長男とのセックスが忘れられなくなってしまいました。

先月の連休、今年大学に入った長男のアパートに行きました。
2ヶ月に一度ですから、今年4回目の訪問でした。
いつも2泊3日で行ってあげて、長男の好きなお料理を作ってあげて、掃除や洗濯をしてあげて、普通の親子で過ごしていました。

先月、いつもと違ったのは、私がアパートに着いた時から長男の様子が変で、私が部屋に入った途端、私を抱きすくめてきたんです。
私より20センチ近く背が高く、180センチ以上もある長男が私に抱きついて泣きじゃくりました。
子供の頃から泣き虫で、何かあると泣いて私にすがりついてくる子でした。
なんだか子供に帰ったみたいで、訳は後で聞こうと思いながら抱き返してじっとしてました。

そしたら私を抱き締めたまま、もつれ込むようにベッドに連れて行かれ、キスしてきたんです。
すぐに舌が入ってきました。
自分の子供とのキスなのに頭の中が真っ白になってしまいました。

「どうしたの?何があったの?」

抱き合ってベッドに横になったままで聞きましたが、何も答えないでまたキスをしてきて、今度は服の上から胸を触ってきました。

「ほんとにどうしたの?お母さんに言って」

そう言っても何も言わず、私のスカートの中に手を入れてきて、ショーツ越しにあそこに触れてきました。
またキスされて、そうしてるうちに私はベッドの上で上着を脱がされ、スカートを捲り上げられ、ストッキングとショーツを膝まで下ろされてしまいました。
ブラウスのボタンをもどかしそうに外し、ブラをずらすようにしながら長男の手が乳房を握り締め、あそこに指が触れてきた時は私は感じてしまって声を上げてしまいました。

「やめて、どうしたの?何か言って」

長男は黙ったまま自分で服を脱いで裸になりました。
長男の下腹部の茂みからペニスが突き出て反り返っていました。
私はベッドに横たわったまま、長男の引き締まった浅黒い体と剥き出しになったペニスを見つめているだけで、体が動かせませんでした。
スカートも脱がされ、ストッキングとショーツも脱がされて全裸にされた私を見つめながら長男が初めて口を開きました。

「ずっと我慢してた。ずっと前からこうしたかった」

どうしてでしょう、抵抗する気もなくなって、長男が私の足を開いて下腹部に顔を埋めてきた時も自然と受け入れて喘ぎ声を上げてしまいました。
長男のペニスが私のあそこを押し開きながら入って来た時、もう私のあそこは沸騰するほど熱く濡れていて、長男の名前を呼びながら根元まで受け入れてしまいました。
私はもう夢中で長男の激しい動きに応えてお尻を振って、長男の熱い迸りを迎え入れました。
そして40歳の母親が19歳の息子のペニスを咥え、しゃぶり、吸い、精液を全部飲んであげたのです。

彼にとってはホームシックからの激情だったと思います。
生まれて初めての一人暮らしで気を張った生活していて、寂しさが募っていたんだと思います。
夏休みに家に帰ってきて家族団欒を過ごした後だけに余計に寂しさが募って、私を求めてしまったんだと思います。
私に出来ることなら何でもしてあげたくて、2泊3日の間、求められるままに受け入れてしまいました。

でも、私の方が、その3日間のセックスを忘れられなくなってしまったんです。
家事をしていても思い出して体が疼いてしまいます。
私は何年かぶりに夫にセックスを求めてしまいました。
夫のセックスは優しく、その時は満足できたのですが、長男の激しいセックスと若いペニスが忘れられません。
もう私、だめです。