もう3年前の話だが、飲んだ勢いでオッサンたちに2軒目のスナックへ連れて行かれた。
近所だったが、その店には初めて行った。
マスターも店員も客も50代後半~60代のオッサンとオバチャンたちの憩いの店だった。
オッサンが5人、店員も含めてオバチャン7人が狭い店内にいた。
そこへ36歳のオレが行ったもんだから、たちまちオバチャンたちの人気を集めてしまった。
ベタベタと遠慮なくカラダや太ももを撫で回されて、中にはチンポを撫でてくるツワモノもいたが、酔っているのでそれほど不快ではなく、むしろ気持ちよかったくらいだ。

そんなオバチャンの中に見覚えのある人がいた。
近所に住む後輩の母親(節子さん、57歳)だった。
昔からキレイだったが、今でも若く見えて、オレ好みのムッチリ系熟女になっていた。
オレの方から近づいていって、「宇田川君とこのお母さんだよね?」と声をかけると、嬉しそうに「わあ、覚えてくれてたの?吉野君、立派になってるから判らなかったわ」と言われた。
それから昔のことや、彼女が22歳で宇田川を産んで、彼が高校生の頃に離婚したことなどを聞いた。

後半、オレが聞き役に徹していたら・・・。

「吉野君はやさしいね。うちの子は話も聞いてくれないし、結婚してからはあんまり家にも寄りつかなくなって・・・」

横顔が寂しそうだったので・・・。

「オレで良ければ、いつでも話し相手になるから連絡してよ」

電話番号を割りばし袋に書いて手渡した。

その後、店も閉まってオレたちは解散した。
しばらく歩いていると、すぐに電話が鳴り、期待しながら出てみると節子さんからだった。

「みんなと別れたら、うちに来て飲み直さない?」

早速のお誘いだった。
宇田川の家に行ってチャイムを押すと中から節子さんが出てきたのだが、すでに着替えていて、胸元が大きく開いた部屋着のワンピースになっていた。
思わず胸元に目線が行ってしまった。

「ちょっと、エッチなこと想像してるんじゃないでしょうねぇ?」

「すみません、ちょっとだけ期待しちゃってます」

そう言うと彼女が抱きついてきた。

「私も電話番号をもらったときからエッチなことを考えちゃってたの」

手を引かれて寝室に通されると、1人の女性が寝るには広すぎるベッドがあった。

「男の人とこんなことになるのは離婚してから初めてよ」

わざわざ説明しなくてもいいことを言っていた。
舌を思い切り絡め合って貪るようにキスをして、大きな胸をワンピースの上から揉んでやった。
勃起したペニスを洋服の上から恥丘に擦りつけてやると、「アアァァァッ・・・」と大きな吐息を漏らした。
裾から手を入れて、ふくらはぎ、太ももを撫でまくって、パンティーの上から割れ目をなぞると、そこはすっかり湿っていた。
パンティを脱がしてワンピースも捲り上げて一気に全裸にした。
割れ目やクリトリスをベロンベロン舐めまくると、節子さんは今まで我慢していたものを吐き出すように快感の声をあげてくれた。

「スゴイの!吉野君の顔が私のに吸い付いてスゴイのぉぉぉ」

節子さんのおまんこは57歳とは思えないほどビラビラも少なく、キレイな色をしていた。

そして、いよいよオレも服を脱いでパンツ一丁になる。
パンツの上から勿体つけるように節子さんに触らせた。

「これが欲しいんじゃないですか?」

そう言ってやると、「欲しい」と返事をする。

「何が欲しいのか言ってくれないと・・・」

「あぁ、吉野君の太いチンチン・・・チンポが欲しい・・・入れて欲しい」

まずは仰向けに寝ている節子さんの口にチンポを入れてフェラチオをさせた。
ベッドの横のスタンドが置いてある台の引き出しが少しだけ開いて、コードらしきものが出ているのが見えた。
もしかしてと思って開けてみると、電マが出てきた。

「もしかして、これで1人で慰めてるの?」

「いやっ、恥ずかしい」

一気にドSスイッチが入った。
コンセントを入れて電マのスイッチを入れて、節子さんをイジメてやろうと思った。

「こんなもので、一人でしてたなんてド淫乱だね。どんな風になるのか、ちょっとやってみるよ」

ヴィ~ィンという音と、節子さん「アグゥッ、キモチいぃぃ」という快楽の声がしばらく続き、彼女は何度もイキまくった。

「吉野君、お願い、そろそろ本物が欲しいの」

オレも電マ攻撃ばかりしてても面白くないので、節子さんを抱くことにした。
しかし、ただ抱くだけではつまらないので、熟女に童貞を奪われるストーリーでやって欲しいとお願いした。
オレが高校生で、節子さんが37歳という年齢設定。

節子「吉野君、オバチャンが大人の女を教えてあげるわね」

オレ「はい、お願いします。どうすればいいんですか?」

節子「キスしましょ。そしてオッパイを優しくもんでね、吸ったりしてもいいのよ」

オレはしばらく揉んだり吸ったりを続けた。

節子「だんだん女が気持ちよくなってくるから、ここわかる?クリトリスを指で優しく擦るの」

触ると節子さんは・・・。

「アァアッ、たまらない。吉野君、今度はここ、ここに指を入れて!ダメ、1本じゃ足りないから2本入れて、ゆっくり出し入れして!アッ、アッ、アゥッ・・・一緒にクリちゃん舐めて、アァッ、イグフゥ、グフゥッ・・・」

オレ「イッちゃったね。すごかったよ」

節子「恥ずかしいけど、すごく気持ちよかったわ。それじゃあ今度は吉野君が気持ちよくなる番よ」

そう言って彼女はオレを仰向けにしてチンポを咥えた。

オレ「もう我慢できないよ。オバチャン、入れさせてくれよ」

強引に押し倒して、強引に節子さんのおまんこにねじ込んでやった。
Vの字に足を開かせて擦るように突き上げる。
グッチュグッチュと節子さんのそこが卑猥な音を立てた。

節子「すごい、吉野君の太すぎて目眩がするくらい擦れてる」

オレ「太いだけですか?」

節子「太くて、硬くて、奥まで当たるの、あぁぁ、いい、もっと突いて!奥まで!アァァ!!!」

ローリングさせてグッチョリの壺を攻め立てる。

節子「ああ、回すのダメ、ホントにアァ、ダメッ、イクッ、イクッ、アァァーッ」

節子さんは痙攣してしまった。

オレ「オレも出すよ、オバチャンの中に、アァッ、出るよォォォォ」

節子さんが、「童貞なのに素敵すぎよ」と言ったので、オレも「そうだね、あんまり良かったから忘れてた」と言って笑い合った。

それからというもの飲み会のたびに帰りに節子さんの家に寄って、熟女のカラダを堪能している。