その日は後輩を呼んで彼女と3人で飲み。
彼女は細身だが胸はDくらいあって清楚な感じ。
でも、俺と会える日はいつも少しセクシーな服で来る。
その日は谷間が見えるタンクトップに短パン。

彼女と待ち合わせをして後輩と迎えに行った。
後輩は彼女を見るなり、「めっちゃ可愛いしエロいっすね!」とテンションアップ。

で、うちで飲み開始。
ちなみにその後輩は酔っぱらうとかなりの変態になる。
だいぶ飲んで酔ってきた頃、後輩が「王様ゲームしましょうよ!」と言い出した。
彼女がなんかされた時の反応が見たかった俺は、「面白そう!」と賛成した。
彼女は、「◯◯(俺)がやるなら」としぶしぶ賛成。

そしてゲームが始まった。
3人でトランプを引いて、数字が大きい人から1番、2番、3番と数字を決めていく。
後輩がいつも使っているというアプリで内容を決めることにした。
内容は後輩が考えたものらしい。
そしてスタート。

「1と3が5秒抱き合う」

1が俺で、3が彼女だった。
胸がむにゅっと当たって気持ちよくてヤバイw

次は、「2が3を後ろから抱き締める」。

2が彼女で、3が後輩。
後輩は「逆だったらよかったのにー!」と言いながらも背中に当たる胸に、「なんか柔らかいものがw」と大興奮。
彼女は恥ずかしそうにしてた。

そして次は、「1と2がチュー」。

1が彼女で、2が後輩。
彼女が「えーw」と少し悩む。
それを見た後輩はすっと近づいて、彼女が後輩の方を見た瞬間にチュー。
彼女は「えっ、ちょっとwいきなりw」とめっちゃ赤くなってて、後輩は「キスくらい余裕ですよね?」と一言。
彼女は、「いや、彼氏以外と彼氏の前でとか余裕じゃないよw」と言いながら俺を見た。

次は、「2が3の服を1枚脱がす」。

またもや3が彼女で、2が後輩。
彼女は1枚脱いだらもう下着w
悩んだ結果、ブラを外すことに。
後輩が外すのだからかなり嫉妬した。
彼女は服の上からホックを外してもらい、そして肩紐を外して引っ張ってもらい、ブラを外してさっとブラを取り上げ、「はい!」と何事もなかったかのようにゲーム再開。
でも、生地の薄いピチピチのタンクトップだから乳首が若干分かる。
後輩はガン見w
それを見て俺は興奮してたw

次は、「1と3がディープキス10秒」。

俺と彼女が当たり、興奮した俺が激しく舌を絡ますと彼女は、「んんんっ」と少し声を出したので、咄嗟に胸を服の上から揉んでしまい、後輩に「あっ!胸揉みましたね!俺が当たった時も揉みますからね!」と新ルールができてしまったw

次は、「2が1を後ろから抱き締めて、耳元で『好き』と言う」。

2が彼女、1が後輩。
さっきと同じような内容だが、今回はノーブラ。
背中に胸が当たった瞬間、ぷにゅっと胸が背中にくっついて、また俺は興奮!
後輩はもっと興奮w

次は、「2が1とディープキス15秒」。

なんと後輩と彼女が当たり、すぐに後輩は彼女とディープキスを始めた。
かなり激しい。
そして服の上から胸を鷲掴みにしてモミモミ。
彼女は完全に、「んんんっ」と喘ぎ声を出していた。
終わって彼女に「感じすぎ!」と言うと、「感じてない」と見え見えの嘘w

次は、「1が3の胸を生で10秒揉む」。

ここからは、やたら2人が当たるように仕組まれてたw
後輩は彼女の後ろに回り、服の下から手を入れてモミモミ。
たまに乳首を指で挟んでいるのか、彼女はピクピクしていた。

次は、「3が2の乳首を責める」。

彼女が後輩の乳首を責めることになり、後輩は服を持ち上げて舐めるように要求。
彼女はペロペロと舐めだし、反対側も指でコリコリ。
後輩の乳首はもうビンビンで、「やばいっす」と言いながらさりげなく彼女の胸を揉みはじめて、彼女はそのまま責め続けてた。
次は彼女の乳首を後輩が責める。
彼女は後輩に跨がられて服を持ち上げられ、乳首をペロペロ、チューチューと吸われて、「あっあぁん」と声を出してしまっていた。

次は、「1と2が股間を下着の上から擦り合う」。

またさっきと同じ体勢で後輩に彼女が跨がり、騎乗位みたいな体勢でスリスリ。
後輩のあそこはビンビンで、彼女のあそこを凄い勢いで擦っていた。
彼女はもう目がとろんとしてる。
そのとき、(これは・・・)と思い、スリスリしているにも関わらず、「ちょっとトイレに行ってくるから戻ってくるまで続けてね」と部屋を出て、ドアの外から覗いてみた。
すると、俺がいなくなった途端、後輩はスリスリしながら彼女にディープキスをし始めた。
そして胸を鷲掴み。
彼女は、「あっ、だめだょ、スリスリだけでしょ」と言っていたが、後輩は無視して続けて、乳首をベロベロ舐めたり噛んだり。
そして乳首から口を離したと思ったら、胸を思いっきり吸ってキスマークをつけ始めた。
さすがにこれはと思ったけど、(この後どうなるか見たい!)と我慢。
後輩は彼女の胸にキスマークをつけまくってて、彼女はつけられるたびに、「あぁん、いやぁ、残っちゃう~」と喘いでいた。

それが終わると、今度は後輩は彼女にバレないようにすっとパンツを下ろしてビンビンのあそこを出し、彼女のあそこに下着の上からスリスリしだした。
彼女は全く気付かずに、「あっあぁん」と喘ぎ、少ししてから後輩は手を伸ばして彼女のパンツをずらすと、指マンを始めた。

「いやぁ、見られたらやばいよぉ、あぁっ」

感じすぎて抵抗できていない彼女。
後輩はパンツをズラしたまま、今度はビンビンのあそこを彼女のあそこに当てて、生でスリスリしだした。
さすがに彼女は、「え?ちょっと待って」と生チンポでスリスリされていることに気付いたが、次の瞬間!

「あぁぁっん!」

大きな喘ぎ声と共に生で後輩に入れられてしまった。

(さすがに生はやばいだろう!)

と思ったが、とにかく俺は続きが見たくて、怒りとかどうでも良くなっていた。
騎乗位で激しく出し入れされた彼女は、「あぁぁっん、だめぇ、イッちゃうぅ」と言いながらイッた。
彼女はクタッとなったが、後輩はお構いなしに出し入れを続ける。

「あっあぁんあっあぁんあっあぁん!」

今度は彼女をソファーによっかからせて挿入して激しく出し入れ。
後輩は、「やばい、出そう」と言いながらピストン。
彼女は、「絶対外に出してね!」と言いながら、「あっあぁんあっあぁん」。

後輩「口に出しますよ?」

彼女「いいよ、あっ、あん、外ならどこでも」

後輩「口、開けてください!あ、出る!」

彼女が口を開けた瞬間、俺はドアをどん!と開けて、「何してんだよ!」と怒鳴った。
驚いた後輩は抜くタイミングを失って、そのまま中出し。
彼女は、「んんっ・・・中に出されちゃったよぉ」と半泣きだった。
後輩が抜くと白い液がドロンと流れ出てきた。