小学校6年のときのクラスメイトで、みんなから「ゴリラ」といじめられている女の子がいた。
その子はどう見てもゴリラに見えないし、いじめは女子たちの悪ノリからクラス全体に派生したものと思われる。
僕は傍観者。
可哀想だなと思いながら見ているだけだった。

中学生になると、彼女は完全なるヤンキーに姿を変えた。
もともと顔は美形でスタイルも良かった。
成長期だからさらに美しく成長した。
なぜゴリラと言われていたのかさっぱり分からない。

ある朝、彼女は爆音を響かせる多くのヤン車に送迎されて登校してきた。
あっという間に学校中の有名人になった。
どういう経緯かは分からないけど、彼女は地元で最大勢力の暴走族の総長の女になったようだ。
ヤンキー雑誌の人気投票で全国2位になってるのには驚いた。

その日を境に彼女は学校一の勢力を誇るようになる。
バックが怖くて、男子もビビって気軽に話しかけられない。
たまに学校に来て教室にいるだけで緊張感が走る。
気紛れで何人かのヤンキーたちと遊び気分で登校していたみたいだ。

そして彼女の復讐となるいじめが始まった。
小学校の時にいじめた連中が彼女のターゲットだった。
学校でたまに目にするが、先生も生徒も見て見ぬふり。
泣きながら許しを乞う生徒もいた。

そんなある日の休み時間、彼女が僕の所にやってきて、「久しぶり~」なんてテンションで話しかけてきた。
こっちも小学校の頃から知ってるし、昔はやさしかったから普通に話した。
それからは登校した時はいつも僕の所に来て話していった。
ちなみに僕は至って普通。
ヤンキー度はゼロ。
なぜ彼女が僕の所に来るのか結局聞かないままだったけど、まったく普通の男子生徒と美形のヤンキーが休み時間に2人で楽しそうに話してるのは異様な光景だったと思う。
なんとなく気分が良かったし、周りからも不思議がられたけど、おかげで平和な学生時代を過ごせた。
たぶんだけど・・・小学校の時、クラスで僕だけが普通に接してたから、それで彼女は何か感じてたのかもしれない。

そのまま中学は卒業して高校に入学。
夏休み、ファミレスでバイトをしてると、偶然彼女が友達と現れた。

「おー、久しぶり」って感じ。

それから彼女はたまに来てくれるようになった。

ある日、「バイトが終わったら遊ぼう」と言われて、ヤンキーらしくゲーセンに連れて行かれた(笑)
夏だからタンクトップの彼女。
アイスホッケーみたいなゲームをしてると、胸の膨らみがエロいし、顔も可愛いからめちゃくちゃ楽しかった。
彼女はやさしかった。
とても総長の女とは思えない・・・。

その後、夜の公園で2人で酒を飲んだ。
僕は缶ビール1本でヘロヘロ。
当時はまだ酒もろくに飲めなかった。

すると彼女は、「小学校の時・・・◯◯(僕)のことが好きだったんだよ~」と明るく言った。

全く知らなかった。
いじめなかったから、それだけでやさしいと思われたのかもしれない。
そして、「今は彼氏がいるけどね」と話してくれた。
もちろん総長なんだけど、そこはお互いスルー。

衝撃的な話も飛び出した。
仲良くなった先輩ヤンキー達に集団レイプされて初体験したこと。
いじめや家庭のこともあって彼女はグレていったんだと思うけど、それも大きな要因だったらしい。

そんな話をしていると、彼女はエロいし、こっちは血気盛んな高校生だし、正直やりたくてたまらなくなってきた。
(まだ童貞だったのもあるのかも)
彼女は、彼氏から冷たくされて、最近はあまり会っていないとか言うし。
でも、総長のことを考えると何もできないチキンな僕。
彼女はそんな僕の気持ちを察したのか、「キスしようか?」と言ってきた。

そこまで言われたら我慢できるはずもなく・・・。
僕は初キスをした。
柔らかい身体。
夏の汗と女の良い匂いがたまらない。
キスした後で彼女は、「秘密ね」と一言。
それでこっちはもう我慢できなくて、彼女に「したい」と告白した。

2人で彼女の家に移動した。
部屋はやっぱピンクとかヤンキーっぽいんだけど、キティちゃんとかミッキーとかのぬいぐるみもあって、なんか可愛かった。
彼女のベッドでいよいよ初体験。
最初にも書いたけど、ヤンキー雑誌の人気投票で全国2位にもなったことがあって、当時はベスト3の常連だった。
そんな美人な彼女を抱いているという信じられない感覚。
とりあえず正常位で、なんとなくという感じだった。
初めてだからまったく上手くはいかなかったけど、彼女はとても優しくしてくれた。

彼女とはこの1回だけ。
懐かしい思い出です。