娘と私のことです。
離婚してシングルマザーになって12年。
今は45歳で、23歳の1人娘と2人暮らしです。
娘からのクンニを受けて3年になります。

娘が20歳になった時のことでした。
私もまだ性欲もあり、でも娘のことを考えると男性とお付き合いすることははばかられ、自慰で性欲を紛らわせていました。
まだ娘が大学から帰ってくる時間ではなかったので、ソファーの上で毛布をかけてオナニーをしていたところに娘が帰宅。
私は、「変なところを見せてゴメンね」と言い、シャワーを浴びてから夕食を作ろうとしていたら娘に言われたんです。

「お母さんは彼氏も作らずに私を育ててくれたよね。まだ若いんだし、そういうのは当たり前。気にしないで」

その後、娘は真顔で言ってきました。

「お母さん、私が手伝ってあげる。親子で女同士だけど、嫌じゃなかったら私に気持ちよくさせて」

最初は誤魔化していましたが、娘がハグしてきて・・・。

「お母さん、ずっとありがとうね。お母さんには彼氏作って幸せになって欲しい。それまでは私が手伝うから。お母さんをイカせてあげられるかは分からないけど、お母さんを女性として気持ちよくさせてあげたいの」

そう言うと娘は服の上から私の胸を触りはじめました。
久しぶりの人の手でした。
娘の手とはいえ、なんとも言えない性的な気持ち良さが蘇ってきました。
私は娘に委ねました。
服を全部脱ぎ、娘は私の乳首を口の中で転がし、吸い、甘噛みし、もう片方は指で摘んだりコリコリしたり・・・。
久しぶりの気持ち良さに、私は目を閉じて快楽を味わっていました。

1時間くらい胸を弄られ、私のアソコはすでにぐっしょりと濡れていました。
娘がの手が私のクリトリスを捉えると・・・。

「お母さん、気持ちよくなってね。いっぱい濡れてね」

そう言ってクリトリスを指で優しく擦ってきました。
私も声が漏れてしまい、今度はクリトリスにキスをして時間をかけたクンニ。
愛液が止まらず溢れてくるのが自分でも分かります。
娘は一生懸命に舐めたり吸ったり、クリトリスを口で転がしたりしてくれました。
娘に手マンされながらクンニをされていると私もたまらなくなり、娘のくれる甘い性の快楽に溺れ、最後は大量の潮を吹きながら果てました。
私は娘にもしてあげたくなって一生懸命にお返しをました。
娘も潮を吹き、その後オシッコを漏らしながらイキました。

今でも時々娘がしてくれます。
お互いに舐め合いながらイキます。
娘は私がオシッコを漏らすととても喜び、「お母さんのオマンコは可愛いし美味しいね」と言って、母親のオマンコを愛おしんでくれるのです。