10年以上前の話をする。
中学2年生、自慰行為の覚えはじめ。
女性を性への対象として、はっきり意識するようになった時期でもある。
幼い頃に母を亡くし、父と弟2人の男所帯で育った私にとって、女性はまるで自分とは違う生き物のようだった。
当時は現代ほど性が溢れておらず、せいぜい河川敷で拾ってくる濡れたエロ本が性へ触れる唯一の存在であった。
真っ黒に塗り潰された局部。
見たことがない女性器を想像しながら、いつも私は自慰行為に耽っていた。

もちろん、それなりの知識は男友達との会話から仕入れてはいた。

「女のアソコからはヌルヌルの液が出て、チーズのような香りがするらしい」

(女のアソコってどんな匂いかな?舐めたらどんな味がするんだろう?)

「アソコにチンポを入れるとすごい気持ちいいぞ」

(チンポを入れたらどれくらい気持ちいいのだろう?)

男友達との会話に私の妄想や性欲は増すばかり。
そして私はある計画を実行しようと決意した。

当時の父の年齢は40代後半であったが、世代的に兄弟が多く、一番下の弟との年齢差は20歳もあった。
その一番下の弟は、つい3年前、私が小学6年生の時に結婚したばかりである。
住んでる場所はかなりの田舎であったが、私の家からは車で数時間程度で行き来でき、他の親戚よりも交流は深かった。
大人の事情なのか、授からなかったのか、叔父夫婦に子供はいない。
そのため私や弟2人は叔父や叔母にとても可愛がられた。
理由は分からなかったが、叔母は特に私を可愛がってくれているように感じた。

叔父夫婦が住む町で小さな夏祭りがある。
出店もそこそこ出て賑わう。
私は夏休みを利用して毎年、泊まりがけで叔父夫婦の家へ遊びに行っていた。

当時の叔母の年齢は25歳前後。
見た目、和風美人といった容姿。
体格は中肉中背、少しムッチリタイプだったと想う。
服装は派手ではなく、一見するとおしとやかでおっとりした性格にも見えるが、実際は明るく活発な女性。

叔母と2人で夏祭りに出掛けると、手を繋いできたり、「恋人みたいね」と囁いたり、ドキッとさせられることも多かった。
私にとって、死んだ母の面影より、むしろやさしい姉を感じさせる存在であった。
1年前までは・・・。
しかし私は、すでに女性を性の対象として見るようになってしまっていた。
自慰行為で性の快感を憶えてしまっていた。
そんな私にとって叔母の存在は、やさしい姉から性の対象へと変わっていた。

私はある計画を立てた。
と言っても大した計画ではない。
叔母を押し倒すことなど絶対に無理なこと。
中学2年生が考えることだ、大したことができるはずがない。
小さな計画ではあったが、当時の私には大きな覚悟がいることでもあった。

当時、マスコミや私達の間でも、ちょっとした話題があった。
女性が身に着けていた物の売買する、いわゆる『ブルセラショップ』である。
ブルセラの話題に私は影響されたのだ。
叔母の生下着を盗み、それをおかずに自慰行為に耽るというのが私の計画であった。
別に難しくはない。
叔母の家は脱衣所を通らないと風呂場とトイレには行けない造りで、少々変わった構造をしていた。
叔父と叔母の寝室は2階、私が寝起きする客間は1階。
夜中、トイレに行くふりをして脱衣所で下着を漁り、トイレで自慰行為するだけである。

だが、不安もあった。
もしも見つかった場合・・・。
叔父と叔母とは今後も付き合っていく存在なのだ。
赤の他人に見つかるのとはわけが違う。
それでも1日中、もしくはそれ以上、叔母が身に着けてた下着への魅力は私の不安を掻き消すほどのものになっていた。
クラスの女の子との会話でさえまともにできない私が、女性が最も隠したい部分に触れ、嗅ぎ、味わうのだ。
それを想像するだけで私のペニスは硬くなり、何度も何度も自慰行為に耽った。
私は叔父の家に行く日を待ち侘びた。

そして夏休み入り、叔父夫婦の家へ遊びに行く日が訪れた。
3泊4日の予定。
叔父の車で数時間。
夕方に到着すると叔母が笑顔で出迎えた。
叔母との再会。
正月にも会っているのでたった半年ぶりなのだが、待ち侘びた分、とても久しく感じた。
私の叔母を見る目は確実に変わっていた。
去年までの私とは違うのだ。
もう完全に女性として意識していた。
自分の性欲を向ける対象として・・・。

家に上がると豪勢な夕食が用意してあり、叔母が改めて出迎えてくれた。

「いらっしゃい」

「お世話になります」

私のために振るわれたであろうご馳走は、とても美味しかったはず。
おしゃべりな叔母とは食事中も色々と会話を交わしたはず。
しかし、味も会話の内容もほとんど覚えていない。
鮮明に憶えているのは、叔母の唇、胸の膨らみ、スカートから覗く膝と足首だけだった。

ビールを飲み過ぎた叔父は食事が終わると横になり、しばらくすると小さなイビキを立てた。
片付けが終わった叔母は毛布を叔父にかけると、テレビを観ていた私の隣に腰を下ろした。

「遊びに来てくれて喜んでるのよ。飲めないお酒たくさん飲んじゃって」

笑顔でそう語る叔母に、私は照れ隠しに頭を掻いた。

田舎は街とは違い、夏でも結構涼しい。
それでも8月の夏はとても暑い。
エアコン嫌いな叔父のせいで、暑さ対策は扇風機のみだ。
首を振る扇風機の風を背に受け、私と叔母は他愛のない会話を交わした。
蒸す部屋の中、隣に座る叔母からは汗と化粧の混じりあった匂いが漂い、私の鼻腔をくすぐった。
意識しないよう努めていたが、匂いともに夜の計画が頭の中で駆け巡り、ペニスが強烈に反応していることが分かった。
私は面白くもなんともないテレビに集中した。
それでもなかなか鎮まりきらない下半身の膨らみを、手でさりげなく隠し続けた。
ようやく下半身も落ち着き、時刻は22時を過ぎた頃、突然叔父が目を覚ました。

「風呂入るぞ!風呂!」

顔に赤みを残しながら叔父は喚いた。
叔父との入浴は、叔父夫婦の家へ遊びに来たときの恒例行事なのだ。
それを聞いた叔母はおもむろに立ち上がり、「叔父さん孝行してらっしゃい」と、微笑みながら真新しいタオルを私に渡した。
私は着替えをバックから取り出し、叔父とのお風呂タイムに出向いた。
脱いだ衣服を洗濯籠に入れるときは洗濯籠を意識した。

風呂から上がるとテーブルの上にアイスクリームが用意され、客間にはすでに布団が敷かれていた。
アイスを食べ終わると叔父は大あくびを一つして、「お休み」と言って2階の寝室へ上がっていった。
夏休み真っ只中の私はまだ眠くはなかったが、叔父は明日も仕事がある。
何より私が寝ないと、叔母は風呂に入れないのである。
私は叔母に「もう寝ます」と告げ、笑顔で「お休みなさい」と返す叔母に多少の罪悪感を覚えつつも客間の布団へと潜った。
居間の電気は消され、襖の隙間から僅かに廊下の光だけが漏れてくる。
しばらくするとお風呂から水をかける音が微かに聞こえてきた。

(叔母が風呂に入っている。洗濯籠には叔母の下着が・・・)

想像すると、周りの静けさに相反して私の鼓動高鳴り、ペニスは弾けんばかりに硬直し、扇風機の風程度では冷ませぬほど高揚感を感じた。
やがて廊下から漏れていた光も消え、2階へ上がる足音を確認した。
時刻は0時前。
時計を見ると針は1時少し過ぎを指していた。
音は外から微かに聞こえる虫とカエルの声だけ。
薄暗く、2階から人が下りてくる気配も感じられない。
ついに私は計画を実行に移した。
慎重に襖を開け、静かに脱衣所を目指した。
途中で2階の様子を窺うことも忘れなかった。

(大丈夫。起きてくる気配はない)

脱衣所に入ると静かにドアを閉め、電気を灯した。
浮かび上がる洗濯籠。
間違いなく、籠の中には叔母の着ていた服を確認できた。

(よし!)

心を躍らせ、ドアの向こう側に注意を払いつつも私は籠を漁った。
今日の叔母はクリーム色の膝丈のスカート、黒の半袖ブラウス。
派手な服装とは無縁の叔母らしいものだった。
そのブラウスとスカートが籠の一番上に見えるのだ。
私は一番上にあったスカート手に取ると、隣の洗濯機の上に置いた。
そして次にブラウスを手に取ると、胸に当たる部分を軽く嗅いでみた。
甘い香りと香水の匂いに混じって汗の匂いも僅かに感じる。
しかし脱衣所でゆっくりしている余裕はない。
今、もしも叔父か叔母が入ってきたら言い逃れできない状況だ。
ブラウスをスカートの上へ重ね、目的の品を探し出すため、再び籠を漁り直した。

(・・・ない!)

叔母の下着が見当たらない。
籠の中に残っていたのは、叔父と私の物ばかり・・・。

(もしかして、叔母は下着を部屋に持ち帰ってしまった?)

不安が過ぎる。
もう一度、丹念に籠の中を探す。
やはりない。
時間にして数分程度。
湧き上がる喪失感・・・。
ブラウスとスカートを元あったように戻した。

「あぁ、ガッカリだ」

つい声が漏れた。
諦めきれず、もう一度籠へと目をやると、洗濯機と籠の間に大きな黒色ビニール袋が置いてあるのに気付いた。
大きな黒色ビニール袋は半分に折り畳まれていたが、不自然な厚みがあった。
今まで気付かなかったことが不思議なほど大きな黒色ビニール袋に妙な存在感を感じる。
すぐにビニール袋の中を覗いた。
ベージュ色の布地が見えた。
それは間違いなく、ベージュ色のスリップだった。
迷わず取り出そうとする。
ツルツルとした感触が心地いい。
胸部分には厚みと弾力があり、ブラと一体型のスリップようだ。
ガサガサというビニール特有の音が緊張と焦りを誘う。
取り出したスリップを思わず床に落としてしまう。
床に広がるスリップ。
その横に、丸められたショーツが転がった。

(ついに、ついに見つけた!)

私の心は躍った。
私はまずスリップを拾いあげ、胸の裏地部分に鼻を押し付けた。
ブラウスのときよりも濃い香水と汗の香りがした。
そっと舐めてみる。
布の触感と苦味の中に僅かに塩気を感じ取れた。
ただ、所持するには大き過ぎる。
惜しみながらもスリップをビニール袋へ戻した。
そして私の大本命、ショーツ。
それを拾い、トイレへと駆け込もうとした時、脱衣所の外から足音が聞こえた。
慌ててショーツを自分のパンツのゴムで挟み、パジャマのズボンを引き上げる。
偽装にトイレの水を流す。
入ってきたのは叔父だった。

「お、トイレか?」

顔が赤い、まだ酔いが残っているようだ。
私は眠そうなフリをして頷き、叔父の横を通り過ぎた。
ダブついたパジャマが下半身の膨らみを隠してくれた。
事前に考えておいた危機回避方法は上手く機能したようだ。

客間に戻って寝たフリを装いながら叔父の様子を窺う。
お腹に当たるショーツの感触に注意力が削がれそうになるのを我慢した。
考えてみれば、物さえ手に入れば、トイレなんかより客間の方がずっと安全だ。
何より、トイレより客間の方がずっと明るい。
叔父が2階に上がった模様。
私は立ち上がり客間の電気を灯した。

ショーツを取り出すと、また鼓動は高まった。
なんだか勿体ないような気がして、じっくり観察してみようと思った。
白いシーツの上にショーツをきれいに置いてみた。
知ってはいたが、現実に見る女性のショーツは非常に小さい。
なんだか子供用にさえ思えてくる。
色は薄いピンクで綿素材、定番の小さなリボンがあった。
所々に小さな模様があったが、ほとんど無地と言っていいだろう。
大人っぽさも高級感も微塵も感じさせない、そのショーツの股部分には薄っすらと黄ばみがあった。
生地は思っていたより、フワッとした感触。
黄ばみ部分にも、そっと触れてみた。
ゴワついた感触ともに少し湿り気も感じる。

我慢できずにショーツを指で摘み上げ、鼻へと近づける。
先ほど嗅いだ汗の匂いはしない。
しかし、股部分の黄ばみからムンとした臭いが漂ってくる。
匂いに誘われるかのように鼻先を黄ばみの方へと動かした。

ツン!

思わずショーツを顔から離す。
それほど強烈な臭気だった。
当時は、いまいち理解できていなかったが、あれはアンモニア臭だったと思う。
それでも不思議と嫌悪感はない。
この強烈な臭気が叔母から発せられたものだと思うと、さらなる興奮を掻き立てた。
ショーツを、鼻から近づけたり離したりとしているうち、徐々に臭いに慣れてきた。
むしろ、香水とは違った甘い匂いにさえ思えてきたから不思議だ。

たまらずショーツを一気に裏返した。
飛び込んできた光景に思わず、「すげぇー」と唸った。
クロッチ部分は白い厚手の生地が貼られていた。
そのクロッチがほぼ黄色に染め上がっているのだ。
黄色というよりも黄土色に近い。
大便の汚れを連想させるほどの汚れっぷり。
女性の下着とは、これほどまでに汚れるものなのか。
清潔感を感じさせる叔母のイメージと、汚れまくったクロッチを見比べ、そのギャップにただただ驚愕した。

さらに観察する。
黄色い汚れに圧倒されたが、よく見ると白濁色の分泌液も確認できた。
短めの陰毛が数本、張り付いていた。
触ってみた。
湿り気を帯びた部分、乾いてパリパリになっている部分。
恐らく叔母は2日以上、このショーツを穿いていたのであろう。
湿った部分に何度も触れ、人差し指を嗅いでみるが、あまり匂わない。
思いきってクロッチを鼻に押し付ける。
鼻先にしっとりと冷たい感触。
天井を見上げ、深く深く吸い込む。
先ほどと違って、ほとんどアンモニア臭は匂わない。
見た目に強烈な臭いを期待したが、少々拍子抜けだった。

一度離し、再度観察。
クロッチ後ろに茶色い染みを発見。
自身の経験上、それがウンスジだということがすぐに分かった。
普段は嫌悪するべき存在だ。
しかし強烈なアンモニア臭を嗅ぎ、汚れたクロッチにも鼻に押し当てた。
何より大好きな叔母から出たものだ。
ウンチの染みさえ愛しく感じる。
変態行為であることを自覚しつつも歪んだ欲望は止められない。
ウンスジ部分を嗅いでみる。
僅かに、あの独特の臭いがした。

(あぁ、ボクは叔母さんの最も汚い部分を嗅いでいるんだ)

自分のペニスを見た。
いきり立った真性包茎と言っていいペニスの先から我慢汁が溢れ出ていた。
クロッチ部分に舌先を這わせる。
ピリッと舌先が痺れ、頭に電気が走った。
怯まずもう一度、舌先を這わせる。
しょっぱさ、甘味、苦味、今まで味わったことがないような味。
何度も何度も舌先を這わせる。
舌先が麻痺したかのような感覚に囚われ、唾液が溢れ出す。
今度は舌全体で味わう。
強い苦味を感じ、さらに唾液が溢れ出す。
唾液で乾いていた汚れも湿り出し、徐々に粘り気を持ち始めた。
その汚れを絡めとるように舌で掬う。
生臭いような臭いが漂い、再びアンモニア臭も臭い立った。

叔母のショーツ舐るという行為に、私はただ夢中になっていた。
右手でペニスを強くしごきはじめると、クロッチ部分を口に放り込み、それをチュウチュウと吸い上げた。
そして目を閉じ、叔母の姿を思い浮かべ、卑猥な言葉をぶつけてみる。
私はすぐに絶頂に達した。
強烈な射精感!
ドクドクと脈打つペニスからは大量の精子が吐き出され、白いシーツを汚した。
今までに感じたことがない快感だった。

すぐさまティッシュを取り出し、汚したシーツをキレイに拭き取った。
ショーツに付いた唾液を拭き取ることも忘れない。
最高の自慰の余韻に浸りつつ、ショーツをビニール袋へ返しに行った。
電気を消し、布団を被り、目を瞑る。
後悔も罪悪感もない。
大きな満足感と達成感に満たされ、私は眠りへと落ちた。