去年の中3の夏休み。
俺には育美という同い年の幼なじみがいる。
とても可愛い子だが、異性として意識したことはなかった。

その日、女子校に通う育美が友達を連れて遊びに来て、3人で『24時間テレビ』を見ていた。
0時過ぎ。
俺は居眠りをしていた。
育美の「そんなにしたら起きちゃうよ」の声で目覚めると、2人は俺のジャージとパンツを捲り、チンポを観察していた。

「大丈夫、よく寝てるし」

友達は俺のサオを弄っているようだ。
俺が寝たフリをしていると、「育美も触ってみな」と友達が言う。
育美も弄りだしたようだ。

育美「硬くなってきたよ」

友達「先っちょを中心にしごくと男の人は気持ちいいんだよ」

育美の柔らかい手がサオをしごく。

育美「なんかヌルヌルする」

友達「寝てても気持ちいいんだよ」

あまりの快感に数分後、育美の「うわあ」という声とともに俺は射精してしまった。
明け方、目が覚めると育美たちも雑魚寝していた。
ゴミ箱を見ると精液を拭ったティッシュが捨ててあった。

去年の夏休みの“チンポ弄られ事件”以来、俺は育美を異性として意識し、(育美の柔らかい手で手コキしてもらいたい!育美の裸が見たい!育美とセックスしたい!)という欲求が頭を駆け巡り、悶々としていた。
その日も育美が遊びに来て、一緒にテレビを見ていた。

俺「なあ、育美」

育美「なあに?タカ兄」

早生れの育美は俺のことを「タカ兄」と呼ぶ。

俺「彼氏とかいんのか?」

育美「いないよ。いたらタカ兄と毎日テレビ見てないし」

俺「そっか。なあ、育美」

育美「ん」

俺「昔、よくお風呂に一緒に入ったよな?」

育美「うん。4年生くらいまでね」

俺「また一緒に入るか?」

育美「え~、やだよ」

俺「恥ずかしい?」

育美「当たり前でしょ。・・・入りたいの?」

俺「育美の成長具合はどうかなと思って」

育美「そういうのを見られるのが恥ずかしいの。・・・でもタカ兄の成長具合なら見たいかも」

家族がいない今日はチャンス。
結局、一緒にお風呂へ入ることになった。
高1になった同い年の幼なじみ、育美と久々のお風呂。
入る前に育美と約束をした。

「お互いの体には触らないこと」

浴室に入ると育美は浴槽に浸かっていた。

育美「先に洗って。見てるから」

俺が背中を洗っていると・・・。

育美「タカ兄のおちんちん、大きくなってない?」

俺「さっき洗ったからだよ。触ると大きくなるんだ」

育美「そっか。エッチなことでも考えてるのかと思った」

俺「そんなこと考えてないよ」

育美「ねえ、おちんちんだけ洗ってあげる」

俺「体に触らないって約束は?」

育美「私が触るのはいいってことにする。ダメならやめとくけど」

俺は仕方なさそうに育美の前に股間を突き出した。
育美は浴槽から立ち上がり、ボディシャンプーを手で取り泡立てている。
成長した育美は想像以上におっぱいが大きく、乳首はピンク色。
陰毛は薄く、ワレメが透けて見えている。
サオに育美の指が触れた瞬間、体中に電流が走ったような気がした。

俺「洗うならちゃんと洗ってくれよ」

俺が言うと、育美の指がタマを揉み始めた。
育美にタマを洗われている間に俺は限界に近づいていく。

俺「育美、そこはもういいよ」

育美は再びサオを洗い始めた。
俺が育美の乳首を指で摘むと・・・。

育美「約束だよ。触っちゃだめ」

手で払いのけられた。
育美はサオをしごきながら言った。

育美「本当はタカ兄に触られたい。でも今日はヤダ。初めてそういう事をするのはタカ兄とって決めてるから」

育美のサオをしごく動きが速くなった。
限界は近い。
育美は、「今日はこれで我慢して」と言うと亀頭にキスをした。
そして育美に思い切りしごかれて俺は放出した。
その後、2人で湯船に浸かりながら小さかった頃の思い出話をした。

夏休みになったら2人で旅行に行き、育美と初めて結ばれる予定だ。
約束の夏までもう少し。
今から楽しみだ。