初めてヘルスで生中出しさせてもらった話です。
学生の頃にはお金もなくて風俗にはなかなか行けなかったんですが、社会人になると貯金もせずに足繁く通ってしまった時期がありました。

あれは5年ほど前。
名古屋の場末な風俗街、◯◯根界隈に足を延ばしてみた日のことでした。
その店は女の子の顔見せがなく、アルバムで選ぶシステムでした。
ギャンブルになることが多く嫌う人もいますが、ひとつの長所は、まだ入店して日が浅い子は簡単なポラロイドなので分かりやすいことです。
風俗に通いながらも素人っぽさを求めるのが男の性ですよね。
それに入ったばかりの子は、意外にも本番しやすいんです。

写真がポラロイドだった、麗花(仮名)を選びました。
案の定、その日が初出勤だそうです。
長髪でスレンダー、肌がきれいで、派手ではないけれど整った顔つき。
街で見かけてもふと目で追ってしまう、そんな印象の女の子でした。

(写真よりいい!)

確か当時22、3歳くらいだったと思います。
シャワーを浴び、身体を拭いてもらいます。
話しかけても無口な麗花。

(あ、こりゃハズレかな?)

と思いきや、ベッドに横になってからは仕事熱心かつ積極的でした(笑)
やや小振りな胸を、薄目な唇を、体中に繊細に時に大胆に押しつけてきます。
このままではすぐにイカされてしまうと感じた僕は攻守交代を告げました。
ところが、攻める前から麗花のそこはかなりトロトロでした。
相手を攻めることでも感じてしまうタイプみたいです。
しっかり攻めてあげると面白いように感じてくれました。
僕のほうも、攻めながら勃起が痛いくらいになってきました。

「あん、もう、ね?お願い・・・」

このお願いを聞き間違える男は世の中にいません。
僕にはもう、「あん、もう(焦らさないで)ね?お願い(入れて)」としか聞こえませんでした(笑)

M字開脚の姿勢を保ったままキス。
きれいに剥いたクリトリスを亀頭でさらに刺激すると、先が膣口にするっと入りかけます。
それでも変に身をよじったり避けたりする様子もなかったので、そのまま黙って腰を落として挿入してしまいました。
ヘルスで味わう挿入感。
この“悪いことをしてる感”がたまりません。
もう仕事を忘れて自分の世界に入ってしまった麗花は、まるで恋人同士のように舌を絡ませながら腕を回してきました。

(店員に見つかる前にガンガン腰を振っとかないと!)

合体した2人はまっすぐ絶頂へ向かって駆け上がります。
正常位からバックへ、再度密着を求めて正常位へ。
体位を変えるたびに麗花の声色が変わっていきました。
もう何度かイッてしまったようで嗚咽のような声を漏らしています。
どこに出せばいいか確認しましたが返事はありません。
期待通り、いや、それ以上の展開!
遠慮なく腰を振りまくり、溜め込んだ濃い精液を麗花の子宮にドクドク・・・。
ああ、達成感。
いつもより強く長い射精の脈動。
生中出しって、ホントに一体感があります!

もう麗花は完全に僕のお気に入りに加わりました。
ところが、次も指名しようと電話をしたときには、もうお店を辞めてました。
生中出しさせてくれるいい子だったのに残念です。