マンションの一室でひっそりと開業している、中国式の圧の強い足ツボマッサージに通っていた。
先生は50歳を越えた年配の日本人男性で、中国人の女性助手が1名在籍しているようだった。
部屋に施術台は2台あって、同時に2名のお客をを引き受けられるようだった。
中国人の助手は170センチ近い大柄で、女子ゴルファーの福島晃子似の巨乳巨尻で結構好みだったが、足裏は日本人の先生が専門らしく、これまでのマッサージはすべて男の先生が担当だった。

ところが先日電話で予約を入れたら、希望の時間に先生は不在で、代わりに中国人助手が担当になるがそれでもいいかと聞かれた。
もちろんOKだった。
電話を切った瞬間に股間はモッコリしていた。
巨乳巨尻を犯すチャンスだ。

予約した18時に伺うと、白衣を破かんばかりの巨乳巨尻を揺らして中国人助手がにこやかに出てきた。
施術はいつもタオルを1枚、体に巻いて受ける。
素っ裸になって用意された大きなタオルを体に巻き付けたが、タオルの下には、レイプの妄想だけですでに勃起しているチンチンがあった。

最初は大人しく足裏のマッサージを受けるが、受けていない方の足が巨乳に当たって気持ちいい。
何度も当っても嫌がっていないようなので、当たった瞬間にこちらからも巨乳に刺激を与えてやる。
俺のチンチンはさらに勃起してタオルはテント状態に。
滅多にやらない足ツボを一生懸命にやっているせいで勃起が目に入らないのか助手は平然と施術していたが、足裏からふくらはぎが終わって太腿のマッサージに移った時、目の前の勃起にさすがにハッと息を呑んだのがわかった。
しかし助手はすぐに平気な顔で太腿のマッサージを続けたが、その手がチンチンに当たるたびにさらに勃起していき、とうとうタオルが外れて、ビンビンに勃起した生チンチンを助手に見せつけてやった。
助手は目を点にしてしばらくチンチンを見ていたが、恐いのか恥ずかしいのか黙って俯いた。

「ゴメンね、気持ちいいから大きくなっちゃって」

謝りながらタオルを巻き直すが、すぐにタオルが再び外れて勃起が登場する。

「ダメだなぁ、しょうがないからタオルは無しね」

生のチンチンを見せさせたままでマッサージを続けさせるが、ちょくちょく助手の手に当たるので勃起は収まるどころか勢いを増すばかり。

「ねえ、ちょっと手を貸してくれたら小さくなるんだけど・・・」

そう言って助手の手にチンチンを握らせた。

「追加料金を払うから。いつもの倍でいいよ、8000円。先生には4000円渡せばいいから」

恐いのか、身を強張らさせて顔を背けながら勃起したチンチンを手コキする助手。
そろそろ一気に決めてやろうと思い、「なかなかイカないから、やっぱその乳を揉ませて」と襲いかかる。

「いや、やめてください、だめ」

日本語と中国語で叫んでいるが、白衣を捲りあげてやるとノーブラで真っ白な巨乳が現れたので、むしゃぶりついて揉みしだいた。
施術台をベッド代わりに上からのしかかって、巨乳の谷間に頭を突っ込んで顔面パイズリを楽しむ。
助手は大柄で巨乳だが、俺も90キロを越えているので逃げたくても逃げられない。
助手に乗ったまま身体を反転させてスラックスを脱がしにかかる。
白くて大きなオバサンパンツを脱がすと、ぼうぼうのマン毛が現れた。
まったく処理してなさそうだ。

本当はおまんこを弄り回してグチュグチュにしたかったが、予約時間の半分が過ぎそうだったので、きつく閉じた股に手をこじ入れて、濡れていないおまんこをちょっと弄ってから唾をつけて挿入した。
正常位でガンガン突いてやると、巨乳が面白いように弾む。
それだけで興奮してすぐに果てそうだったので、ひっくり返してバックでも突きまくった。
肉の詰まった柔らかな巨尻をパンパン突いてやると、気持ちいいのかジュボジュボとおまんこが濡れだしてきた。
おまんこの襞肉がチンチンに絡みつき、締め付けてくる。
我慢できずに中出ししてしまった。
俺は速攻でズボンを穿いて、8000円だけ置いてマンションを出た。