私が短大1年の時、学校の募集したホームステイに参加して、オーストラリア大陸の西部に位置するパースという都市にある普通の家庭にお世話になった時の話です。
当時の私は将来通訳か旅行会社に就職を希望していたので、頑張って短大の英文科に入学し、夏休みの期間1ヶ月ほど学校の案内するホームステイ先で生の英語を学ぶ目的でした。

到着すると友達と空港で別れ、各自各家庭の出迎えを受けると、それぞれの家庭で歓迎パーティをしてもらいました。
私のホームステイ先は、優しそうな祖父母に、国営企業に勤めている50歳のご主人と44歳の奥様、それに17歳と14歳の可愛い姉妹の6人家族でした。
初日の歓迎会には近所の人たちや女の子の友達も大勢集まり、盛大なパーティで温かく迎えてもらい、フレンドリーな家庭で本当に来てよかったと思っていました。

学校や図書館で勉強し、家庭ではケーキやクッキー作りを習い、食後はゲームをしたり日本の文化やアニメを教えたりと充実した日々を過ごしていたある日。
ご主人がわざわざ私のために5連休を取ってくれました。

「車でキャンプしながらエアーズロックに連れて行ってあげる」

お父さんとお母さん、子供2人に私の合計5人で、大きなキャンピングカーをレンタルして中央オーストラリアに向かったんです。
広大な道を走り続ける爽快感、夜は野外でバーベキュー、日本では経験出来ない素晴らしいドライブでした。

そして運命の3日目・・・。
少なくなった食糧を補充するために大きなショッピングセンターに車を停め、私は妹の手を引いてお店に入ると日本では考えられない広大なお店で迷子になりそうでした。
店に入ってすぐに食料品のコーナーに皆で入ったんです。
しばらくすると妹さんがトイレに行きたいと言いだしたので、私は買い物に夢中になっていた両親に伝えることなくトイレに連れて行ったんです。
食料品コーナーに両親がいることは分かっていましたし、トイレは入り口の近くだったので見失うことなくすぐに合流出来ると安易に考えたことを、今では本当に後悔しています。

妹と手を繋いでセンターの横にあるトイレに向かい、入り口で待っていた時です。
男子トイレから2人の男の人が出てくると、いきなり英語で「日本人か?中国人か?」と聞いてきたんです。
これが日本なら無視するくらい怖そうな男の人でしたが、私は安易に笑いながら「日本人です」と答えたんです。
キョロキョロと辺りを見渡して、いきなり1人の男の人が私の首にその大きな腕を巻きつけると、目の前にナイフを見せて、「シー・・・」と『騒ぐな』のポーズをしました。
私は大男2人に挟まれた格好で駐車場に連れて行かれ、そのまま男たちの車に乗せられました。

私はもうブルブル震え、涙を流して必死に片言な英語で「知人が待っているからいやだ!」と言いながらドアを開けて逃げようとしました。
必死に暴れると、隣に座っていた男にいきなり顔を殴られたんです。
生まれて初めて暴力を受け、鼻血が流れてくるとショックで頭が真っ白になってしまいました。
そのまま車は駐車場から逃げるように猛スピードで走り出しました。
しばらく走ると対向車や街並みが消え、周りが砂漠地帯になるといきなりトレーナーの上から胸を揉まれたり、髪を乱暴に掴まれてキスされたんです。

「いやっ!やめて!いやです!」

私は鼻血を流しながらも男たちから逃げようと手足をバタバタさせて抵抗していると、車はアスファルトの道路から脇道に入り、停まりました。
周りは砂漠と林で、エンジンを切ると静まりかえっています。
今まで男性経験がない私でも、これから自分がどうなるか分かりました。
鼻と口から血を流している私を引きずり出して砂地に押し倒されると、また顔を平手で叩かれました。
そのまま無理やりキスをされて、トレーナーを力任せに肩から破られるように引き裂かれ、ついにGパンに手を掛けられたんです。
咄嗟に男の腕を掴んだのですが、男たちが何か大声で叫びながら容赦なくお腹や頭を殴られ、一気に脱がされました。

「もう叩かないで・・・。お願い・・・許して」

両手で顔を覆って泣きながら頼んでいる間にも、2人がかりで下着も靴も乱暴に脱がされました。
全裸にさせられると、男たちはニヤニヤ笑いながら下半身裸になって、その巨大なモノを口に入れるように促してきたんです。
もちろん経験はありませんが、何を意味しているかは分かりました。
イヤイヤをして必死に逃げていましたが、顔を殴る真似をされるともう怖くなって、覚悟を決めて知っている知識を頼りに眼を瞑って咥えました。
髪を掴まれて前後に揺さぶられると本当に苦しくて・・・。
でも吐き出すたびに頬を叩かれ、強引に押さえつけられ、容赦なく咥えさせられていたんです。
その間、もう1人の男は後ろから私の恥ずかしい部分をゴツゴツした大きな指で乱暴に弄ったり、私の胸を触っていました。

やがて大きくなったモノを見せつけながら私を砂地に押し倒すと、もう抵抗出来ずにグッタリしている私に覆い被さってきたんです。

(こんな形で初体験をするんだ・・・)

男から顔を背けながら泣いていると、脚を大きく広げられ、男が割り込むといきなり押し込まれました。
下半身に今まで経験したことがない強烈な痛みを感じて思わず叫びました。

「いやぁー!助けてー!痛い!痛いよぅー!誰かー!」

でも男は私の首を本気で絞めながらガンガン突き上げ、そして涙で汚れている顔にキスをするんです。
意識が遠のく感覚の中、汚い唾液を流し込まれて、もう男の言いなりです。
何度も気絶しそうになりましたが、男の突き上げる痛みで現実に引き戻されます。
やがて男は私の乳首を噛みながら大きな呻き声と同時に激しく突き上げると、身体の中に熱く汚い精液を感じたのです。
乳房や顔中にキスをして、最後は汚い唾液まで飲まされて、やっと男が離れました。
私は足を閉じるのが精一杯でした。
周りは林と砂漠だけで、もう処女を失ってしまった私は、今さら逃げても無駄・・・と諦めていました。

次の男は私を起こすと車のボンネットに手を突かされ、強引に抱え上げるような格好でいきなり下から押し込まれたんです。

「痛いっ・・・。もうやめてください・・・誰か助けて!痛い・・・痛いからぁ~!」

私はワンワン泣きながら精一杯の大声で助けを呼びましたが、男は笑いながら私の髪を掴んで乱暴に突くだけでした。
やがてこの男も私の中に汚い精液を出すと、小柄な私は砂地に放り投げるように捨てられました。
グッタリ倒れている私にまた男たちが近づいてきて、私の脚を大きく拡げてアソコに指を入れ、流れ出る精液と出血を見ながら笑っていました。
私はまだ解放してもらえず、その後もしつこく口で後始末をさせられ、再び口の中で大きくなると、それぞれの男から2回目の汚い精液を流し込まれました。

グッタリしている私でしたが男たちは容赦ありませんでした。
今度はお尻の穴に指を入れて笑いながら動かしています。
恐怖と痛みがありますが、殴られるのが怖くて、泣いて我慢するしかありません。
最後はその指を口の中に入れられ、私がゲーゲー吐くと大声で笑いながら車に乗り込んで、走り去っていきました。

もう辺りは暗くなっていて、私はノロノロと起き上がって下着を探しましたが、ボロボロに引き裂かれていたのでとても着ることはできず、仕方なく肩の部分が引き千切られたトレーナーとファスナーが壊されたジーンズを履き、靴下と靴の片方が暗くて見当たらなかったので、片足だけ手に持って裸足で車が走り去った道を歩き始めました。
ようやく解放された私でしたが、自分の中から汚い男たちの精液が流れ落ちる感覚に、現実に犯されたことを自覚して、泣きながら歩きました。

30分、1時間・・・どれくらい歩いたか分かりません。
やがてアスファルトの道路に出るともう疲れてしまい、端っこに座り込んで泣いていました。
その後、親切なおじいさんが乗っていた一台のトラックに拾われ、私は病院まで連れて行かれ、警察とホームステイ先の家族が迎えに来てくれました。
点滴と包帯、顔全体のひどい腫れを見て両親は泣いて私に謝っていましたが、私も安心感から両親の腕を掴んで大声で泣きました。

事件は犯人はまだ捕まっていません。
事情聴取のときに警察から酷いことを言われました。

「どうして知らない車に乗ったんだ?」

「なぜ大声で助けを呼ばなかったんだ?」

「お前が笑って話したから誘ったと勘違いされたんだろ?」

さらに・・・。

「レイプだけで済んでよかった」

「砂漠に埋められなくてよかったじゃないか!」

私が日本人だからか、警察は真剣に犯人を探してくれませんでした。
もうオーストラリアには二度と行くことはないでしょう・・・。