叔母さんが引っ越すので手伝いに行きました。
もともと僕のアパートから歩いて15分くらいの所に住んでいた叔母さん。
引っ越し先は最寄りの駅から一駅だけ南へ下った場所です。
叔母さんは20代半ばの頃に一度結婚しましたが、2年余りで離婚してからずっと1人で住んでいました。
現在42歳で、僕は25歳。

叔母さんは僕を1人の男として見ていないでしょうが、僕は違います。
以前から好奇の目で見ていました。
僕は熟女が好きなんです。
初体験も友達の母親でしたし、街で見かけて(いいな~)と思う女性も、ほとんどが30代後半以上でした。

叔母さんは母と違って綺麗な人です。
姉妹なのに似ていませんし、性格も違います。
母は口うるさいし、歯に衣を着せずになんでも言ってしまう性格ですが、叔母さんは言いたいことがあっても我慢して自分の中で処理してしまうタイプ。
それで、少し痩せているようですが、出ている所は出ていますので僕から見るとエロいです。

引っ越しの日、引っ越し業者の人と一緒に荷物を運び、業者の人が帰ってからも引っ越し先で片付けを手伝っていました。
叔母さんはTシャツと短パン姿で頑張っています。
僕はずっとその姿が気になっていました。
腰を曲げると胸元から深い谷間が見えましたし、座り込んだりすると短パンの隙間から下着が覗きました。
そっちにばかり気を取られ、作業が思ったように進みませんでした。
時計を見ると、もう5時を過ぎています。

すると叔母さんが、「翔ちゃん、お腹空いたでしょう?もう少ししたら焼き鳥でも食べに行こうか?」と聞きました。

「いいよ、無理しなくても・・・」

「大丈夫よ!引っ越し祝いをしなくっちゃ」

30分ほどしてから近所の焼き鳥屋へ。
まずはビールで乾杯しましたが、こうして叔母さんと飲むのも初めてのこと。
ビールのお代わりをする頃には当然のようにお互いの恋愛の話に。

「翔ちゃん、彼女とかいないの?」

「いないよ」

「そう、でも欲しいでしょう、彼女」

「そりゃあ欲しいけど、僕、ちょっと変わったとこがあって・・・」

「何、変わったとこって?」

「う~ん、恥ずかしくて言えないな・・・」

「え~、何よ~、自分から言い出しておいて。隠さないで話なさいよ」

「僕・・・年上が好きなんだ・・・」

「そうなの・・・。でも、年上好きが変わってるなんてことはないわよ」

「年上は年上でも熟女なんだ、僕が興味があるのは・・・」

「えっ、ホントに?」

そう聞いて目を丸くする叔母さん。
しばらく僕の顔を見つめていました。

「でも、どうして?」

「さあ、どうしてかな。自分でもよく分からないよ」

「ふ~ん、そうなんだ。・・・ねえ、熟女とエッチしたことがあるの?」

コクンと頷く僕。
すると叔母さんは興味津々な顔で詳しく聞いてきました。

「相手はどんな人?」

「友達の母親だよ」

「嘘っ、信じられない!・・・ホントに?」

また頷くと、呆れた表情の叔母さん。
そして、「熟女と言えば私も熟女だけど・・・」と言いました。
苦笑いする僕。
それからです、叔母さんが僕を見る目が違ってきたのは。

それからしばらくしてマンションに戻りましたが、叔母さんは「汗かいたでしょうから帰る前にシャワーして行きなさい」と言ったのです。
遠慮せずにシャワーを浴び、ついでに髪も洗ってドライヤーで乾かしてからパンツ1枚で出ると、いつの間にか叔母さんはベッドの上で寝ていました。
少し酔っていたのと疲れもあったのか、大の字になり、無防備な格好で寝ています。
股間を見ると短パンの隙間から水色の下着が見えていましたし、はみ出ている陰毛も確認出来ました。
こうなると、熟女好きな僕が何もしないで帰ることなど考えられません。

寝息を立てている叔母さんの綺麗な顔を見てから唇を重ねました。
叔母さんは目を覚ましません。
もう一度重ねてから舌で唇を舐め回しました。
それでも起きないのでTシャツの上から胸を触りました。
揉んだら起きそうな気がしましたが、軽く揉んでも大丈夫でしたので、調子に乗った僕はTシャツの中に手を突っ込んで直接揉むことに。
するとここで何やら寝言を言いながら横向きになった叔母さん。
膝を『く』の字に曲げています。
それで僕は、後ろから添い寝するような感じで抱きつくことにしたのです。
ベッドに静かに上がり、同じ格好で寝転ぶと、お腹の辺りから短パンの中へ右手を入れ、敏感な部分へ。
左手は首の所から回して胸の上へ。
同時に刺激しはじめると、さすがに叔母さんは目を開けました。
そして自分の置かれた状況を理解して驚きました。

「翔ちゃん・・・!何をしてるの、やめなさい!ダメでしょ、こんな事したら!」

「僕は叔母さんとこんな事がしたいんだ!」

「何バカなことを言ってるの!やめなさい、怒るわよ!」

そう言った叔母さんですが、僕が股間に置いていた右手で大事な部分を擦ると息を荒げ、「ああっ!」と喘ぎ声を上げました。
それでも「ダメ!やめなさい!」と言いましたが、感じてきたのか、その後の言葉が出てきません。
そして僕が下着の隙間から手を入れ直して直接クリトリスに触れると、もうほとんど喘ぎ声だけになりました。

「そ、そんなこと・・・ああ~~ダメ~~っ、もう知らないから~~っ、あ~~っ」

叔母さんの顔を強引にこっちに向けさせ、唇を奪ってから舌を入れ込むと、叔母さんも入れ返してきました。
そしてついに僕に覆いかぶさるようにして求めてきたのです。
生温かい舌のザラザラした感触と熟女の匂いに僕のチンポはもうビンビンになっていました。
Tシャツを脱がせ、ブラを取り去ると、細身の身体には少し不似合いな豊かな乳房が露出しました。
重力に負けて少し垂れていましたが、熟女好きな僕にとってはそれがいいのです。
押し倒して夢中でしゃぶり付きました。
叔母さんも乳首を吸われるのは久しぶりな様子です。

「あ~~乳首!乳首!」

ずっとしゃぶっていて欲しそうでした。
それから短パンと下着を自分から脱いだ叔母さん。
もう僕のことを甥だとは思っていない様子です。
足を広げて自分でクリトリスに触れながら妖しい目つきで訴えています。
何をして欲しいのか理解した僕は股間に移動するとクリトリスを刺激して、膣穴に指を入れゆっくりと出し入れしました。
叔母さんのマンコは、さすがにビラビラが黒ずんでいましたが、卑猥な形でエロさ満点。
指を抜き取るとネバネバしたものが糸を引き、嗅ぐとたまらない匂いがしました。

「やだ~っ、嗅いだらダメ~っ!」

恥ずかしがった叔母さん。
でもクンニをしてあげると、「あ~嬉しい~。翔ちゃん、もっと舐めて~お願~い!」と哀願しました。
マンコ全体を舐め上げると満足したようで、「今度は私が食べたいな」と言ってフェラしてくれました。
咥えてから口の中で舌を動かすのが上手で、吸い上げては離すのを繰り返してくれました。

「ここも感じる?」

そう聞いてから玉袋も。
上手過ぎるフェラに僕のチンポは今にも爆発しそうな感じ。

「叔母さん、出ちゃうよ!」

「まだよ、まだ出したらダメだからね!」

そう言って四つん這いになると、お尻をこっちに向けて・・・。

「さあ入れて!」

「生でいいの?」

「いいわ、心配しないで!」

穴の位置を確認して一気に突っ込みました。
突っ込んだ途端、「ああ~~っ!」と、顔をしかめて声を張り上げます。

「翔ちゃん凄~い!そのまま思いっきり突き上げて!」

リズム良くパンパンパンと打ちつけてから、腰を手で引き寄せ、ズコーン、ズコーン!と突き上げました。
突き上げるたびに叔母さん「はあ~~っ!」と叫び、最後は手で体を支えきれなくなり、顔と胸をベッドに伏せながらよがっていました。
もっと気持ち良くさせたかったのですが、僕の方がもう保ちませんでした。
最初のザーメンがピュっと飛び出してしまい、叔母さんの許可も待たずに、結局続けざまに中出ししてしまったのです。
でも叔母さんはイッてぐったりしていますし、しばらくしたら笑ってたので大丈夫みたいです。

叔母さんとエッチをしたのはこの時だけです。
さすがに叔母さんも“いけないこと”だと思って我慢しているみたいです。
でも、マンションに訪ねて行けば絶対にやらせてくれると思っていますけどね。