2ヶ月ほど前に起こった出来事です。
俺は2、3ヶ月に一度、バイトの飲み友達(女2人)と3人で飲むんです。
南のほうの県から来て一人暮らしをしてる女の子(以下、南子)と、実家暮らしの女の子(以下、実子)。
その子達は俺の元カノの友達で、元カノと縁を切った後も飲み会は続きました。

そんなある日。
その日も、いつものように南子の家で鍋をつつきながら飲んでおりました。
俺と南子はかなり酒が強いので、ビール、ワイン、焼酎、泡盛など、ガバガバ飲んでおりました。
たいてい、いつも南子が一番先に眠ってしまい、その次に俺、実子の順に床に就くのです。
その日もそうでした。
南子が一番に眠りました。
俺はまだもうちょっと飲もうと思い、実子と2人雑談をしながら飲んでいたんですが、飲む量が半端じゃないので、さすがに気持ち悪くなってきたのです。
なんで俺は横になりました。

1時間か2時間か経ったと思います。
吐き気で目を覚ましました。
すぐにバタバタとトイレに駆け込み吐きました。
ぜんぶ吐きたいのに吐けません。
俺が唸っていると実子が「大丈夫?」と言って傍に来ました。
俺は話をするのも億劫で、『向こうに行ってて』と手でサインを出しました。
でも実子はそれを無視して背中を擦ってくれたりしました。
俺が吐きたいのに吐けずにいるのを察したのか、指を喉まで突っ込んで吐かせてくれました。
なんだか愛を感じました。

そして吐いてすっきりしたらエッチな気分になってきました。
でも俺はヘタレなので何も出来ません。
口をゆすいで歯を磨いて、実子に「ありがとう」とお礼を言って、また眠りに就きました。
すると実子は俺の横に座って背中を擦ってくれました。
(俺はうつ伏せじゃないと寝れない)

すぐに寝たように思います。
しかし10分くらいで目を覚ましました。
頬や唇が微妙にくすぐったいのです。
目を開けると、実子が俺の頬や唇にキスをしていたのです。
状況が理解できませんでした。
実子は元カノの友達だし、彼氏がいると聞いていたからです。
でも、エッチな気分になっていたので、そんなことはどうでも良くなりました。

実子を抱き寄せ、俺からも積極的にキスをしました。
横には南子が寝ていたので、実子も俺も一言もしゃべりません。
出来るだけ音を立てず、実子の唇で戯れました。

寒かったので毛布の中で触れ合いました。
上を脱がそうか迷いましたが、南子が起きた時のことを考えてブラだけ外しました。
実子は背が小さく童顔ですが、胸は標準よりかなり大きいポッチャリした子でした。
俺が胸を弄っていると、実子は俺の息子をズボン越しに擦り始めました。
俺もジーンズは下ろさずにチャックから息子を出して直に触れさせました。

一旦離れて、実子の顔を見て再びキスをしました。
実子は少し恥ずかしそうに照れた感じでニコニコしてて、再び絡み合いました。
実子はトロンとした目で俺の愛撫を受けていましたが、息子にキスをしてフェラをし始めました。
実子のフェラは今までに体験したフェラと少し変わっていました。
執拗に亀頭を攻めてくるんです。
舐めたり吸ったり、亀頭の表面を軽く歯でなぞったり。
それをされると足先まで電流が走るような快感を得ました。

実子にフェラしてもらっている間に彼女のズボンを少し下げて、パンツの中に手を入れました。
ビチャビチャと言うのは、まさにこういう状態のことを言うのでしょう。

実子のフェラはちょっと変わっていましたが、今までで一番でした。
俺は今までフェラでイッたことはないんですが、その時は限界になりました。
唾液の量が半端じゃなくて潤滑油の役割を果たしていました。
そろそろヤバいと思ったので、実子を抱き寄せてパンツの隙間から挿入しました。
フェラの余韻で激しく動くとすぐにイキそうだったので、出来るだけゆっくり動きました。
そして、今度はこっちが奉仕するつもりで、クリを指で弄ったりしながら、腰の動きに緩急をつけてみたりしました。
しばらくして実子の膣内がヒクヒクしたのを感じたので、少しだけ激しく動かしました。
実子の膣内は潤滑油で溢れ、カーペットを濡らしました。
そのとき外が明るくなってきて、今までおぼろげにしか見えなかった実子のエロい顔がはっきりと見えて、俺は激しく突いてイク瞬間に引き抜き、お腹に出しました。

果てた後、実子ともう一度キスをしてしばらく抱き合いました。
幸いにも南子は目を覚まさなかったので、2人でユニットバスに行って手を洗ったりしました。
トイレから出てくると、さっきまで俺と実子が絡み合っていたところに直径30センチほどの染みが出来ていました。
実子は顔を赤くして拭いていました。
その後、実子と眠りに就きました。

目を覚ますと昼過ぎで、実子と南子は起きて化粧をしていました。
3人が同時に「おはよう」と言い、おかしくて笑いました。