都内に在住の、小学校低学年の息子がいる専業主婦、36歳です。
40歳の夫は、今年の7月から来年3月まで上海に出張中です。

夫は、「困ったことが起きたらなんでも義兄(既婚、子無し、44歳)に相談するように」と言って出かけました。

義兄夫婦は車で10分くらいのところに住んでいて、普段から仲良くしていました。
しかし、子供がいる我が家といないあちらでは生活サイクルが違うので、会うのは年に数回程度でした。
義兄は、小柄でオタクっぽい夫とは違って、身長180センチ以上あるガッチリした体格のスポーツマンタイプです。

夫が出かけて2週間後の夜10時すぎ。
子供が寝たあと、寝室から出ようとすると、ドアに何かが引っ掛かって開きません。
2階だし、窓も大きく開かない小さなものが1つだけです。
110番するのもどうかと思って、義兄の携帯に電話しました。
義兄はちょうど帰宅途中で、うちに寄ってくれることになりました。

家の前まで来たところで私が窓からカギを落として、それを拾って家に入ってきてもらいました。
どうやらドアの横の壁に立て掛けてあった荷物が倒れて、ドアが開かなかったようでした。
不安で不安でたまらなかった私は、ドアが開くと義兄に抱きついて泣いてしまいました。

「もう大丈夫だから」

何度も耳元で言われているうちに私も落ち着いてきました。
義兄の肩に埋めていた顔を上げると、「ほら、涙を拭いて」と低い声。
なぜだか分かりませんが、私からしがみついて唇にむしゃぶりついてしまいました。
1分もしないうちに義兄の唇が開いて、お互いの舌が熱く激しく絡み合いはじめました。
肩にあった義兄の両手が背中からお尻へ下がり、お尻をぎゅっと引き寄せられると、義兄の硬くなったモノが感じられました。
そこから先はよく覚えてません。

セックスには淡泊な夫とは違い、毎日でもしたい私は、夫と一緒に暮らしていても、昼間に1人でオナニーをして収めていたんです。
義兄のモノは、長さ太さ硬さともに兄弟とは思えないほどで、夫とは比べものにならないくらい大きかったんです。
もう45歳だというのに続けて3回も4回もドクドクと出すし、動きも若い男の子みたいに激しくて、そしてスタミナもすごくて、何度も何度も意識がなくなるまでイカせてくれるんです。
その日は朝まで何回精液を放たれたのか、私も何回イッたのかわかりません。
義兄の奥様はあまりセックスが好きな方ではないらしく、これまで義兄は風俗なんかで解消していたと後で聞きました。

もうそれからは週に1~3回のペースで、息子が眠ったことをメールで確認してから義兄がやってきます。
服を着たままやって30分ほど帰ることもあれば、3時間くらいいて一緒にシャワーも浴びて帰ることもあります。
最初、生理中のときは口でしてあげてたんですが、先月初めてアナルを教えられて、先週もアナルに入れられて私もイッてしまいました。

11月に1回だけ、息子を実家に預けて、ラブホに行ったことがありました。
お風呂は広いし、大きな鏡もあって、家ではできない色んなことをしちゃいました。
私の出すヌルヌルと義兄の出す精液と2人の唾液で、体中がベトベトになりました。
お風呂では、恥ずかしかったけどオシッコの掛けあいまでしちゃいました。

年末年始のお休みには、またラブホに行けそうなのでとても楽しみです。