僕の秘密のエロい体験です。
僕が高1の時に高3のお姉ちゃんにいたずらで手コキされて、そのまま射精させられてしまいました。
ちなみに僕はお姉ちゃんのことを当時から今も家族内では「お姉ちゃん」と呼んでいますが、それは子供の時からの流れで、決して仲良し姉弟というわけではないことを先に話しておきます。

高1の頃の僕は、高3のお姉ちゃんとは家でもぶっきらぼうな事務的な会話しかしないくらいでした。
仲が悪いというわけではないけれど、お互い身体が大きくなってくると、家族とはいえ男と女ですから、仲良く本音で話すのが気恥ずかしいのです。
食卓の会話もそれぞれ両親を介しては話すけど、高校も別なので共通の話題もなく、直接的な会話はほとんどありません。

しかし両親が外出して2人で留守番をしていた日曜日。
そんなお姉ちゃんが、いきなり僕の部屋に入ってきました。
外出の予定がないのか、パジャマ代わりの綿のファンシー柄のピンクと黄色の膝丈ワンピース1枚です。
僕はそのときベッドで漫画を読んでいたので、「なんだよお姉ちゃん、勝手に入ってくんなよ」と応じると、「ちょっとあんた!」といきなりのケンカ口調。

(まさか!先月、俺が洗濯機の中のお姉ちゃんの生理用パンツをこっそり嗅いだのがバレたのか?)

そう思いましたが、違いました。
ちなみに、そのパンツはめっちゃ臭くて、嗅いだことを後悔しました。

「ちょっとあんた、聞いてもいい?クラスの男子から聞いたんだけどさ、男子って中学生になったら全員オナニーするって本当?でも、あんたって根暗だし、恋愛なんて無縁じゃん?あんたみたいな男子もオナニーすんの?てか、あんたいつからオナニー始めたの?」

久しぶりの姉弟の会話にしてはずいぶんぶっこんできました。
まあ、お姉ちゃんは昔からそうで、僕に対しては高圧的なのです。

「別に関係ないだろ?」

僕ははぐらかしました。
ちなみに、答えは中2。
家の中を下着同然の格好で歩き回るお姉ちゃんをおかずにしたことも何度もありました。

「ちょっと教えなさいよ~」

お姉ちゃんはうつ伏せになって漫画を読んでいる僕の背中に跨がり馬乗りになってきました。
腰の後ろにもろにムニっとしたお姉ちゃんの股間の感触が伝わってきました。
一緒に暮らしているとはいえ、お互いが大人の身体になってからはこんなことは初めてです。

「お姉ちゃん、重いよ!」

僕は一応抵抗しましたが、内心は(やばい、勃起しちゃった)と焦っていました。

「ゴメン!」

お姉ちゃんは僕に馬乗りになって、つまりワンピース越しに股間を押し付けながら謝ってきました。

「最近、高校で男子と女子でそういう会話をするのが流行ってて、結構盛り上がるのよ。私は家にあんたがいるから、友達から男の身体のことを色々聞かれてさ。そういうのって男の兄弟いないとわかんないじゃん?他のお兄ちゃんがいる女子とかは結構知ってんだけど、私はあんたとあんまり話さないから、ちょっと聞いてみたくなっただけ」

わかるんだかわからないんだか微妙な説明をしてきました。

「まあつまり、お姉ちゃんは僕から男の身体の情報を聞き出して、女の友達に自慢したり、大人ぶったりしたいわけだ。高3にもなって今さら」

僕は皮肉たっぷりに言い返しました。

「まあ、そういうこと」

そう言うとお姉ちゃんは僕の股間にタッチしてきました。

(やばい!勃起してるのに!)

「あ、何?あんた、大きくなってるの?」

お姉ちゃんはびっくりして僕の背中から股間を離して、さっと後ろに仰け反りながら言いました。
僕は身を起こしたのですが、それで逆にお姉ちゃんのワンピースの中のツルツルした水色のパンツが丸見えになっていました。

(お姉ちゃんはどこまでも無防備だな・・・)

「いや、その・・・なんかごめん。でも興味ある。触ってもいい?」

「だめだよ」

「小さい頃はよく触ってたじゃん」

「それは小学生までだろ」

僕は拒みましたが、お姉ちゃんの好奇心は止まりません。

「大人しくしなさい!」

僕を押さえつけて、硬くなったペニスをズボンの上から大きさを確認するように撫で回してきました。

「へ~、あんたもいつの間にか男だね~。毎日オナニーしてんの?」
「好きな子はいるの?」
「オナニーを我慢するとどうなるの?死ぬの?」

などと言いながらどんどん触ってきて、ついにズボンを脱がされてしまいました。

「うわ、でっか!あんた、いつの間にこんなになってんの?」

お姉ちゃんは指先でツンツンと僕のカリ首をつついて弾力を確かめていました。
そこまでされた頃には、僕は恥ずかしさから来る抵抗よりも、このままお姉ちゃんに触ってもらいたいという願望が勝っていました。

「ねえ、なんで大きくなったの?もしかして私?何?やばくない?姉弟だよ?」

「しょうがないだろ・・・」

僕はペニス丸出しでボソボソとしながら言いました。
その後も、「ねえねえ、オナニーってどうやってんの?」とお姉ちゃんの好奇心は止まりません。
僕は、「こうやってシコシコと・・・」と手を輪っかにしてオナニーのポーズをして見せました。
当然のようにお姉ちゃんは、「やって見せてよ」と要求してきます。

「そんなもん見てどうすんだよ?」

「友達に弟のオナニーを目撃したって自慢する!」

「バカかよ、お姉ちゃん」

そんなやり取りをしましたが、僕の大きくなったペニスは上を向いたまま行き場をなくしていました。

(お姉ちゃんに言われた通り、ここでオナニーして一発抜くか?っていうか、お姉ちゃんが手コキとかしてくれたりしないかな?)

僕は妄想しました。
姉弟って、会話がなくても通じ合うものがあるのでしょうか。
お姉ちゃんは自分の手を僕がさっき見せた輪っかの形にして、「こう、かな?」と見様見真似で擦りはじめました。
お姉ちゃんの手は細くてひんやりしています。
それがまた女って感じがして、めっちゃエロ気持ちよかったのです。

「ああ!やばい!」

僕はお姉ちゃんにペニスを擦られながら思わず声を上げました。

「気持ちいいの?なんで?あんたのお姉ちゃんだよ?」

「仕方ないだろ。やばい!」

僕はペニスに感覚を集中しつつ、目の前で胡坐をかいて、むっちりした水色パンツを無防備に見せているお姉ちゃんの股間をガン見しました。
綿のワンピースの下はノーブラなのがわかります。
もう相手がお姉ちゃんとか関係なしに、薄着の女の人が冷たい手で僕のペニスをおっかなびっくり擦ってくれているというやばい状況です。
僕はもう快感に意識を集中するだけでした。

「お姉ちゃん、もうすぐ出ちゃうからティッシュで受けて」

僕は頼みました。
そしてお姉ちゃんの手コキで僕は射精に導かれました。

ドックンドックンドックン・・・。

ペニスが脈打ちはじめるとお姉ちゃんがティッシュを用意して、射精すると精液はティッシュからこぼれました。
お姉ちゃんは初めて見た白い精液を眺めながら無言で感動しているようでした。
その後、お姉ちゃんは僕のズボンを元通りにすると、「ごめん。ありがとね。助かったわ」と言葉少なに部屋を出ていきました。

その後、さすがにお姉ちゃんは弟相手にやりすぎたと思ったのか、僕との身体の接触は避けるようになり、家の中でも僕がお姉ちゃんに欲情しないように、今までほど無防備な格好はしなくなってしまいました。
もちろんお姉ちゃんも僕も、親には絶対にこの事がバレないようにしましたし、お姉ちゃん自身も最初は友達に自慢するネタを作ろうとしたのかもしれませんが、さすがに誰にも話してないようです。

ただ・・・僕はと言うと、お姉ちゃんの冷たい手の感触は今でもありありと思い出すことができ、甘酸っぱい青春の思い出として刻み込まれています。
お姉ちゃんに触られて感じちゃって射精しちゃった僕って、やっぱり変でしょうか?