私の妻は看護婦をしており、家事や子育てもしっかりとこなす、ごく普通の女性です。
ただ、妻は恐ろしいほど無防備なのです。
今は、その無防備な姿を楽しんでいるのですが・・・。
これまでの体験を今から告白します。

私がその無防備さに気が付いたのは、今年の6月20日のある出来事からです。
私はもともと胸チラとかが好きで、デパートとかに行ったら、子供の世話をしている無防備な人妻に近づいては胸チラやパンチラを拝んでいました。
しかし、まさか自分の妻が自分みたいな変態たちに覗かれ痴漢されているとは、思ってもいませんでした。

あれは6月20日の日曜日。
その日はとても暑かったので、妻と子供と3人で大きな公園に遊びに行きました。
しばらく遊んだ後、子供が池の方で遊びたいと言って妻と子供は池の方に行き、自分は少し園内をブラブラしながら、子供と遊んでいる他のお母さん達の胸元を見たりして楽しんでおりました。

しばらくして池の方に行き妻たちを探していると、あまり人はいないのに、ある一角だけ人だかりが出来ていたのでそこへ行きました。
男が15人くらいと子供が何人かいて、その中心を見ると妻と子供がいました。
私が妻の方に近づこうとした時、その姿を見て驚いて立ち止まりました。
妻は子供を産んでから少し痩せたので、Tシャツはいつもブカブカで肩からズリ落ちそうなくらいの物を着ており、しかもその日は暑かったので下は短パンという姿でした。

その状態はすごいものでした。
他の子供たちと草で作った船を浮かべて遊んでいるらしく、屈んだ姿勢になっているのですが、胸元からは青色のブラや、そこからこぼれているDカップのオッパイ、乳首、さらにオッパイの下のお腹のシワになっている部分まで丸見えになっていました。
自分は今までこんなにすごい胸チラを見たことはありません。
ある意味、上半身裸になっているような状態でした。

私は恥ずかしくなり、妻の方へ行こうとした時、さらに驚きました。
なんと周りの男たちの視線は明らかに妻の胸元に行っているのです。
大勢の男たちが集まっているのは、子供たちの面倒を見るためでなく、明らかに妻を見るためでした。
見ているというより、露骨に上から覗いています。
私はパニックになり、その場から動けなくなりました。

しばらくすると、妻が気付かないせいか男たちはさらに大胆になり、子供と遊ぶふりをしながら妻に近寄り、中には妻の胸元から30センチくらいのところまで顔を近づけて覗き込んでいる男もいますます。
何より私は、それに気付かない妻にびっくりしました。

男たちの中でも若い4人組(20歳くらい)は特に大胆で、妻の1メートル以内を占領して順番に覗き込んでいます。
そのうち2人が妻の後ろにまわり、屈んで見上げているので、私は何をしているのかと思ってその様子を見ていました。
妻が反対側を向いた時、それが理解出来ました。
妻は短パン(すごいキツめ)を穿いて屈んでいるので、お尻に短パンが食い込んだ状態になっており、パンツはモロ見えで、さらにはお尻の肉まではみ出している状態です。
男たちは屈んでそれを覗いているのです。
私はそれに気付かない妻に頭の中が真っ白になり、その場をちょっと離れて立ちすくんでしまいました。

しばらくすると妻と子供たち池を上がり、向こうの方へ行きました。
すると男たちもその場から離れていきます。
4人の若い男たちが私の側を通りすぎていく時、会話が聞こえました。

「すごかったなー、モロ見え!」

「俺、何回かお尻を触ったけど全然気付かなかったぞ」

「まじでー?もっかい見てー」

信じられない会話です。
4人の会話を聞き、私は呆然としていました。

少しして私は妻たちを探しました。
すると妻たちは公園の奥の砂場で遊んでいました。
そこは公園の中でも薄暗くて、いつもあまり人のいない場所です。
しかしそこには妻と子供だけしかいなく、私は安心しました。
私は妻たちの側に行き、改めて妻が砂遊びをしている格好を見たのです。
その格好はすごいものでした。
ただ座って砂遊びをしているだけなのに、上から覗かなくてもブラやオッパイ、たまに乳首まで丸見えになっている始末。
手で砂を掘る時なんか、開きすぎの胸元から片パイがポロリとこぼれてしまっている状態です。
それでも妻は気にせずに砂を掘っています。

足を開いてしゃがんでいる股の部分などはもっとすごいことになっていて、短パンは食い込み紐みたいな状態になっており、ほとんどパンツが見えています。
片方の膝に胸を付けた格好になった時など、短パンの隙間から微かに陰毛とアソコの端の部分が見えました。
これまで、妻がそんな格好をしていたことに今まで気が付かなかった私・・・。
仕事の忙しさにかまけて、妻のことを何も見ていなかったのでしょう。

私「さっき、池の方に居ただろ。なんかあったー?」

妻「何もなかったよ。どうしたの?」

やっぱり妻は男たちに覗きまくられ、軽く痴漢までされたことに気付いていない様子でした。
私は頭が痛くなり妻に言いました。

私「胸元が開きすぎやぞー、ちょっと注意しいやー」

妻「ほんとー?わかったー」

まったく気にしてない様子です。
しばらくして妻が言いました。

妻「お腹が空いたんだけど、まだこの子が遊びたいって言ってるから、コンビニでお弁当を買って来て」

妻から離れることに私は躊躇しましたが、この場所はあまり人は来ないと思ったので、妻と子供を残してコンビニへ行きました。
自分の妻が見知らぬ男たちに覗かれていた光景が頭から離れず、嫉妬と妙な興奮を覚えていました。

30分くらい経った頃、私は弁当を買い終え、妻たちの所に戻りました。
するとなんと、さっきの若い4人組の男たち(2人増えて6人になってました)が、妻たちと一緒に砂遊びをしているのです。
私は(しまった!)と思うと同時に、妙な期待感が湧き上がり、5メートルほど離れた木陰からその一部始終を見ることにしました。

妻たちと男たちは一緒に砂の山を作っています。
妻の格好はやはり凄いことになっていて、胸元からは右側のおっぱいが完全にこぼれている状態で、それを男たちはニヤニヤしながら覗いています。
妻はまったくそれを気にしていない様子です。
そういえば昔、妻の母親がよく言ってました。

「この子はいつも恥ずかしいとは思わん子で、小学校の時なんか平気で男の子の前で着替えとったから、私は先生によく呼び出されとったんよー」

それを聞くたびに、いつも妻の母親と爆笑していました。
でも、今は笑えません。
その当時はわかりませんでしたが、この1ヶ月、妻を観察してわかりました。
妻は普通の女性ですが、羞恥心というものが欠落しているのです。
だから他人に裸を見られてもあまり恥ずかしいと思わないし、お尻や胸を他人に触られたり揉まれたりしても、肩が触れたのと同じ程度にしか思わないのです。
決して露出が好きなスケベな女というわけではありません。

話を戻します。
しばらくして大きな砂の山が出来上がりました。
すると男の1人が言いました。

男C「ボクちゃんよかったねー、大きい山だねー」

男A「これだけ大きいとトンネルが欲しいねー」

男E「ボク作りなよー」

子供「こんなでっかいのボクできないよ。ママはうまいよー。ママ作ってー」

男F「へーそうなんだー、じゃあママさん、掘ってー」

男B「ママさん、がんばれー」

男A「お姉さん、ファイトー」

妻「じゃあやってみるか!」

その格好で妻はトンネルを掘りはじめました。
男たちの下心は見え見えです。
妻が四つん這いになってトンネルを掘りはじめると、男たちは全員妻の後ろに回り込み、屈んで妻のお尻に顔を近付けて覗きはじめました。
やがてトンネルに肩くらいまで入るようになると、Tシャツは下から捲れ、おっぱいが両方とも完全に丸見えの状態になってしまいました。
さらにビックリしたのは、男たちが妻に「ガンバレー」とか言いながら、さりげなく順番に妻のお尻にタッチしているのです。
妻はそれをまったく気にせずに、一命懸命にトンネルを掘っています。

妻が無反応なのを見て、男たちは大胆にお尻を触りだしました。
3人の男たちがニヤニヤしながら妻のお尻に手を当て、擦りはじめました。
さらにトンネルが進んだところで妻が言いました。

妻「あとちょっとだけど届かないよー」

子供「ママ、ガンバレー」

男C「ママちゃん、がんばれー」

男D「あとすっこしー、あとすっこしー」

男A「じゃあーママさん、僕たちが体を支えてあげようか?」

妻「いいですか?お願いします~」

それを聞くと男たちは我先に妻の体を支え(触り)、12本の手が妻のお尻、胸、股間と弄りはじめました。
そのうち男たちはもっと大胆になり、妻のDカップのおっぱいを両方ともブラから露出させ、まるで牛の乳絞りのように左右順番に揉みはじめました。
それでも妻は、「ありがとー」と笑っています。
後ろの方では2人の男が左右に分かれ、妻のお尻を半分ずつ揉みしだいています。
そのうち左側の男が妻の短パンをずらしてアソコを揉みはじめ、さらにはパンツをずらしてお尻の穴とアソコを丸見えにしました。
四つん這いで背中を反らして足を開いているので、お尻の穴とアソコのビラビラは広がり、その中の穴まで丸見えになっているのが私のいる場所からでもよく分かりました。
男たちは6人ともそこに集まり、妻のアソコに10センチくらいまで顔を近付け、小さな声で「すげー」とか言いながら穴の奥を覗きました。

男の1人が思わず、「もうダメだ、やりてー!」と言いました。

その声を聞いて私は我に返り、妻たちのもとへさりげなく近付いて行き、「どうだー?」と声をかけると男たちは慌てて逃げていきました。
妻は何もなかったように・・・。

「おかえりー。あれ?お兄ちゃんたちがいなーい。せっかく貫通したのにー」

今にして思えば、この時以外にも、妻の普通ではない無防備さと、周りの男たちの態度に、いくつか思い当たる節があります。

1.結婚してからというもの、私の男友達が毎週のようにうちに遊びに来るようになりました。
それも私が仕事から帰る前に家に来て、妻たちと遊んでいます。
もしかしたら妻を視姦するために来ていたのではと思います。

2.妻が勤務している病院で、医者や薬屋の男たちにしつこいくらい飲みに誘われており、滅多に飲みに行かない妻が今年の4月、花見に行ってベロベロになって朝方に帰ってきた時、すごい格好をしていました。
ブラウスの下はノーブラで、下のスカートは前後が反対になっていました。
次の日、妻に、「どうだった、花見は楽しかった?」と聞くと・・・。

「外来の飲み会だからお医者さんと薬屋の男の人が10人くらいいて、女は私と事務の人だけで、ずーっとその人と話してたよ。でもいつの間にか帰ってて、その後はぜーんぜん覚えてないのー。どこかで転んだのか、胸とお尻がなんか痛いし・・・」

事務の女性が帰ってから夜中の3時まで、妻は何をされていたのか?
男たちにずっと体を揉まれまくっていたんじゃないかと心配になります。

3.同窓会に行った時もそうです。
その時も帰ってきた時はすごい格好をしていて、ブラウスの下に着ていたはずのタンクトップはなぜかカバンに突っ込まれており、スカートとブラウスにはハミガキ粉みたいな汚れが何ヶ所も付いていました。
次の日の朝、妻はまた何も覚えておらず・・・。

「なんかわかんないけど、飲みすぎたせいか、オシッコをしたらアソコとお尻の穴が痛いのー」

そう言っていたのを思い出します。
その同窓会は高校の時のクラブ活動の集まりで、妻は2年ぶりに行ったのです。
私はふと妻が以前そのクラブについて、「何もしない男ばかりで、ただの同好会みたいだった」と言っていたの思い出し、妻のアルバムを見てみると2年前の同窓会の時の写真が見つかりました。
その写真には15人が写っていたのですが、女性は妻1人だけで、あとは全員男性でした。
私の想像が当たっているのなら恐ろしすぎます。

妻は本当に普通の女性で、会話も普通だし、病院では若くして主任になっているし、私よりもしっかりしています。
ただ、女性としての羞恥心に関しては、普通の女性の何10分の1も持っていないのです。
そのことに、私は悔しくも興奮してしまっている人間です。

公園の出来事の後、何もなかったかのような1週間が過ぎていきました。
仕事が早めに終わった私が妻たちと銭湯に行った日のことです。
銭湯から上がり、しばらく子供と待っていると妻も上がってきました。
その日の妻の格好は薄手の白いニットのワンピースで、ちょっと出かけるときはよくその格好をしています。
改めてその姿を見ているとすごいものがあります。
胸元は乳輪の一歩手前まで見えているし、下も膝が見えるくらいの長さです。
さらに白っぽいワンピースなので、普通に立っているだけでも下着が透けまくっているのがよく分かります。
たぶん普通は下にTシャツとかスリップなどを着るタイプのワンピースなのでしょう。
しかし妻は素肌にそのまま着ているだけで平気な顔をしています。
いつもこの格好でスーパーや公園に行っていたなんて信じられません。

私と息子の座っているところに妻が、「ごめん、待ったー?」と言いながら来て、しばらく3人でジュースを飲んだ後、妻は前屈みになり、自分たちの服の入っているカバンを整理しはじめました。
胸元はパッカリと子供が入れるくらい開き、胸元からなのにオッパイどころかパンツや太ももまで見えています。
しばらくして視線を感じたので振り返ると、風呂上がりのおっさんが私の後ろから覗いていました。

慌てて妻に、「邪魔になるから後ろを向いてやれよ」と言いました。

次の瞬間、言った自分に後悔しました。
後ろ姿のほうがすごい格好だったのです。
屈んでいるのでワンピースの裾はずり上がっていてピンク色のパンツの下の部分がモロに見えているし、ワンピースが背中に貼り付いているので、ただでさえ透けているパンツの色どころか、その形や模様、背骨やあばら骨、ホクロまでが透けて見えていました。

もう帰ろうと思ったところで、若い男が2人、自分がいるのにも関わらず、妻の前と後ろに座って覗きはじめました。
私はとにかく妻を急がせて銭湯を後にしました。

<続く>