去年の秋のある土曜日のこと。
会社の友だち(女の子)と買い物に行く予定でしたが、友だちが風邪を引いて体調が良くないというので、1人で出かけることにしました。
すごく天気がいい日で、渋谷には人がたくさんいました。
海外、特に近くの国々から来たと思われる観光客の人たちもキャリーバッグをゴロゴロ引きながら大勢歩いていました。

ひと通りお買い物を済ませた後、よく行くカフェに寄って軽く食事をしていこうかなと思っていた時、男性から声をかけられました。
片言の日本語で、「×××へはどうやって行けばいいですか?」と聞かれました。
その人は眼鏡をかけていて真面目そうな感じで、年齢は私と同じか少し上くらいの30歳前後に見えました。
言葉の感じから、韓国の方なんだろうなと思いましたが、日本語も理解できるようで、こちらが話す言葉はだいたい通じているようでした。

質問された『×××』の場所を教えてあげたのですが、その方は「もし可能なら東京を案内してくれませんか。お礼に食事をご馳走します」と言うのです。

私は特に用事もなかったし、その人も優しそうで変な人っぽくはないし、ご飯もご馳走してくれると言うので、東京案内をしてあげようと思いました。
渋谷から新宿に移動して西口と東口を見て回った後、池袋に移動して家電製品とかを見て回りました。
その後、和食のお店に入って食事となりました。

その方、趙(ちょう)さん(仮名)は、私と同い年の28歳で、青年実業家とのことでした。
母国では部屋が10室もある豪邸に住んでいて、お手伝いさんも3人いるとのこと。
そして独身。
日本に旅行で来たのは2回目だと言っていましたが、趙さんの希望は、“日本人の女性と知り合い、お付き合いすること”でした。
とはいえ、私に対して下心みたいなものは感じられず、穏やかな表情で接してくれて、私のほうこそ、(人柄も良さそうだしお金持ちだし、日本人以外でも選択肢に入るかな)と心の中で思っていました。
その時、私は彼氏がいない状態が2年ほど続いていました。

趙さんは「下町も観に行きたい」と言ったのですが、日が暮れ始めたので断念しました。
私もそろそろ失礼しようかなと思っていたところ、趙さんは「少しだけお酒を飲みませんか?」と言ってきました。
その日、私は完全にフリーだったので、こうなったらとことん趙さんに付き合おうと思いました。

大衆居酒屋に入り、焼鳥やお造りなどを頼んでお酒をいただきました。
趙さんはとてもお酒が好きで、色んな銘柄の日本酒を飲んでいました。
そして酔っていくうち、すごく私のことを褒めるんです。

「美しい」とか「大和撫子だ」とか「好きになりそうだ」とか。

ストレートにグイグイ攻めてくる感じでした。
私も普段より飲み過ぎた感じで、普通に歩けるか心配になるところまで来ていました。

お店を出て歩きはじめると趙さんは、「私の泊まっているホテルで、鶴を折ってくれませんか?」と言うのです。
私は、この際、どうでもいいかなみたいなノリになって、タクシーに一緒に乗って趙さんが宿泊している新宿の『W』ホテルに行きました。
趙さんの部屋は、スイートまではいかないにしても、コンフォートツインのような豪華な部屋で広々としていました。
私がソファーに腰かけると趙さんは折り紙を手渡してきました。
私が色とりどりの鶴を折ってあげると、趙さんは鶴よりも私の顔を見て、「美しいです」などと言ってくれました。

そのうち、「少しだけキスしていいですか」と言ってきました。

いきなりだったのでびっくりしました。
でも食事もご馳走になったし、日本のいい思い出になるならと、ホッペにチューしてもらいました。
すると今度は、「肩に触れていい?」「手を握らせて」と、どんどんエスカレートしていきます。
完全になし崩し的なパターンでした。
私はベッドに押し倒されて趙さんに愛撫され始めたんです。
でも、その愛撫が優しくて、気持ち良くて・・・。
耳を舐められながら、「◯◯さん」と名前を囁かれるとすごく感じて、私もスイッチが入ってしまったんです。
趙さんが、「日本の女性は憧れだった」とを言いながら思い入れたっぷりに愛撫してくるので、こちらもなんだか“憧れの存在”気取りで、趙さんの頭を撫でてあげました。

上半身を裸にされて、おっぱいを延々と舐められました。
それまで私は韓国の男性に対してちょっと粗雑なイメージがあったんですが、本当に丁寧で、繊細で、上手いんです、舌使いが。
最初は私も余裕だったんですが次第に趙さんのペースになり、だんだん本気で感じて声を出してしまいました。
さらに下も脱がされて脚を大きく開かされて、おっぱいと同じく丁寧にねちっこくあそこを舐められてしまいました。
さらに趙さんは太くて長い指を私の膣の中に入れて、激しく出し入れしはじめて・・・。
私、初めて吹いてしまったんです、潮を。
話には聞いていましたが、自分があんな風になるなんてビックリでした。

その辺りからでしょうか。
趙さんの雰囲気が変わっていったんです。
なんて言うのか、それまで低姿勢だったのに、ちょっと威張り始めたというか威圧的になっていったというか・・・。
私は四つん這いにさせられて、趙さんがバッグの中から取り出してきた犬の首輪みたいなものを首に付けられたんです。
やばいですよね。

怖くなって「SMとか痛いのは嫌い」とアピールすると、趙さんはやさしい顔になって、「OK。痛いのはしません」と言いました。

でも、またバッグから取り出してきた、すごくグロテスクなバイブをあそこに当てられて、「お尻を振って」と命令されました。
私が仕方なくそうすると、趙さんは今度は、「『×××××××』と言ってください」と命じてきました。
意味はわかりませんでしたが、どうやら母国語のようです。
私はバイブで感じさせられながら、その「×××××××」を言わされました。
後から分かったんですが、それはとても屈辱的な言葉でした。
日本語で、「ごめんなさい」とか「許してください」とか「もうしません」とも言わされました。
最初は抵抗があったんですが、バイブでいじめられながらそういう言葉を口にすると余計に感じるんです。
私は四つん這いのまま趙さんに後ろから犯されながら、「ごめんなさい」「許してください」と言わされて、屈辱的なのにすごく感じてしまいました。

そんな感じで延々と趙さんにおもちゃにされ続けたんですが、すべて終わった時に趙さんから、「今日は長い時間ありがとう。変なことをお願いしてごめんなさい」と言われました。
なんとなくほっとしました。
趙さんとは一度限りの関係でしたが、優しくて激しい愛撫を体が覚えていて、時々思い出してしまいます。