パート帰りに夕立ちに遭って、急いでマンションのエレベーターに乗ると、隣の部屋の高校生のアキラ君がズブ濡れで立っていました。

「どうしたの?」

私が聞くと、「部屋の鍵を忘れて入れない」って。
あんまり濡れてて気の毒に思った私は、「じゃあ家の人が帰ってくるまで私の部屋で待ってる?」って思わず言ってしまったんです。

部屋に彼を迎え入れてタオルを渡してから、私も自分の部屋で濡れたブラウスとスカートを脱ぎました。
ブラとパンティだけの姿になって体を拭いていると、部屋のドアがいきなり開いて、ブリーフだけの姿になったアキラ君が興奮したいやらしい顔で入ってきたんです。

「ちょっとダメ!入ってきちゃ」

そう言いつつも私の目はアキラ君のあそこに釘づけになっていました。
まるでテントを張ったように、その部分が大きく盛り上がってるんです。
するとアキラ君は、「奥さん、俺に筆おろしをして!」と言いながら私に覆いかぶさってきたんです。

「何言ってるの!?」

私はもちろん拒み、彼から逃れようとしました。
でも・・・。

「俺、前から奥さんのこと・・・。初めては奥さんみたいな人がいいって思ってたんです!」

アキラ君が真剣な顔をして言うのを聞いたら、なぜか抵抗する気がなくなってしまいました。

いつの間にか私の方からアキラ君の頭を抱えるようにして唇を吸っていました。
お互いに激しく舌を絡めて長いキスをしたあと、彼は私のブラとパンティを脱がせると、乳房を揉みながらアソコに手を伸ばしてきました。
初めてとは思えない指の動きで、私のいやらしい泉からはすぐに水が湧き出して、ぐちょぐちょになってしまいました。

アキラ君のブリーフを脱がすのももどかしく、私は彼のペニスを咥え込もうとしたんですが・・・大きくて口に入りきらないんです。
確実に18センチ以上はありそう!
私が懸命にしゃぶっていたら、アキラ君が我慢出来ないって表情で私を見つめるんです。
私も、もう我慢出来ませんでした。
アキラ君をソファーに座らせ、足を大きく拡げさせました。
ペニスがそそり立っています。
私は我を忘れて彼の上に跨がると、一気に腰を下ろしました。
ぬちゃっと、ものすごくいやらしい音がして、私の泉はアキラ君のペニスをずぶずぶと奥まで咥え込んでしまいました。
こんなに大きなモノを咥え込むのは初めてでした。
壊れてしまいそうな激しい圧迫感のあと、この上ない快感が襲ってきました。
私はもう訳がわからず、激しく腰を動かしながら、いつ絶えるとも知れない快感の波に身を委ねていました。

「ああっ、もうイキそうですっ」

アキラ君が下で叫ぶのを聞きながら私は狂ったように腰を振りました。

「イッて!出して!いいからそのまま出して!!」

私の言葉とほぼ同時でした。
熱い迸りが彼の怒張したペニスの先端から噴き出してきたのがわかりました。
それを私の子宮は一滴残らず受け止めたのです。
すごい量でした。
身体を離すと、精液と自分の蜜でぐちょぐちょになっているアキラ君のペニスを口に含み、丁寧に、でも執拗にフェラチオをして綺麗にしてあげました。
するとアキラ君のペニスはすぐにまた勃起しちゃって・・・。
言うまでもなく、その後も何度となくアキラ君の精子を私は中で受け止めました。

それ以来、私はアキラ君の大きなペニスが忘れられなくなりました。
主人と子どもがいない時間帯にアキラ君を部屋に誘ってはセックスしています。