俺は20歳の浪人生。
目指している難関大学にどうしても行きたくてチャレンジしているが、2回失敗して、今年は背水の陣だ。
数学は割と好きで得意なほうだが、苦手なのは英語。
英単語は頑張ってたくさん覚えるのだが、長文読解になると訳が分からなくなる。
予備校にも行っていたが、自分のペースで勉強したくて半年前から行かなくなっていた。
代わりに、近所に翻訳の仕事をしている40代手前のおばさんがいて、前から家ぐるみの付き合いがあるので、その人に分からないところが出てくると教えてもらいに行っていた。
英語が苦手なくせに洋楽が好きな俺は、好きな歌手の歌詞をその人に訳してもらったりもしたが、さすがは本職、絶妙な感じで訳してくれた。

その人の名前は弘子さんと言って、39歳。
独身で、病気の年老いたお母さんと2人暮らしだった。
そのお母さんとうちの亡くなった婆ちゃんが仲が良かったということで、前から家ぐるみの付き合いがあったというわけだ。

弘子さんは、うちの母親より10歳くらい若く、俺からしたらおばさんとお姉さんの中間みたいなところに位置していた感じだったが、結婚していないからか、年より若く見えた。
ただし、AVとか漫画に描かれるような“憧れのお姉さん”という感じではなく、普通の地味などこにでもいるというような女の人だった。

英語の分からないところを聞いたりするときは、弘子さんの家に行って、玄関わきの部屋にあげてもらって聞くのがパターンだった。
廊下を挟んで反対側の部屋に弘子さんのお母さんが寝ていたし、昔からの知り合いということで、俺が上がり込んでも周囲から不審に思われる心配もなかった。

その弘子さんとのなんでもない関係に微妙な変化が現れたのは、英語を教えてもらっていたときに東京オリンピックの話題になり、「各国の選手同士は気軽にセックスする」みたいな話になったときだった。
俺はそれまで弘子さんのことをエッチな目で見たことはなかった。
自分の母親に対してそういう思いを抱かないのと同じような感覚だった。
だから、そういう話題も意識することなく話せたはずだった。
しかしその時、自分の中の心のチューニングが狂ったというか、なぜだか分からないが、弘子さんのことを女として見てしまったのだった。

弘子さんは普通に、「選手村ではコンドームが配られるみたいだし」なんてことを口にした。

俺は急にドギマギして、適当に、「やっぱアスリートって、セックスもスポーツみたいな感覚なんでしょうね」と返した。

その日の夜、俺は初めて弘子さんのことを想ってオナニーした。
罪悪感とか抵抗感は確かにあったが、それを乗り越えると新鮮な興奮があった。
次の日も、その次の日も、弘子さんでシコった。
興奮が増していった。
妄想の中で、弘子さんを縛ったり、バイブで責めたり、強制オナニーさせたり、友人たち数人で輪姦したりした。
ザーメンがたくさん出た。

その後、英語を教えてもらいに行ったときはドキドキした。
弘子さんの目が直視できなかった。
問題を解いてもらっている間、弘子さんのカラダをチラチラと見た。
花柄のブラウス越しに、どんな裸なんだろうと想像した。
そして帰宅後、弘子さんを想ってシコシコした。
それからはもう、弘子さんに会いたくて勉強を口実に頻繁に家に行った。

朝から雨が降りやまない日だった。
電話して家に行くと弘子さんが出てきた。
ノースリーブのシャツを着ていて、白くむっちりした二の腕が眩しかった。
玄関にすとんと下りてきた時に胸のふくらみがブルンと揺れた。
俺はその瞬間、今日は特別な日になりそうな予感がした。

いつもの部屋で長文読解を教わる。
いつもはテーブルを挟んで向かい合うのに、その日、弘子さんは俺の横に来た。
5分と経たないうちに俺と弘子さんは男と女になっていた。
遠慮がちなキスが奪い合うキスになったとき、「お母さんに知られちゃいますよ」と言うと、弘子さんは「昨日からショートステイに行ってるから」と。
その時、弘子さんがいつもより入念に化粧をしていることに気づいた。

床に弘子さんを押し倒し、シャツをたくし上げ、ブラをずらしておっぱいにしゃぶりついた。
大きめの乳首は最初から硬くなっていた。
何をしても、どうしても感じる弘子さん。
俺は、英語を教えてもらっていた、ただの近所のおばさんに過ぎなかった弘子さんのおっぱいを舐めているということを意識し、目眩を覚えた。
弘子さんのショーツを剥ぎ取って、最初から湿っていたオマンコを舐めた。
石鹸の香りがした。

舐めながら、「こんなことをしたいって思いながらオナニーしてました」と正直に告白した。

「私も」と弘子さんは恥ずかしそうに喘いだ。

その日は夕方まで4時間ほど居座って弘子さんとセックスしまくった。

今、弘子さんが彼女みたいになっている。
人生って予期しないことが起こる。