僕の親父は一時期、渓流釣りやキャンプにハマっていて、その時に買ったキャンピングカーが家にありました。
しかし、なんだかんだ維持費がかかったり、キャンピングカーに泊まるよりも交通機関で移動して現地の宿に泊まるほうが安上がりだったりして、手放すと言い出しました。
僕はちょうど社会人1年目で車が欲しかったこともあり、親父に「本気か?こんな車、持ってても不便なだけだぞ」と言われながらも譲り受けました。

そんなわけで僕は社会人1年目でキャンピングカーを手に入れたのですが、さっそく持て余していました。
そんな時に、学生時代の友達の10人くらいの飲み会で、ともみと隣の席になり、その話をしました。
ともみは好奇心旺盛でなんでもやってみるタイプ。
社会人になってから、同僚の影響で軽登山を始めたこともあり、キャンピングカーへの食いつきは相当なものでした。

「じゃあ今度見に来る?」

誘うとあっさりOK。
夏真っ盛りの翌週末にともみが僕の家にやってきて、早速駐車場にキャンピングカーを見に行きました。
ともみは夏らしく、黄色いタンクトップにサファリハット、風通しのよさそうな足首まであるアジアン柄のロングスカートです。

「ヤバッ、超本格的じゃん。あんたこれ、どうすんの?」

「古いし、まだどこにも行ってないんだけど、手放すのも勿体ないから」

「そうだよね~、勿体ないよ~」

とりあえずキャンピングカーのエアコンを付けて乗り込んで、車内でともみと2人きりになりました。
外は暑かったので、ともみのタンクトップに染み込んだ汗の匂いも感じられます。
ともみは「これ、いいよ~!」と大興奮で、収納式の戸棚やテーブル、据え付けのカセットコンロとか冷蔵庫を片っ端から見て回ります。
車の中は狭いので、すれ違うたびにともみのお尻と僕のお尻が触れたり、ともみの柔らかい二の腕が僕の肩をかすめたりして、その時点で僕はムラムラしていました。

車の冷蔵庫にドリンクを冷やしてあり、ミネラルウォーターを車のコンロで沸かしてカップ麺を作り、椅子も出してともみに振舞いました。

「寝る時はどうすんの?」

「こうやってソファーを畳んで1つにして・・・。で、ブラインドを下ろして運転席のカーテンを閉めて・・・」

僕が実演して見せると、2人が寝そべるのがやっとの広さの完全密室が出来上がりました。
一応並んで寝そべってみます。
肩と肩が触れ合う気恥ずかしくなるような距離で、ともみと2人で並んで上を向いて横になりました。
大人2人だと寝返りも打てない狭さです。

一応言っておくと、僕とともみは今まで全然そういう関係ではありません。
でも、お互いの匂いまで感じられる距離感、夏の薄着の生々しさ、いつもと違う非日常感、完全な密室で外から隔離されている空間が僕たちをおかしくしました。

ともみ「これなら普通にできるじゃん」

僕「できるよね」

ともみ「できるよ~、ヤバ!」

セックスを匂わせる会話が合図になりました。
僕はくるんと回転して、ともみに覆いかぶさる形になりました。
ともみはびっくりした表情をしましたが、黙ってコクンと頷きました。
僕はTシャツを脱ぎ捨てて上半身裸になり、それからともみのタンクトップの谷間にしゃぶりつきました。

「ふう~」という長い熱いため息がともみの口から漏れました。

立っている時は谷間ができていましたが、ともみは仰向けに寝そべっているので、柔らかいおっぱいが潰れて広がって谷間が消えています。
でも、おっぱいの谷間だった部分にしゃぶりつくと、ともみの汗のしょっぱい味がしました。
お互いの首筋を舐め合ったりしていると、すぐにお互い汗だくになっていました。

ともみ「やばい、暑い!」

僕「じゃあ脱ぎましょう!」

ふざけてともみの汗で湿ったタンクトップを万歳させて脱がしました。

ともみ「なんか変な感じ」

気まずそうに言いますが、内心ともみも楽しんでいるのがわかります。
ともみがしていたブラの肩紐はビニールの透明の物で、つるんとしたカップには赤い花と緑の葉っぱがプリントされていました。
とにかく勢いが大事なので、僕は背中に手を回してホックを外してブラを取りました。
これで2人とも上半身裸です。
ともみが僕の乳首を舐めてくれます。
僕も、ともみの白くてすべすべのおっぱいを揉み、唇の色よりもちょっと濃いくらいの乳輪と乳首を吸いました。
吸うごとにともみの乳首は硬くなり、ともみは「ああ、どうしよう、変な感じ。不思議な感じ」と言いました。

乳首の刺激でともみのエロスイッチが完全に入り、僕はハーフパンツと一緒にボクサーパンツも脱がされました。
ベッドの上に立膝になると頭が車の天井に付きそうです。
四つん這いになって犬のようにフェラを始めたともみ・・・。
おっぱいが垂れ下がっているのがますますエロいです。
僕はフェラされながらアジアン柄のロングスカートを下ろしました。
むっちりと丸い肉付きのいいお尻を包むフルバックのパンツ。
ブラと上下が揃っていませんが、むしろそんなつもり来たわけじゃないのに今はこんなにエロいフェラをしちゃっているともみを象徴しているようで胸熱です。
エアコンのゴーという音と、ともみのフェラの音が密室に響きます。

フェラが一段落すると、四つん這いのともみの後ろに回りました。
紺色パンツのつるつるしたお尻を堪能した後、ベロンとひん剥いて、おまんことアナルを露出させました。
夏なのに毛は処理されていなくて、生々しいともみの日常を犯しているような感覚がありました。
前から手を回しておまんこを弄ると、「やばい、やばい!」とともみは声を上げましたが、構わずお尻の肉を引っ張るようにしておまんこを広げ、舐めまくりました。
アナルもペロリと舐めました。

「ああ、ああ~ん!」

ともみのよがり声が最高潮になったところで、「後ろから入れるよ!」と宣言をして、頭を天井にぶつけないように注意しながらバックで挿入しました。
ともみは僕のピストンの勢いで前に進まないように、車の壁で身体を支えています。
僕はとにかく一番奥の反応がいいところを亀頭で突き続けました。

「当たってる!気持ちいい!やばい!イク~~!」

ともみが叫びながらイッている最中、僕は間に合わずに半分くらい中に出してしまいました。
残り半分は、抜くときにともみのお尻にぶちまけました。
ともみのおまんこからどろりと僕の精液が垂れてきました。
お互い汗だくで、全裸のまましばらくキャンピングカーのベッドで休みました。

「中に出ちゃったけど大丈夫?」と聞くと、「今日は大丈夫だと思う」とともみが言ったのでひと安心しました。

ちなみに、その後もともみをウチに呼んでは、どこに出かけるでもなくキャンピングカーでエッチをする関係になりました。
なのでキャンピングカーにはゴムを常備しています(笑)