俺が高校生の時の話。

姉:りか、20歳、OL。

妹:りみ、14歳、中学生。

女2人に板挟み状態。
姉も妹もずっと見てるので特に可愛いと思わず、鬱陶しい存在。
でも、俺の友達らは2人とも可愛いと言う。
俺の成績は悪い方で、いつも2人にバカ扱いされていた。

(なんか仕返ししたい)

いつもそんなことを考えていた。

よくつるむ悪友2人がいた。
1人は姉貴好み、もう1人は妹好み。

(姉と妹にイタズラしてやろう)

2人がいないときに、こっそりパンツを盗んでやった。
悪友2人にあげたらすごく喜んでた。
そのことが他の友達にも知れ渡り、「俺にもくれ」と言われた。
姉と妹の隙を見て、数枚盗んだ。
姉のは大人っぽいパンツ。
妹のは子どもっぽいパンツ。

こんなに盗んでバレないわけがない。
2人に問い詰められた。
知らぬ存ぜぬと言い張った。
しかし、バレた。
姉は怒りモード。

姉「あんた何してんの?」

妹「お兄ちゃん、バカやろ?」

姉「こんなバカ弟には躾しなきゃ」

俺「何するんだ?」

姉に両を手タオルで縛られた。
姉に馬乗りされた。

姉「りみ、たかしのズボン脱がせて」

俺「やめろ」

妹が俺のズボンを脱がした。

姉「パンツも脱がせろ」

俺「やめろよ」

パンツも脱がされた。
突然の出来事で訳が分からない。
姉が馬乗り状態でクルッと回って、俺のちんこを見た。
そして指でツンツン突く。
情けないことに勃起してきた。

姉「ほほう、立ってきてるやん」

俺「やかましいわ」

姉「姉に弄られて興奮してきたか」

姉がニヤニヤ笑う、妹も見ている。

姉「たかしの好きなパンツだよ」

姉がスカート捲り、パンツを見せた。

俺「姉ちゃんのなんか見てもつまらん」

そうは言ったが、ちんこは超勃起。

姉が、「ほれほれ」と言いながらしごく。

俺「あああっ」

情けない・・・。
俺は姉にしごかれて射精した。
妹が、「きゃあ」と叫んだ。
姉は、「出たあ」と大笑い。

姉「童貞か?」

俺「そうだよ」

姉「パンツ盗んだ罰や。これからはあたしらのおもちゃになってもらうで」

俺「あたしら?」

俺「りみのおもちゃにもなりや」

俺「断る」

姉「なら、おとんとおかんにバラすで。たかしが姉と妹のパンツ取ってましたって」

俺「それは困る、言うこと聞きます」

姉がいない日に妹が来た。

妹「お兄ちゃん、コクとこ見せて」

俺「アホなこと言うな」

妹「なんでも言うこと聞くって言ったじゃん」

俺「ネタがないのにこけるか?」

妹「ネタって何?」

俺「女の子の裸の写真とかそんなやつ」

妹「なら、あたしの裸見る?」

俺「お前の見てもつまらん」

妹「言ったな、ほんとにつまらん?」

妹が服を脱ぎだした。
ちっちゃなおっぱい。

俺「ほら見ろ、全然立たないやろ」

妹はムキになってパンツも脱いだ。
毛が生えてない、つるつる。
なんか妙に興奮した。

妹「立ってきた、こいて」

妹の裸を見て立った俺、情けない・・・。
仕方なくしごいた。
妹を見ながらハアハア言ってる俺。

俺「りみはオナニーしてるのか?」

妹「うん」

俺「俺ばっかりさせてないで、りみもしろよ」

妹もオナニーを始めた。
異様な光景。
お互い、向き合ってオナニーしている。
妹が近づいて来た。
そしてちんこの前に来た。

俺「ヤベ、出そう」

手の動きが速くなり妹の顔にぶっかけた。
妹が、「うひゃあ」って叫んだ。

妹「なんで顔にかけるのよ」

俺「お前が近くに来るからだろ」

妹は急いで顔を洗いに行った。

その日の夜、姉が部屋に来た。

姉「あんた、りみの顔に出したって」

俺「おう、りみが見たいって言うから見せてやってたら、近づいてきて顔に出してしもた」

姉「あんたってほんとバカだね。普通、妹に顔射する?」

俺「だって出たんだもん」

姉「まだ元気?」

俺「何が?」

姉「おちんちん」

俺「知らね」

姉が俺のパンツ脱がしだした。

俺「何するんだ?」

姉「騒ぐな、親に気づかれるぞ」

いきなりパクっと咥えた。

俺「うほっ」

姉「うるさい」

姉にフェラチオされた。
俺をベッドに寝かせ、頭を動かす。
見ると姉の右手が股の所に。

俺「姉ちゃん、オナニーしてるのか?」

姉は咥えたまま、「うん」と言った。

俺「出すとき、どうしたらいい?」

姉「口に出しや」

(マジか?俺としては嬉しいけど)

俺「もう出そう」

姉の頭を押さえて速く動かした。

俺「姉ちゃん、出る」

姉の口に出した。
それを姉は飲んだ。

俺「姉ちゃん、よく飲めたな」

姉「彼の飲んでるから慣れてるよ」

(慣れるものなのか?)

姉「じゃ、おやすみ」

姉は部屋を出て行った。
何がなんだかよく分かんねえ・・・。

そんな事があった数日後、妹が俺を部屋に呼んだ。

「また見せて」と言う。

俺が喋る前に妹は自分から服脱いだ。

妹「ネタがいるんでしょ」

俺「お前の裸見てもな」

妹「じゃあどうすればいいの?」

俺「りみ、オナニーしてみろよ」

冗談で言ったら、「わかった」と言ってオナニーを始めた。

「あんあん、ふうふう」言いながらしてた。

不覚にも勃起した。

妹「お兄ちゃん、触ってもいいよ」

つるつるのあそこを触った。

(濡れてる・・・)

左手で触りながらしごいた。
妹がしっかり見ている。

妹「顔には出さないでね、お腹ならいいよ」

妹のオナニーを手伝いながらしごいて妹のお腹に出した。

妹「お兄ちゃん、ありがとう」

なんでお礼を言われるのかわかんねえ・・・。

妹はティッシュで拭き、「またね」と言った。

(またやるのか・・・?)

しばらくしたある日の夜、姉がかなり酔っぱらって帰ってきた。
玄関で、「たらいま~」の声。
行くとフラフラ。
そして酒くせえ。
姉の部屋へ連れていき、ベッドに寝かせた。

姉「水持って来い」

酔っぱらいはめんどくせえ。
水を持って来てやった。
飲んで少し落ち着いたみたい。
そしたら突然泣きだした。

「何があったの?」と話し聞くと、彼の浮気現場を発見したと。

問い詰めると、その彼女とすでにエッチしたらしい。
で、姉とは別れると言われたそうな。
姉にしたら裏切られたわけで、かなり悔しかったみたい。
なぜか怒りの矛先が俺に来た。

姉「男ってなんですぐに浮気するんじゃ!」

俺「俺に言われても知らんわ」

姉「ちんぽはどの穴でもいいんか?」

俺「むちゃくちゃやな」

姉「このちんぽがいかん!」

姉が俺のちんぽを掴んだ。

俺「俺は関係ないだろ」

いきなり俺のパンツ脱がせ、ちんぽを咥えた。

俺「何やってんだよ!」

姉を突き放して離れようとしたら、「たかし、抱いて」と言う。

俺「無茶言うなよ」

姉「抱いてくれないと死ぬよ」

俺「勝手にすれば」

部屋を出ていこうとしたら姉が泣いて、「出てかないでよう」と言う。
そばに行ったら抱きつかれ、姉を押し倒すような感じに。
しばらく泣きながら抱かれたままいたら、突然キスされた。

俺「おい、姉弟だぞ!」

姉「今夜だけ甘えさせて」

いつもは気の強い姉・・・なんか可愛く見えた。
何回もキスして、くるっと上下入れ替わり、姉が下の方に移動してフェラしだした。
いい感じのところで姉が俺に乗っかってきた。

俺「姉ちゃん、何するの?」

姉「セックス、たかしのちんぽ入れたい」

俺「バカ言うな、姉弟だろ!」

姉「あっ、入った」

姉とセックスした。
俺の童貞が姉にやられた。
姉が腰を動かす。
そして凄い声を出す。
エロい顔になっている。

俺「姉ちゃん、出すときは抜くよ」

姉「中で出しても大丈夫だよ」

俺「そこまではできん」

姉「残念でした。たかしが出すまであたしは抜きません」

勝ち誇った顔、いつもの姉の顔。
俺も覚悟決めた。
初めてなので姉ちゃんがいつイッたかは判らなかったが、ときどき動きが止まったり、また動いたりしてた。
俺も出そうになったので、「姉ちゃん、もう出る」と言ったら、「いっぱい出してね」と言い、さらに激しく動いて、俺は中で出してしまった。

姉「りみには秘密だよ」

俺「言えるかよ、こんなこと」

翌日、妹に呼ばれた。
また「見せて」と言うのか?

妹「お兄ちゃん、なんかあたしに隠し事あるんじゃない?」

俺「何もないよ」

妹「夕べ、見たよ」

「何を?」

(ドキドキ)

妹「お姉ちゃんとエッチしてたでしょ」

俺「えっ?」

妹「あんな声が聞こえたら怪しいよね。こっそり覗いたらお姉ちゃんとエッチしてるし」

俺「見たんか?」

妹「見ました」

俺「どこから?」

妹「お姉ちゃんがお兄ちゃんの上に乗ってしてたときから。『中で出しても大丈夫』って言ってたよね」

俺「・・・」

妹「で、中で出したんでしょ?」

「・・・」

妹「何やってんの?」

俺「エッチ」

妹「それくらい分かるわ」

頭を叩かれた。

妹「次はあたしも仲間に入れて」

俺「は?お前、何言ってんの」

妹「あたしだけ仲間外れなんてずるい」

俺「お前、まだ処女だろ」

妹「エッチしなくていい、するとこ見せて」

俺「もうするかよ」

妹「ならお姉ちゃんに頼む」

俺「いい加減にしろよ」

夜の食事が終わって部屋でくつろいでいたら、妹が「あたしの部屋に来て」と呼びに来た。
行くと姉もいた。
姉が俺を見て、「りみにバレちゃった」と照れくさそうに言う。
今の主導権は妹。
妹は椅子に座って、その前で俺と姉が正座。

妹「お姉ちゃんとお兄ちゃん、仲良しでいいですね」

二人無言。

妹「あたしも仲間に入れて」

姉「りみはいいの?」

妹「あたしはエッチしなくていいの。お姉ちゃんとお兄ちゃんがしてるのを見るだけでいい」

俺「だから、もうしないって言ったろ」

妹「お姉ちゃんは?」

姉「あたしはまたしたいかな」

俺「姉ちゃん、何言ってんだよ」

会議・・・。
結果、また姉ちゃんとすることになった。
妹は見学。
姉の部屋でセックスをした。
最初、妹は見ながら1人でオナニーしてたけど、「一度、私も飲んでみたい」と言いだした。
姉は「やめときな」と言ったけど、俺は面白そうなので、「飲んでみるか?」と言った。

姉と立ちバックでして、近くに妹を待機させ、出るときに抜いて妹の口に入れて出した。

妹「むっ・・・」

変な声を出して口の中がいっぱいみたい。

「ん~ん~ん~」って言いながら自分の口を指差してる。

俺「飲めそうか?」

妹は「うん」って頷いてゴクンと飲んだ。

妹「げぇ、変な味」

姉は笑ってた。

姉「大人になったら美味しく感じるよ」

妹「ほんとに?」

俺を見る妹。

俺「俺が知るか」

こんな関係がしばらく続いた。

「もうやめよう」と、どちらからともなく言って終わった。

今は姉も妹も彼氏ができて楽しんでるみたい。
俺も彼女を探さなきゃ。