今から20年くらい前の話。
中学2年の時に腫瘍摘出手術をして、自宅から車で1時間くらいの大きな病院に4ヶ月間入院していた。
病室と同じ階に配属されていた20代前半の可愛いと言うより綺麗な看護婦さんと冗談を言い合えるくらい仲が良くなった。
その時は、“仲のいいお姉さん”くらいにしか思っていなかったが・・・。

ある日の昼間、病院の屋上へ行くと、その看護婦さんが泣いていた。
自分の存在を看護婦さんが気が付いたので、「どうしたの?」と聞くと、「最近、悪いことばかり続いちゃって、なんか自分が嫌になってたの」と。
仕事で失敗して怒られたとか、色々と話してくれた。
しばらくすると、「そろそろ戻らないと怒られちゃう。愚痴を聞いてくれてありがとね!」と足早に屋内へ戻っていった。

それから4日後の退院前日。
もうすぐ家に帰れる嬉しさで寝付けずにいたのだが、最後の思い出にと真夜中にこっそり病院内を探検気分でうろついていた。
30分くらいぶらついていたが退屈になって部屋に戻ろうとした時、看護婦さんに見つかってしまった。
どうやら自分が部屋にいないのに気付いて、探し回ってくれていたらしい。
少し怒られたが、眠れないことを伝えると、「じゃあ少し話でもしようか」ってことになった。

近くの休憩室の長椅子で「やっと退院だよ」から始まって色々と病院での思い出をしゃべっていたら、看護婦さんが、「ねえ、◯◯くんって彼女はいるの?」と聞いてきた。
突然の質問に焦ったが、正直に「同級生に気になる女の子はいるけど、彼女はいない」と答えた。

「それじゃあ、キスってしたことはある?」

連続でドキっとする質問。
答えるのに手間取っていたら、いきなり軽くキスをされた。

「今のがファーストキスになるのかな?」

看護婦さんに笑いながら言われ、思わず頷いてしまった。

「◯◯くんの同級生で経験したことがある人っている?」

この時の「経験」を自分は“キスの経験”だと思って、「何人かはいるんじゃないかな」と返すと、「◯◯くんも経験したい?」と俺の顔を覗き込んできた。

「今、経験した」と言いかけた途中で、「キスじゃなくてエッチの経験だよ」とズボンの上からチンポを触られた。

ちょっと撫でられただけで俺のチンポは爆発寸前になった。

「もしバレたら私がマズイから」

そう言われて職員用の女子トイレに連れて行かれた。
個室の中で、「さっきのキスとは違う大人のキスを教えてあげるね」と濃厚なディープキス。
呆然としている間にズボンとブリーフを足下まで脱がされ、初めてのフェラ。
さっきまで爆発寸前だったので、すぐに看護婦さんの口の中で暴発。
全て飲んでくれた。

そのあと、看護婦さんも少しだけ制服を脱ぎ、ブラも外して胸を見せてくれた。
無我夢中で胸や乳首に吸い付いたり撫で回したりしていると看護婦さんも興奮してきたみたいで、「私のアソコ、すごいことになってる」と言って俺の手を股間に誘導してくれた。
確かに下着がビショビショですごいことになっていた。

「◯◯くん、脱がしてくれる?」

小声で頼まれ、言われるままに脱がして、そこで初めて女の人のアソコを見た。
洋式のトイレだったのでそこに俺が座り、看護婦さんがその上に乗ってきた。

「じゃあ入るから、できるだけ我慢してね」

そう言うと同時に挿入された。
あまりの気持ち良さに、俺は夢中で下から突きまくった。
その後、バックをして、もう一度座ってエッチをした。
俺は何も考えられずに中に放出した。

「今日は大丈夫な日だから気にしないで。でも、このことは内緒だよ」

2人で手を繋いで病室に戻る途中、看護婦さんはナースステーションで同僚に、「やっと見つかったよ」と俺のことを話していた。

翌日、退院する時は看護婦さんは夜勤明けで帰宅していたので会えず。
2週間後に定期検査があったので病院へ行き、ナースステーションに看護婦さんを訪ねたのだが、俺が退院した直後に病院を辞めてしまっていて会うことができなかった。
もう一度会いたい。