職場のビルが老朽化したということでリフォームがあった。
小さなビルなのでそこまで時間はかからないということだが、2週間ほどは使えなくなるために、オレはその間だけ他の支店でお手伝い。
しかし、まだ工事がそれほど進んでない初めの頃、ちょっと忘れ物があってビルに入った。

工事計画の確認している現場の人たち中に、1人だけ女性がいた。
若いなと思った。
20代前半だろう。
颯爽としているが、顔は可愛い。
こんな子がこんな世界にいるんだなと思った。

オレは邪魔にならないところで仕事をすることにした。
周りでは工事が進み始めている。
さっきの女の子も男に負けずに大きな声を出していた。
やっぱり現場の人間は勢いがある。
この日は基礎工事だけのようで、ものの2時間程度で作業が終わった。
ちょうどいい時間かなと、オレも仕事を終わらせようとした。
その時、誰かがオフィスルームに入ってきた。

「あ、お疲れ様です」

それはさっきの女性現場人だった。
仕事も終わって、ルームに置いていた道具を取りに来たらしい。
他の男性たちはもう帰ったとのこと。

「こちらこそ、お疲れ様でした」

オレも挨拶を返す。
その女性はさっきまで姿とはなんとなく雰囲気が違った。

「女性なのに大変じゃないですか?」

さりげなく話をしてみる。

「あ、でも私には合ってるかもです。体育会系だったので」

そうか、本人が良いと言うなら良いのだが。
しかし仕事が終われば女らしい雰囲気がある。

「時間があるならコーヒーでも」と言うと、「じゃあ一杯だけ」ということで彼女は椅子に座った。

インスタントコーヒーを飲みながら話をした。
彼女はミキと言って22歳の高卒らしい。
この仕事をしているだけあって、線は細いように見えるが、たぶんがっちりしているのだろう。
話していて気づいたのだが、ミキはどうやら、言われたことを全うしたいという気持ちがあるらしい。

「私、彼氏にも尽くしちゃうんです。言われたらやらないと気が済まなくて・・・」

意外にも中身はドMのようだ。
彼氏に尽くすと聞いて、ついエロい想像をしてしまう。
物は試しと、ふざけて言ってみた。

「もしオレがミキさんに脱いでって言ったら、脱ぎます?」

「そ、そんなことは・・・ないですよー」

まあそうでしょうね。
しかし押せば何かはしてくれそうだ。

「じゃあ、太ももをマッサージして欲しいって頼んだら?」

「あ、それならいいですよ」

(あ、いいんだ・・・)

ということで、特に疲れてもいなかったが、太ももをマッサージしてもらった。
オレは椅子に座って足を広げて、その間にミキが座り、太ももを揉んでくれる。
ミキの可愛い顔がかなり近い場所にある。
そして太ももを揉まれ、興奮して股間が反応。
完全に勃起してしまった。

「ミキさん、ちょっとこれをなんとかしてくれますか?」

股間を指差して頼んでみた。

「え・・・何を考えていたんですか・・・」

ミキは顔を赤くして目を逸らした。
しかしオレがミキの手をムスコに当てると、恥ずかしそうな声を出した。

「あっ・・・そんな、ダメですよ・・・」

「大丈夫、誰にも言わないから、お願い」

オレが懇願すると、ゆっくりとミキの手がオレの股間を弄り始めた。
本当にしてくれそうだ。

「パンツを脱がして」

そう言うと、しっかり言うことを聞いてくれて、そしてムスコにしゃぶりついてくれた。

「か、彼氏にも言わないでくださいね・・・フェラしたなんて・・・」

「オレの言うことを聞いてくれたら言わないよ」

まあ言うも何も、彼氏の存在すら知らなかったけど。
しかしミキはもう何でもしてくれそうだった。
実際にフェラにも気合いが入って、ムスコが躍動している。

「鉄筋みたいに硬いんですね・・・」

さすが現場の人だ、そう例えるか。
だんだんミキのことが可愛くなってきて、オレはミキの服を脱がし始めた。

「あ・・・何するんですか・・・恥ずかしい・・・」

服を脱がすと、鍛えられたエロナイスなボディがあった。
あまりにもキレイな体に見惚れて、オレはブラも外して胸を揉んだ。

「あぁ・・・あんん・・・」

ミキはすぐに声を出し始めた。
揉んだだけでこの反応。
乳首を指で弾いてみる。

「はぁぁん・・・!」

すごい反応だ。
エロすぎる、さすがドM。
少しずつミキの胸を弄ぶかのように弄っていると、夕暮れのオレンジの光に照らされた空間にキの喘ぎ声が響いた。

「あふぅぅぅん・・・はぁぁ・・・い、いやん・・・」

感じ方もいやらしい。
オレは思わずミキの乳首にしゃぶりついた。

「ぁぁぁああああん・・・ダ、ダメです・・・あぁぁぁんん・・・」

体をくねらせて反応する姿がさらにオレを興奮させる。
オレはミキの手を近くにあった工事用のロープで縛り、パンティーを脱がしてクンニした。

「い、いやぁぁぁん・・・それはいけないですぅぅぅ・・・あふぅぅん・・・」

クリトリスはすでにぷっくりとしていて、マンコは全体的にヌルヌル状態だ。
こんなに濡れていては指も簡単に入ってしまう。
膣の中で指を躍らせながらクリトリスを入念にクンニすると、ミキは悶え方が激しくなっていった。

「はぁぁぁぁ・・・っっ!!だめぇぇぇ・・・!あぅぅんん・・・あぁぁ・・・」

手が固定されていて逃げたくても逃げられないミキ。
エロすぎてたまらない。
オレも我慢できず、クンニから挿入に刺激を変えた。
半端なくビンビンなチンポがミキのマンコの中で暴れまくる。

「はぁぁぁうぅんん・・・!!いや、いやぁぁぁん・・・っ!イキそう・・・あ、あぁぁ!」

指でクリトリスを愛撫しながらのピストン。
ミキが昇天しそうだ。
それはオレも同じ。

「はぁぁぁ・・・あ、ああ・・・!イ、イクぅぅ・・・!!」

ミキは体をビクビクさせながら絶頂に達した。
同時に、オレもミキの中に精子をぶちまけてしまった。
ミキはオレの精子をマンコから流しながら、しばらくその場で横たわっていた。

ミキは次の日も元気に仕事をしていた。
その日以来、仕事終わりにはオレと待ち合わせをしてエッチするようになった。