高2の冬。
担任の美鈴先生と関係を持ってしまいました。
美鈴先生は30代半ばのバツイチ。
スリムで脚が綺麗な先生です。
僕はもちろん、他の男子生徒も先生をおかずにオナニーしていたと思います。

その日は週末で、次の試験に備えて男女の友達と一緒に先生の自宅に行き、講義を朝から受けていました。
先生はこの日のためにテスト問題を用意していてくれていて、皆その練習問題に取り組んでいました。
友人たちはさっさと終え、僕だけが遅れていました。

お昼になったときです。
美鈴先生が、「皆が終わったから近くのスーパーでお弁当でも買いましょ。でも、かず君はちゃんとテストを終わらせてね」と言い、友人たちと外へ出て行きました。
僕は皆が出ていった後にすぐテストを終えたのですが、美鈴先生が鍵を置いていってくれなかったので、皆を追いかけていけませんでした。
僕1人でお留守番です。

トイレに行きたくなったので、トイレを借りにバスルームへ。
そこには洗濯機が置いてありました。
僕はいけない欲望にかられて、洗濯機の中を見てしまいました。
そこには美鈴先生のピンクのパンティーが入っていました。
それを見た途端、僕のあそこが硬くなってきたのです。
僕は誰もいないのを確認してズボンとパンツを下ろしました。
先生のパンティーを手に取ると、あそこの部分が黄色く汚れているのを見つけてしまいました。
僕はゆっくりとパンティーを鼻に近づけ、美鈴先生のあそこの匂いを嗅ぎました。
激臭が鼻を突きました。
おしっこと臭いチーズの匂いが混じった匂いでした。
清楚な美鈴先生がこんな匂いを出していると思うと凄く興奮してしまい、僕は右手で勃起したあそこを握り締め、臭いパンティーを嗅ぎながらオナニーをしてしまいました。
僕はその後、パンティーの汚れた部分を自分の先に巻き付け、パンティーと一緒に擦りました。
今までにない興奮が僕を包み、「美鈴先生!」叫んだ瞬間、ドロッとした精液を出してしまいました。
その後、外に気配を感じたので慌ててパンティーを洗濯機に投げ入れ、パンツとズボンを穿いて部屋に戻りました。

午後も講義と2回目の練習テストがあり、3時過ぎに終わりました。
皆が帰る準備をしていると美鈴先生が言いました。

「かず君はもう少し残って補習しないとテストは難しいよ」

僕だけが残ることに。
皆が『頑張ってね』という顔をして帰っていきました。
美鈴先生は皆を見送ってから部屋に戻ってくると・・・。

「かず君・・・お昼1人でいた時、何をしてたの?」

心臓が止まるかと思いました。
僕は小さな声で、「何も別に・・・」と言いました。

「かず君・・・ひょっとしていけないことをしてなかった?」

先生が僕を問いただします。
心臓が爆発しそうになりました。
先生は続けます。

「私、さっきトイレのハンドタオルを洗濯機に入れようとしたの。そこに丸まった私のパンティーがあったの。私、下着を丸めて洗濯機には入れないの。それに、そのパンティーには女性の物ではない付着物がついていたの。いけないことをしたのよね、かず君」

僕は泣きそうになりました。
そして小さく頷きました。

「なんでそんな事をしたの!」

美鈴先生は僕を怒鳴りました。
僕は何も言えません。
美鈴先生は自分の部屋に入り、ドアを閉めました。
僕は恥ずかしさでいっぱいでした。

数分後、先生は部屋から出てきました。
その姿に僕はびっくりしました。
美鈴先生はスカートとストッキングを脱ぎ、Tシャツとパンティーだけ姿で僕の前に立ったからです。

「かず君、そんなに私のパンティーが好きなら、洗濯物じゃなくて生を嗅ぎなさい!」

そう言うと先生は両手で僕の頭を掴み、先生の股間を僕の顔に押し付けました。
僕は目を閉じて先生の股間を嗅ぎました。
さっきの洗濯物と同じ匂いがしました。
先生の股間は湿っていました。
僕のあそこは爆発しそうなほど硬くなってきました。

先生に顔を押し付けられながら僕は両手でベルトを外し、ジッパーを下ろしました。
そして勃起したあそこを取り出してオナニーを始めました。
先生は黙って僕がオナニーしているのを見ています。
しばらくすると僕の頭を掴んでいた手を緩め、僕の前に跪きました。
先生は自分の右手で僕のを握りました。
そしてゆっくりと擦り上げてきました。
先生にオナニーを手伝ってもらっている快感が体を駆け巡りました。

先生は目を閉じ、大きく口を開けて、僕の硬いモノを口に入れました。
そして激しくしゃぶりだしました。
舌でいっぱい舐めてくれました。
僕は「先生!」と叫んで、先生の口の中に射精しました。
先生は全てを飲み干してくれました。

そのあと先生は床に座り、Tシャツ、ブラジャー、そしてパンティーを脱ぎ、僕の目の前で大きく脚を広げました。
あの清楚な先生の卑猥なポーズを見て、僕はまた激しく勃起しました。
そして先生の生のあそこに顔を埋めて、先生のを舐め、胸を揉みました。
先生は小さな喘ぎ声をあげて腰をくねらせます。
僕は勃起したあそこを手に持ち、先生のビショビショに濡れている場所に宛てがいました。
そしてゆっくりと腰を沈めました。
手や口とは違う温かさが僕を包んでいきました。
先生の喘ぎ声が大きくなり、「あぁぁぁ!かず君!かず君!」と叫び始めました。
この声を聞きながら僕は腰を振り、先生の脚を持ち上げて激しくピストンをしました。
クチャクチャという音が部屋に響いていました。

「先生!先生!あぁぁ!美鈴先生!!」

僕は叫び、狂ったようにピストンを続けました。
そして・・・今までにない最高の快感が体を駆け巡り、僕は先生の中に射精しました。

先生は離婚後、1人で寂しかったと僕に打ち明けてくれました。
進学した現在も先生との関係は続いています。