俺には6歳年上の姉がいる。
姉は某有名私立大学の3年生。
弟の目から見ても、あまりにも美しすぎる姉。
CanCanのモデルになったっておかしくはない顔立ち。
もちろんスタイルだって抜群。
実際にスカウトされたことだってあるらしい。

そんな素敵な姉を持ってしまったのは、嬉しくもあるが悩みでもあった。
家の中では奔放に振舞う姉。
下着姿で上半身に軽くタオルを掛けたくらいでウロウロしてる時もある。
弟の俺なんか男などと思っていない様子なのだ。

そんな姉を俺はいつしか、どす黒い欲望に満ちた目で見るようになっていた。
身近で、こんなにも綺麗な女性が、その姿態を曝け出しているのだ。
性に興味を持ち始めた10代の童貞野郎にとって、その対象が姉であることは何の障害でもなかった。
中学に入ってオナニーを覚えて以来、俺のオナペットはずっと姉だった。
家族旅行の際の姉の水着姿が写った写真は大切に俺のパソコンに保存されており、幾度となくお世話になったものだ。

実は俺は姉の下着にも手を出している。
何度となく入り込んでいる姉の部屋。
タンスの中の内容は完全に把握している。
姉が出かけた後でこっそりタンスの中を確認する。

(お、今日はアレを穿いて行ったんだな)とすぐに分かる。

姉の下半身に食い込む下着を想像し、妄想は膨らむ。
そして深夜に皆が寝静まった頃、俺は脱衣所へ足を運ぶ。
目指すは洗濯籠の中にある姉のショーツだ。
お目当てのものを見つけ出し、俺はニンマリとして、それを部屋へ持ち帰る。

(あぁ、これを今日1日、姉ちゃんが穿いてたんだな)

俺はうっとりしながら姉の下着をむんずと広げる。
姉の秘部が当たっていた部分を剥き出しにする。
まるで実際に姉の身体をひん剥いているかのような錯覚に陥る。
クロッチの部分には、じんわりとタテ染みが付いている。

(こ、ここに姉ちゃんのオマンコが当たってたんだ!)

俺はもう居ても立ってもいられなくなり、鼻を押し当てる。
思いっきり鼻から吸い込むと、ツーンッと姉の局部の匂いが鼻腔に充満する。
塩っぱいような酸っぱいような、どことなく甘いような。

(あぁ、姉ちゃんのオマンコの匂い、俺、今嗅いでるんだよ)

今すぐ寝ている姉の部屋へ行って報告したくなる。
が、そんなことは出来るはずもない。

さんざん匂いを嗅いでねぶり回した後、俺の楽しみはさらに佳境に入る。
屹立した肉棒を姉の下着で包み込む。
染みが付着している部分に俺の亀頭の先っちょを当てる。
すでに大量のガマン汁が出ている。
俺のガマン汁が姉の下着に染み込んでいく。
俺は腰をカクカクさせて亀頭と下着との摩擦を楽しむ。
姉の下着との擬似セックス。
たまらないくらいの快感!

(姉ちゃんっ!気持ちいいよっ!)

早くも射精の兆候を感じる俺。
姉の下着でオナニーする時は、いつもあっという間に頂点に達するのだ。

(駄目だっ!俺、もう我慢できないよぉおっ!)

射精の瞬間、素早く亀頭にティッシュを被せる。
ものすごい量の精液が吹き出る。
本当は姉のショーツにぶちまけたいのだが、俺の最後の理性がそれを押し留めている。
ティッシュを片付けると、ものすごい虚脱感に襲われる。

(あぁ、またやっちまった・・・)

極度の快感と引き換えに俺の心には若干の後悔が生まれる。
でも、しょーがないだろ。
姉ちゃんがそんなに素敵だから悪いんだ。
俺は勝手な理屈で自分の犯した罪を正当化する。
姉の下着をチンコに巻きつけた状態でオナニーの余韻を楽しみつつ、このまま眠ってしまいたかった。
が、そうもいかない。
万一この変態行為がばれてしまっては姉に合わす顔がなくなる。
悪事が発覚しないように細心の注意を払わなければならない。
このまま姉の下着とずっと一緒にいたいという気持ちを、俺は必死の思いで断ち切る。
姉の下着を洗濯籠に戻す。

(姉ちゃん、今日も最高だったよ)

俺は心の中でそっと呟いた。

ある時、姉が2泊3日の旅行へ出かけた。
その間、もちろん姉の下着はおあずけだった。
俺は悶々として姉の帰りを待ち侘びた。
大好きな姉に3日も会えないなんて、なんてことだ。
俺は日課のオナニーもせずに姉の帰りを待った。
俺がオナニーを3日も空けたのは初めてのことだった。

そして待ちに待った姉が帰ってきた!
お土産をくれたりするが、そんなものはどうでもいい。
俺には姉ちゃんが帰ってきてくれたことが何よりだ。
俺はジリジリとして皆が寝静まるのを待つ。
深夜になり、俺はそっと脱衣所へ向かう。
洗濯籠の奥には3日分の姉の下着が眠っていた。
なんと5枚もあるじゃないか!
清潔好きな姉のことだから、こまめに穿き替えていたのだろう。
俺はもう宝の山を探り当てたかのように小躍りしながら、その戦果を部屋に持ち帰った。

(あぁ、3日ぶりの姉の生下着)

実は姉のいない間に姉の部屋に忍び込み、タンスの中の下着に手にしたりもした。
が、俺のチンコは反応しなかった。
姉が穿き古して汚した下着でないと満足しない体に俺はなってしまったのだ。

1枚1枚をベッドの上に広げていく。
ひとつずつ丹念に匂いを嗅ぐ俺。

(くぅうっ、やっぱたまんねぇえ、姉ちゃんのアソコの匂い)

旅行カバンの中で蒸されてしまったのか、発酵したチーズのような匂いさえ感じられる。
が、俺はそんなことなど一切構わず次々と堪能する。
さんざん匂いを嗅ぎ、舐め回したりした俺は次の行動に移った。
俺の胸が高まる。
なにせ1度に5枚もゲットしたのは初めてのことなのだ。
まさに桃源郷オナニーの幕開けだった。

俺は1枚のショーツをまず頭の上から被る。
そして、う1枚を直穿きする。
すでに濡れはじめている俺の亀頭が姉の下着に触れる。

(あぁ、気持ちいい)

俺の勃起したチンコは到底、姉のショーツには収まりきらない。
はみ出た亀頭にもう1枚のショーツを被せる。
おもむろに横になり、胸の上にもう1枚を置き、乳首を擦ってみる。

(あぁ、すべすべして気持ちいいよう)

そして最後の1枚を顔に乗せる。
姉のオマンコが直接触れていた部分を鼻っ面に合わせる。
当然、一番分泌の付着が多かったものを選んである。
俺は鼻から大きく息を吸い込む。
鼻腔に姉の匂いが充満する。

(あぁ、なんて幸せなんだ!)

頭に被ったショーツを前にずらして目の前まで下ろす。
前が見えなくなってしまった。
目を開けても、見えるものは姉の下着の生地だけ。
俺は自分が姉のお尻になったような気になって物凄く興奮した。
五感を総動員して姉のショーツを味わう。
俺の中では、姉そのものと一体化しているつもりになっていた。
チンコが、もう待ちきれないとばかりに涙を流している。

(もうちょっとの辛抱だからな)

俺はそっと手をやる。
とてつもない快感!
今までしたオナニーの数倍、気持ちいい。

「あぁぅ、ね、姉ちゃんっ。いいっ、いいよっ!」

深夜だというのに俺は声まで出してしまった。
全身を貫く快感は半端ではなく、いつもの半分くらいの時間で俺は頂点に昇り詰めた。

「あぁっ!いい。姉ちゃん、いいッ!」

でもこのまま射精したら姉ちゃんのショーツを汚してしまう。

(いけない、ティッシュに出さなきゃっ!)

しかし、悪いことだと知りながら、直接姉のショーツにザーメンをぶちまけたくなってきた。

(駄目だぁ。今日だけは許してくれぇ!)

俺は体をピンと張り詰めさせて最後の瞬間を迎えた。
姉の下着の核心部へ向けて射出される俺のザーメン。
薄い生地が見る見るうちに染みを作る。
小さいショーツから溢れ出る精液。

「あぁっ、っっくく」

おびただしい量の放出。
姉の下着を押しつけザーメンでぐちゅぐちゅにする。
1枚では到底拭いきれる量ではない。

できることなら、今ここにある全ての姉の下着を使って俺のザーメンを拭き取ってやりたかった。
が、俺はようやくのところでそれを思いとどまった。
この後、これらの下着は洗濯籠に返さなきゃならない。
ザーメン浸しにしてしまった1枚のショーツはどうしよう。
俺の精液がびっとりとこびり付いている。
が、幸い、このショーツは生地が薄い。
これなら、今から手洗いして干しておけば、明日の朝までには乾くはず。
パジャマを着て、こっそり洗面所に行き、姉のショーツを洗う。
ついでに他4枚のショーツを洗濯籠に戻す。
ショーツにこびり付いたザーメンを丁寧に洗い落とす。
にゅるにゅるとして気持ち悪いが仕方ない。
自分がしでかしたことなのだから。

(まあ、これくらいでいいか、どうせもう一度洗濯機にかけるわけだし)

固く絞った姉の下着をポケットに隠して、急いで部屋に戻る。
押入れの中に設置したハンガーになんとか取り付けた。
これで後は明日の朝、洗濯籠に戻せばOK。
事を終えた俺は布団に入る。

(はぁっ。良かったよ。姉ちゃん。最高に気持ちよかったよ)

隣の部屋で眠る姉に俺はお礼を言う。
充実感に満ちた俺はあっという間に眠りに落ちたのだった。

・・・翌朝、慌てて飛び起きる俺。
しまった。
いつもより早めに目覚ましをセットしておくのを忘れてしまった。
早く姉の下着を洗濯籠へ戻さなければ。
姉のショーツを小さく丸め、ポケットに入れる。
階段を下りて脱衣所へ着いた俺はビックリした。
洗濯が終わってる・・・。

(や、やべえ、どうしよう・・・)

洗濯機の中には脱水が終わった洗濯物が絞られた状態で入っている。
あの中に混ぜるってわけにもいかない。
仕方なく部屋へ戻る俺。
とりあえず今はどうしようもないから自分のタンスの奥へ仕舞い込むことにする。
今日の夜、洗濯籠に入れとけば別に大丈夫だろうと思い込む。

そして、その夜も、また懲りずに姉の下着を拝借した俺。
相変わらずのオナニーに耽る。
お楽しみの後、昨日の1枚と一緒に返しに行こうとした俺は、ふと思った。

(なにも2枚とも返さなくても、昨日の1枚だけ戻せばいいんじゃないか?)

今日ゲットしたショーツは、すぐに戻さないで明日の夜に戻すことにする。
そのとき同時に新しく出された脱ぎたてのショーツをゲットし、すり替える。
この繰り返しをすれば、姉が下着を洗濯に出してから姉のもとに戻るまでには、これまでより1日余分にかかることとなる。
ただし、母が下着類を洗濯するのは2日に1回のペースだから、戻ってくる下着は2枚ずつ。
一応、出した下着は穿いた順番に戻ってくるわけだし気付かれないのでは。
そう俺は考えた。
そして勝手に確信し、ほくそ笑んだ。
すると、今まではすぐに返さなければいけないと思ってできなかったことが、色々とできることになる。

(姉の下着を1日自由に扱えるなんて!)

俺はワクワクしてきた。
姉の下着を穿いたまま学校へも行ってみよう。
体育のある日はまずいな。
そんな日はチンコに巻きつけて登校だ。
これからは姉とずっと一緒にいられるぞ!
それにザーメンで汚しちゃっても、すぐに洗えば翌日の夜までは乾くだろうから、これからは心配なく射精できる。
そんな時は姉と一緒に居られないけど仕方ないよな。

(なんて素晴らしいリサイクルシステムだ!!)

ちょっとした偶然から閃いた素晴らしいアイデア。
俺が姉ちゃんのことをこんなにも好きだっていうことを、きっと神様が分かってくれてのご褒美なんだろうな。
俺はいつものように勝手な理屈で自分を納得させた。

ん?でも本当にいいのかな、これで?
あ、待てよ。
もし洗濯から戻ったショーツの枚数が違うのが分かったら、おかしいと思われるかも。
それだけが心配だったので、数日間、姉と母の会話に注意していたが、特に怪しまれた素振りはなかった。

それから俺のパラダイスが始まった。
毎日朝から晩まで姉の下着と一緒。
四六時中、俺は姉のショーツを穿くか、チンコに巻きつけていた。
それまで1日に1回だったオナニーが、2回、3回と増えてしまった。

さらに俺は変態的な行為へ突っ走る。
俺の学校のズボンは割とダボダボなので、ちょっとした小細工を弄することとした。
ズボンの前ポケットの内側に小指ほどの穴を開ける。
チンコに姉のショーツを巻きつけて、端っこをポケットの穴に通す。
両手の中指にショーツをひっかけて左右に動かし、少しずつ刺激を与える。

これならどこでもオナニーできる!
歩きながら、電車に乗りながら、そして授業中でも!

俺はありとあらゆる場所で楽しんだ。
さすがに教室でやった時は射精には到らなかったが、電車に乗った時は、近くにいた女子大生風の女の子の近くでイッてしまった。
ものすごく興奮した。
ショーツの周りにあらかじめティッシュを配置しておいたが、あまりの精液の量に学生服を少し汚してしまった。

そして俺は更なる野望を思いつく。

(姉の目の前でオナニーをする!)

考えただけで尿道からカウパー液が染み出てきそうだった。
夕食後、テーブルでテレビを見ているときに俺は決行した。
姉はテレビのバラエティ番組に夢中になっている。
姉はシャワーを浴びた後で、ほんのりといい匂いがしてたまらない。
姉が1日中穿いていたショーツをすでにゲットしていた俺は、屹立した肉棒に巻きつけてスタンバイ状態。
スウェットパンツにも同じ仕掛けが施されている。

あぁ、姉ちゃん。
俺、今、姉ちゃんの下着をチンコに巻いてるんだよ。
姉ちゃんが1日中穿いて、たっぷり姉ちゃんの汗を吸い込んだ下着だよ。

俺は心の中で姉に話しかけるが、姉はテレビの方を向いたままだ。
俺は夢中になって中指を動かす。

(す、すげえよ、これ)

姉の目の前でしているということが、背徳感と快楽度を否が応でも高める。

(姉ちゃんの居る目の前でオナニーしてる。俺、もうイッちゃいそうだよ)

俺が絶頂に達しそうになった時、ふいに姉が俺の方を見た。

「アハハ!何これ!面白いね!ね、◯◯!」

姉に突然話しかけられてドギマギする俺。

「◯◯?どうしたの?顔が真っ赤だよ。熱でもあるんじゃない?」

そう言うと姉は俺の方へ来る。

「風邪でも引いた?どれどれ。熱を測ってあげる」

姉は顔を近づけてきた。
てっきり手をおでこに当てられるのかと思っていたら、なんと姉は自分のおでこを俺のおでこに当てて来たのだ!
姉の甘い匂いが伝わってくる。

(なんていい匂いなんだ!)

ふと姉の胸元を見る。

(げっ、げげぇえっ!ノ、ノーブラじゃん、姉ちゃんっ!)

前屈みになった姉の胸元で姉の豊かな乳房が丸見えになっている。

「あ、ちょっと熱あるみたいだよ。薬、持ってきてあげよっか?」

小首を傾げて俺を見る姉。

(なんて可愛いんだ!)

姉に話しかけられていてからチンコへの刺激は中断していたのだが、興奮は頂点に達していた。

「い、いいよ。俺、もう寝るから」

そう言って立ち上がった瞬間、肉棒に刺激が伝わり俺のチンコは射精を開始してしまった。

「っあぁっ、・・・ぅっ」

思わずその場にうずくまる俺。
姉が心配そうに俺のことを抱え込む。

「大丈夫?◯◯、平気?」

俺が姉をオナペットにして、目の前で姉の下着を使って射精したっていうのに、姉は優しく俺のことを心配してくれている。

(姉ちゃんっ!なんて優しいんだっ!)

「だ、大丈夫。俺、もう部屋に戻るわ。あ、でもその前にさっぱりしたいから、シャワー浴びる」

「ダメよ、シャワーなんか浴びちゃ。さっさと寝た方がいいよ」

そうも言ってられないのだ。
俺には、このザーメンまみれの姉のショーツを洗うという大事な仕事があるのだ。

「熱い風呂に入って、すぐ寝れば治るっていうじゃん。俺、ちょっと風呂を沸かしてくる」

「本当に大丈夫なの?」

「う、うん」

俺は前屈みになりながら部屋を出ていく。
早くしないと姉が俺の精液臭に気付いてしまう。
なんとか姉をだまくらかして風呂に逃げ込んだ俺。

(ふぅーっ、危なかった。でも、すっごく気持ち良かった。姉ちゃんの顔を見ながらするオナニー、最高だったよ)

ザーメンが染み込んだ姉のショーツを洗いながら俺は思った。

絶対にやめられないよ、これ。
姉ちゃん、姉ちゃんの下着に俺、もうメロメロだよ。
姉ちゃん、大好きだよ。
姉ちゃんの下着も大好きだよ。
俺の姉ちゃん!
明日も明後日も、いつまでもずっと姉ちゃんと一緒だよぉおっ!!