私は大学2年生の後期に障害者の子供と遊ぶボランティアサークルに入りました。
大学2年生の後期と言えば就職活動が始まる時期で、先輩から「ボランティアをすると面接で有利になるよ」と言われたので、今さらですがサークルに加入したんです。

私が加入したボランティアサークル『ひまわりの会』は、部員こそ多いのですが、実際に活動している人は5人程度です。
毎週金曜日に養護学校に行って障害を持った子供たちと遊びます。
私は子供が好きというわけではないので一緒に遊んでもあまり面白くありませんが、子供が喜ぶ姿を見るのは気持ち良かったです。

ひまわりの会では月に一度、交流会を開いているらしく、新入部員の私は部長から「参加して欲しい」と言われました。
これからみんなと仲良くするためにも交流会に参加するのはとても大事なことに思えたので交流会に参加しました。
今回の参加メンバーは男性が6人、女性が3人の合計9人。
女性は3人とも初めて交流会に参加するメンバーでした。

交流会は学校の近くの居酒屋で行なわれ、飲んで食べて騒いでとても賑やかでした。
男性のほとんどはビールを飲み(中には日本酒を飲む強者も)、女性はカクテルなのかチューハイなのかよくわからないお酒を飲みました。
お酒を飲んで1時間ぐらい経過すると、私を含め他の女性もそわそわするようになりました。
なんだか体が熱いんです。
喉が渇く感じがするので飲み物を頼むと、また部長が同じお酒を注文しました。

「暑いのでお冷が欲しいです」

部長にお冷をお願いすると、お品書きをうちわ代わりにして仰いでくれました。
他の女性2人(ミキホさんとチズコさん)も顔を真っ赤にしています。
ミキホさんはスカートを穿いているのに、足を開いてしまってパンツが丸見え状態です。

「ミキホさん、見えちゃってる・・・」

私は耳元でミキホさんに伝えたのですが直そうとしません。
チズコさんの周りには男性部員が集まっていて、チズコさんの楽しそうな声が聞こえています。
この交流会・・・何かおかしいです。

飲み放題の時間が終了したので、そこで交流会はお開きになる予定だったのですが、なぜか部室で2次会をやると部長が言い始めました。

「2次会に参加する人、手を挙げて!」

私以外の人全員が手を挙げました。

「えー、1人だけ帰っちゃうの?新入部員の歓迎会なのに?」

結局、私は強制的に2次会に参加させられてしまいました。

全員で部室に行くとすでにお酒と摘みが用意されていて、男性はビールを配られ、女性は部長が用意したカクテルの原液を炭酸水で割ったものが配られました。
この時、お酒を入れている部員が小瓶のようなものを取り出し、数滴をカクテルに垂らしていたのを私は見てしまいました。

(体の調子がおかしいのはあれが原因?)

私はお酒を飲むふりをしてミキホさんとチズコさんの様子をチェックしました。
1人の女性に3人の男性がついて、服の上からおっぱいを触ったりスカートを捲られたり、散々な状況になっていました。
部長は私が警戒しているのを見抜いたみたいで・・・。

「お酒、飲まないの?飲まないなら飲ませてあげるよ」

そう言って、無理やり飲ませようとしてきました。
頭の中は冷静な状態を保てたけれど、居酒屋であのお酒を飲まされてから、すでに体は火照った状態になっていました。
部長がお酒を口に含んで無理やりキスして口移しで飲ませてきたので、必死になって抵抗しました。

「いるんだよね、勘が良くて気づいてしまう子が」

部長は慣れた感じで口移しで飲ませて、私の自由を奪っていきました。

「さあ、後は楽しむだけ」

部長にキスをされてからは、他の男性部員も代わる代わるキスをしたり、体を触ってきたりしました。
それだけですごく気持ち良くなってしまい、私は彼らのことを求め始めていました。
ミキホさんはすでに他の男性部員とセックスしていて、チズコさんは電マをクリトリスに当てられて悲鳴のような喘ぎ声を出していました。

(私も・・・私も気持ち良くなりたい)

私は自ら男性部員のパンツを脱がしてフェラチオを始めました。
ほとんどの男性がすでに大きくなっていたので、四つん這いにされてすぐにアソコに挿入されました。

「あぁぁ・・・」

すでに私は処女ではありませんでしたが、そんなに男性経験は多くありませんでした。
経験人数は2人です。
そんな私の身体を9人の男性部員が代わる代わる弄んでいます。
1人はおっぱいを舐めて、別の1人は乳首を吸って、口の中に大きいものをねじ込まれて、そしてアソコは何度もピストン運動をされて・・・。
男性全員が3人の女性を犯した後は、自分の好きな女性を選んで激しいセックスを続けていました。

「もっとちんちん入れてぇ~」
「私の口の中にちょうだい」
「き、気持ちいい~」

女性3人は男性に犯されて激しく感じて、ただ快楽を求めるだけのセックス奴隷になっていました。
2次会が始まって2時間が経過する頃には、ほとんどの男性が精力を使い果たしていました。
でも私達女性はもっともっとエッチがしたくて・・・。
ダウンしている男性のおちんちんをフェラチオして無理やり立たせようとします。

「ごめん、もう無理」
「俺も無理ー」

最初はあんなに勢いよく私たちを犯してきたのに、好きなだけ精子を出した後は全く相手をしてくれません。
精力が尽きた男性部員は服を着て帰っていきました。
でも、もう頭の中がエッチなことでいっぱいになっていたので、最終的には女3人でお互いの体を触ったり舐めたりしました。
ミキホさんのアソコからは精子の匂いがしてすごくいやらしかったので、愛液と性液が混じったアソコをきれいに舐めました。
チズコさんは私のアソコを舐めてくれて、ミキホさんはチズコさんの大事なところを舐めていました。
お互いがたまにお漏らししたり、アソコが緩んで精液を漏らしてしまったり、私たちは体の火照りが取れるまでお互いの体を慰め合いました。

私が正気に返ったときには部長と男性部員が1人だけ残っていて、私たちのレズプレイをスマホで撮影していました。

「いいもの見させてもらったよ」

もう怒る気力も残っていなかったので、そのまま私達3人は家に帰りました。

ひまわりの会は表向きはボランティアサークルですが、裏では女性部員に媚薬を飲ませて乱交パーティーをする卑劣なサークルでした。
しかし私達3人は今もひまわりの会に在籍しています。
3人でエッチした時のことが忘れられないんです。

(また媚薬を飲んでエッチなことがしたい・・・)

この春、大学3年生になった私は、新入生を2人勧誘しました。
私好みの女の子が入会してくれたので、彼女たちとのエッチが今から楽しみです。