざと脚を絡まされて挑発されたままお預けされたり、妻が満足するためだけの奉仕のようなセックスを求められてそれに応じ、時にはご褒美として私の好きなように抱く時もありました。

お互いにそれで満たされて、寝取られの話は出なくなっていました。
正直言うと寝取られ願望が全くなくなったわけではないので時には考えるのですが、後々のことなどを考えると実現は難しいと思っていたので、小さくなった寝取られ願望は育たずに封印されたかのように見えていました。
しかし、ついに寝取られの扉が開いてしまうのです。

<続く>