その後、再び大きくなった私は、ついに妻の中に入りました。
妻が、「直接は嫌、中には出さないで」と言ったのを今でもはっきりと覚えています。
入れてすぐに出そうになったのですが、妻がすかさず腰を引いたので、結局外に放出しました。

これが私の初体験です。
ですが、妻の告白によると、このときじつはサークルの先輩と男女の関係があったそうなのです。
妻が大学に入ってすぐの頃、1つ上の先輩から告白されたそうです。
予備校時代に付き合っていた同級生とは妻が上京して自然消滅したそうですが、この彼ともまだ続きがあるそうです。

その前にサークルの先輩の話をしたいと思います。
私は、高校のときの彼に口での奉仕を仕込まれたと思っていたのですが、どうやら本格的な奉仕は大学のときの先輩に仕込まれたようです。
高校のときの男は、とにかく入れる、それだけだったようです。
大学の先輩には、どこをどのように舐めると気持ちいいかとか、ただ咥えるだけではなく、亀頭をチロチロ舐めたり、竿を横に咥えたり、奥まで咥えてから舌を使ったり、手コキしながら袋を舐めたりすると気持ちがいい、そうしたことを教えられたそうです。

「蟻の戸渡りが気持ちいい」と教えられて、そのままアナルまで舐めさせられたそうです。

色々と教えられるうちに徐々にナニが愛おしくなったそうで、寝るときにナニを握る癖は、じつはこの先輩と一緒に寝るときについたのだそうです。
この先輩によって、それまで“ただ入れさせるだけ”だった妻のセックスは開発されていったのです。
ちょうど私が妻に惹かれはじめ、デートに誘い、プラトニックな恋愛を楽しんでいるまさにその時期、妻は先輩に開発されたセックスライフを楽しんでいたわけです。

当時の妻の心理状態を聞いてみました。
つまり、二股をかけていたと思っているのかどうか。
状況的には明らかに二股なのですが、いったいどういう気持ちで2人の男性と接していたのかが知りたかったのです。
前にも書きましたが、妻は誘われると断れないと言います。
こんな私を誘ってくれたのだから、嫌われないように一生懸命振る舞わないと。
そんな気持ちになるそうで、サークルの先輩ともそういう気持ちで接していたそうです。
一方で私に対しては、自分の高校から大学までの体験からすると、あまりにも純情で一向に男と女の関係にならない日々で、いったいこの男性はどうしたいのだろうと思っていたそうです。
でも、男ならきっとエッチをすれば喜んでくれるはず。
そう思って私を部屋に誘ったのだそうです。
それまで部屋に入れなかったのは、部屋に先輩の私物が沢山あったからでした。
そうした私物を整理して、ようやく私を部屋に招いたのだそうです。

「その先輩とはどんなことをしたの?」

ここまで来たらすべてを知りたくて、聞いてみました。
口での奉仕については書きましたが、口内射精もその先輩が初めてだったことや、飲んだものその先輩が初めてだったことを告白してくれました。
男も乳首が感じることを教わったこと。
全身を舐めるように指導されたこと。
自分の性感帯を開拓されたこと。
そして、先輩から様々な体位を教わったことも告白してくれました。
正常位と座位しか知らなかった当時の妻は、その先輩に騎乗位、後背位、立位(前後)を教わり、すっかりバックが好きになったそうです。
その他、先輩の上に跨がってクルクル回ったり、様々なバリエーションを試したそうです。

先輩は車を持っていて、地方にドライブに行ったときは昼間からカーセックス、また野外プレイなどもしたそうです。
野外では、放尿や全裸で放置されているところを写真に撮られたりしていたそうです。
その他、先輩の尿を飲まされたことや、先輩が自分の尿を美味しそうに飲んだことなども告白してくれました。
どれも最初は嫌だったらしいのですが、回数を重ねていくうちにだんだん快感を覚えてしまったと言います。
その頃の私と言えば、何も知らずに妻と遊園地や映画館などでプラトニックな恋愛をしていたのですから、複雑な気分ですね。

私の所属していたサークルでは、3月にサークル全体で3泊4日の卒業旅行を行なうのが慣例になっていました。
妻が大学4年の卒業旅行のことでした。
卒業する先輩には個室に泊まってもらうのが慣例になっていましたので、妻も個室を与えられたのですが、初日の夜のコンパの後で私の同級生が妻の部屋を訪ねたそうです。
今になって思えば屈辱的なことに、そのとき私は酔っぱらって大部屋で寝ていたのです。

同級生(『G』とします)は、妻に恋愛相談に来たのだそうです。
ちなみにGは、私と妻が付き合っていることを知っていました。
Gは最初、好きな先輩(妻の友人)のことをしきりに話していたそうですが、2人とも酔っていたということもあって、Gは妻にキスをしたそうです。
その後、Gは妻の胸を弄り、下半身まで手を伸ばしていったそうです。
その頃の妻は精神的にも肉体的にも私だけだったそうで、『いけない、このままじゃされちゃう』と思ったらしく、パンツを下ろし始めたGの下半身に手を伸ばし、ナニをしごいたそうです。
このあたりが百戦錬磨の女性のなせる技なのでしょうか。

しかしGはそれに気をよくして、ナニを妻の口に近づけたそうです。
妻は嫌がりましたが、Gに無理やり押し込まれたそうです。

『口でイカせれば犯されることはない』

そう思った妻は嫌々ながら口で奉仕したそうです。
結局、口に出されたそうです。
そして次の日の夜もGは妻の部屋を訪ね、今度は最後までしてしまったそうです。
まったく屈辱的なことですが、そのときも私はコンパをしている部屋で後輩と楽しく飲みかわしていたのです。

私「なんで部屋に入れちゃったの?」

妻「今度は本当に相談なのかと思って」

私「またキスされちゃったの?」

妻「なんか寂しくなっちゃって・・・」

私「どんなキスだったの?」

妻「ちょっと激しかった・・・」

私「また胸を揉まれちゃったの?乳首を舐められちゃったの?」

妻「うん・・・」

私「なんで拒否しなかったの?」

妻「酔ってたし、気持ちよくなっちゃったから」

私「アソコも舐められたの?」

妻「うん・・・」

私「気持ちよかったの?」

妻「うん・・・」

私「ヤツのナニはどんなだった?」

妻「大きかった」

私「また口で奉仕しちゃったの?」

妻「だって・・・」

私「挿れられるときはどんな気持ちだった?」

妻「すぐそばにあなたがいるのに悪いと思った・・・」

私「でも、気持ちよかった?」

妻「・・・うん・・・」

私「ゴムは?まさか生?」

妻「・・・生」

私「中に出されちゃったの?」

妻「ううん、最後は口だった・・・」

先輩との様々はプレイは私の及ぶところではありません。
何も知らなかったし、どうすることも出来なかったので、ある意味、仕方のないことだと割り切ることができます。
しかし、このときは私はすぐそばにいたのです。
数十メートル離れた別の部屋で、自分の彼女が犯されていたのです。
当時の記憶を呼び起こすと居ても立ってもいられません。

Gとはいまだに付き合いがあります。
このことを知った今、Gと今まで通り付き合えるかどうか心配です。

結局、私の妻はGとしてしまいました。
というか、Gの夜這いが成功したと言った方がいいですね。
その後はGと何もなかったのか聞いたのですが、どうやらあったようなのです。

大学を卒業した妻は情報系の会社に就職しました。
就職後しばらくして、Gが会社について聞きたい、そのときに卒業前のことについて謝りたいと言ってきて、会社が終わってから外で会ったそうです。
軽く食事をした後、飲み屋に言って真面目に話を始めたのですが、結局2人とも酔っぱらってホテルに行ったそうです。
Gはホテルに行く前にバイブを買ったそうです。
妻にバイブの体験について聞くと、その時が初めてだったと答えました。

Gとホテルに行ったときの妻は、私に悪いと思いながら、逆にそれで燃えた、などと腹立たしいことを言います。
結局、当時の私よりもGの方がセックスが上手かったのでしょうね。
その後も何度かGと会って、いつも結局酔っぱらってホテルに行っていたそうです。
Gが卒業するときになって(つまり私も卒業)、ようやくその関係が終わったと言います。

私の卒業後は、私と妻の関係は完全に結婚モードでした。
ところが、たまたま家の近所で予備校時代の同級生とばったり再会してしまったと言います。
本当に偶然だったと妻は言いますが、果たしてどうなのか、真偽は闇の中です。
その同級生に、ちょっと飲みに行こうと言われ、ホイホイついて行ってしまったそうです。

私「その同級生としちゃったの?」

妻「・・・」

私「久しぶりに会って彼のナニはどうだった?」

妻「・・・うーん・・・」

私「やっぱりしちゃったんだ」

妻「・・・」

私「その日って、もしかして俺、泊まりに行ってなかったっけ?」

妻「・・・そうだっけ?」

私「行ったじゃん」

妻「えー、覚えてない・・・」

私「いつもはシャワーなんて浴びてないのに、その日はシャワーを浴びててさ」

妻「・・・」

私「おかしいと思ったんだよなー」

妻「ゴメンなさい」

私「じゃあ、その日は俺とその同級生の比べっこだったんだ」

妻「・・・」

私「比べてどうだった?」

妻「比べてなんかないよ」

私「どっちが良かった?」

妻「あなたの方が良かった」

私「嘘つけ」

妻「どっちも・・・」

私「じゃあ今度、彼を連れてきて3人でしよっか?」

妻「・・・」

私「嫌じゃないの?」

妻「・・・」

3人でするのを嫌がらない妻・・・。
実際、私には実行するだけの勇気がありませんので3Pはいまだに実現していませんが、妻は挿入しているときしきりに私の指をしゃぶるので、「もう1本欲しいんだろ?」と聞くと、「うん」という答えが返ってきます。
きっといつか実現してしまうんでしょう。