近くのマンションに住むヨーロピアンの白人女性のエロい姿を見てしました。

僕は自衛隊の基地の近くに住む普通の大学生。
夜間訓練だとかで夜中でもジェット戦闘機が飛ぶので、僕の受験を考慮した両親が新築の高層マンションを購入してくれて、住むようになって5年になります。
両親が無理をしてくれたおかげで高校も大学も第一志望校に入れました。
防音設備が充実した最新の設計で建てられたマンションのおかげなんでしょうけど、勉強も捗りましたし、高い所から遠くを眺めるのも気分転換にちょうど良かったし、数キロも離れた所に打ち上がる花火も遮るものがなく見えて申し分なかったんです。

大学に入ったばかりの年頃ですから、何を目当てにということもなく、ベランダから景色を眺めていました。
僕の住んでいるマンションは16階建てで、僕のいる階は15階の角部屋。
東側と南側にベランダがL字型にある部屋です。
景色を眺めるには良い環境でした。

その日は土曜日でした。
僕のマンションの東側のベランダから街並みを眺めていると、ここから数キロ離れた所にある6階建てマンションのベランダに、ひらひらした派手な服を着たショートカットの女性がいました。
僕の所のベランダからは目視ではわからない距離ですが、もしかしたらラッキーな場面に遭遇するかもという期待もあって、スポーツや競馬を見るための倍率10倍の小型の双眼鏡と、中学生の時に買ってもらった望遠鏡を用意していましたので、すぐに双眼鏡で確かめた次第です。

外国人だからか年齢などは不明です。
若いように思うのですが、意外といっているかも知れません。
外人の年齢はまったくわかりませんが、綺麗だなと思いました。

そのマンションは立地の関係からか東側に玄関があるみたいで西側がベランダになっていて、ベランダに面して掃き出し窓があり、広いベランダでした。
その外国人の美女は海水浴で使うような折り畳み式のビニール製ベッドみたいなものを用意していました。
そして、ひらひらした服を下から捲り上げ、頭から抜くようにして脱ぎました。
パンツは穿いていましたがノーブラでした。
僕の所からは見下ろすような感じでしたので、腰より高いくらいの手摺(壁)も邪魔にはならずよく見えました。

その女性は1枚だけ身に着けていたパンツを脱ぐと、簡易式ベッドに横になりました。
すぐに僕は望遠鏡を三脚にセットして、接眼レンズから覗いてピントを調整しました。
もちろん普通は絶対に見ることがない外国人のオールヌードを見るためです。
望遠鏡の中の丸く切り取られたような明るい部分いっぱいに顔を見ることが出来ました。
ヨーロッパのルーマニアとかフランスとか、そんな雰囲気のする白色人種、髪は銀と金の中間くらいのブロンドヘアで本当に輝いていました。

顔に照準を合わせるのも大変でしたが、僕は白人美女の全身を舐めるように見たいと思いました。
望遠鏡を少し動かすだけで、切り取られたような丸の中から人物が消え、サッシの枠や壁の模様が見えました。

(違う、僕が見たいのはそこじゃない!)

僕は慎重に操作しながら望遠鏡を目標に合わせました。
痩せているのにプリプリでまん丸いオッパイと、コリッと立っている乳首を眺めました。
時々女性が手で乳房を持ち上げたり、揉んだりしていました。

僕は胸の谷間から身体の中心を外さないように望遠鏡を操作して、お臍を見て、さらにその下を見ました。
そこは髪の毛よりも銀色に近い金髪で、量的には薄く、割れ目がハッキリ見えました。
双眼鏡で覗いて確かめると両足首はベッドの左右にそれぞれあり、大開脚とまではいきませんが脚を開いているようだったので、望遠鏡で見ることにしました。

見えました。
綺麗な割れ筋が。
左右の肉感が柔らかそうで見惚れてしまいました。
小陰唇は小さく、はみ出していませんでした。
その下のアナルも見えました。
放射状に連なる皺も見えました。

望遠鏡を使っているとは言え、こちらからはよく見えるのに向こうからこちらのマンションは視界に入らないようで、女性はまったく警戒していませんでした。
僕は望遠鏡を操作して少し引いた感じで全身が見えるようにしました。
肌は本当に白色、白かったんです。
乳輪とかの色素も薄く、まるで人形みたいに可愛い白人美女でした。

見ていると身体が大胆に動き、仰向けからうつ伏せに変わりました。
しばらく全身を堪能してからお尻を集中して眺めました。
お尻も張りがあって突き出すようでしたが、そのためか股間の部分は陰にもならずよく見えました。
アナルも、アナルから少し下がった所にある膣口もよく見えました。

今の僕自身を説明するとフル勃起状態でした。
僕は急いで部屋に戻り、コンドームを手にしてベランダに戻ると、ズボンとパンツを下げ、コンドームを装備してから望遠鏡を覗きました。
彼女はまだ同じ体勢でした。
僕は思いました。

(陰毛が金髪か銀髪だから明るく綺麗に見えるんだな。日本人みたいに黒々とした陰毛じゃ、こんなに綺麗だとは思わない)

僕は彼女のアナルとプッシーを見ながら擦りました。
擦り過ぎて熱を持ち、コンドームと握った手の滑りが悪くなるほど擦りました。

「うっ」と思った瞬間、コンドームの先に熱さと膨脹を感じて、そのまま僕は失禁してしまいました。

オシッコを漏らしてしまったのです。
でもコンドームは丈夫ですね、オシッコを溜め込んで、露店で売っているヨーヨーみたいになっても破れませんでした(笑)
僕は誰に見られているわけでもないのに恥ずかしくなって、トイレに駆け込み、コンドームの中のオシッコを流しました。

まだイケそうな気がしました。
再びコンドームを装着して望遠鏡を覗きましたが、無防備な彼女は同じ体勢でした。
僕は自身を握り締めました。
タイミングを計るように望遠鏡を覗き、しばらくして彼女は仰向けになり上体を起こしました。
お臍のところに横に皺ができましたが浅い皺でした。
余分な肉など付いていないようでした。

彼女は胡座をかくみたいに膝を曲げ、足首を股間に近づけた体勢になりました。
プッシーが開きました。
しっかり照準を合わせると、彼女の指が割れ目を這うのが見えました。
白い細い2本の指が割れ目を上に下に流れるように這いました。
そしてもう1組の2本の指がクリトリスを転がしていました。
ゆっくりゆっくり、擦るように動いていました。
割れ目を行き来する指は時々膣口で止まり、やがて膣の中に入りました。
指を曲げて中をこねくり回していました。

彼女の顔を見たくなり、望遠鏡を顔に合わせてみると、目を瞑って下唇を噛んで何かを耐えているような、何かを待っているような感じでした。
綺麗な顔は変わらず、その顔だけでイケそうな気がしました。
僕も彼女と一緒にオナニーをしました。
僕がイクのを彼女が待っていてくれたように、遅れて彼女もイッたようでした。

彼女は脱いだものを手に持って部屋に入りました。
僕は彼女を追いましたが壁が邪魔で見えませんでした。
15分くらい経って、彼女はバスタオルで身体を拭きながらベランダの近くまで来ました。
全身を拭きながら、特に乳房の下を丁寧に拭き、お腹、腰、下腹、太もも、下肢、足と拭き、最後に股間を時間をかけて拭きました。
拭き終わると濃紺のパンツを穿き、同じ濃紺のブラジャーを着けました。
部屋の奥に行き、しばらくして戻った時には黒のタイトスカートに白いブラウスで、髪はポニーテール、セルフレームの黒縁眼鏡でした。
法律家か学校の先生、もしくは税務署に勤めている女性のように見えました。

彼女は窓を閉めるとカーテンを引き、彼女の影も見えなくなりました。
きっと出掛けたのでしょう。
僕は望遠鏡を片付け、双眼鏡を片付け、余韻を楽しみ、また自身を握り締めて擦りました。
時間を見ると始めてから約1時間。
僅か1時間足らずで3度目の大量放射をしました。

その後、彼女の様子を窺うと、天気の良い土曜日の正午頃に1~2時間程度、全裸で日光浴をするようでした。
日曜日は出掛けてしまうようで、朝に姿を見ることはありますが日中は不在、夕方より遅い時間に帰宅するようでした。
毎週土曜日は楽しみですが、父や母がいることも多く、目的が遂げられないことも多々ありました。
せっかく大口径の明るいレンズと一眼デジカメを買ったのにと、その時はイライラしました。

早く出かけろよ!
僕は白人美女の全裸を望遠鏡で覗きながらオナニーしたいんだよ!

そんな変態な思春期でした。