百貨店のトイレでおしっこをしていると、トイレに掃除のおばちゃんが入ってきた。
おばちゃんと言っても結構若くて美人。
一生懸命にトイレを拭いたりしている。

見てたらおしっこしながら勃起してきた。
まだおばちゃんは男子トイレから出ていく気配はない。
他に客はいない。
思わずシコシコとしこり始めた。
おばちゃんは後ろを向いていたが至近距離だ。
たぶん、しこってる俺のことは気付いていただろう。
おしっこにしては時間が長すぎるから。

何分経過しただろうか・・・、“女が後ろにいる”シチュエーションに俺は頂点を迎え、便器に白い液を飛ばした。

ズボンに仕舞い、無言で手を洗う俺。
おばちゃんも無言だ。
やがておばちゃんは俺が白い液を出した便器に近づき、飛び散った精子を拭き始めた。
その横顔は、ちょっと年をとった八木アナという感じ。
今出したばかりなのに、また勃起し始めた下半身を抑えるように俺はトイレを後にした。

数日後、今日も開店直後に例のトイレに突撃した。
しかし、あのお掃除おばさんはいない。

(ちぇっ、待つしかないか・・・)

仕方なく俺はトイレ近くの喫煙所でタバコをふかすことにした。
1本吸った、2本吸った。
しかし暇な百貨店だ。
婦人服売場のフロアということもあり、男性トイレには誰も来ない。
3本目のタバコに火をつけた時、おばさんが現れた。
やはり八木アナに似ている(以下、八木アナ)。
俺のチンポは早くも勃起状態である。

意を決してトイレに向かう。
入口には『清掃中』の札が。
そんなことは関係ない。
俺は男子トイレに踏み込んだ。
この札があるから他の客は来ないだろう。
絶好のタイミング!
心の中で神に感謝した。

八木アナは個室の方で仕事をしていた。
俺はすかさず小便器の前に立った。
いつもより1歩下がり、チンポが八木アナから見えるように。
いきり立ったチンポをジーンズから出そうとするが、もうギンギンになっているので、なかなか出せない。

「痛っ」

ファスナーにチンポが挟まり、俺は声を出してしまった。

「だ、大丈夫ですか?」と、八木アナの声。

その声でますますチンポは破裂しそうになった。

「は、はい、大丈夫です。それよりすみません、掃除中に。我慢できなかったもので」

上擦った声で答える俺。

「いいえ」と話す八木アナと、初めて目が合った。

我慢できなかったのはおしっこではなく、エッチな白い液の方だ。
八木アナは、そのことは分かっていたのだろうか?

八木アナは小便器の横にある洗面の方に向かった。
鏡に洗浄剤を吹き付け、雑巾で拭き始めた。
俺がいても男性トイレから出て行くつもりはないようだ。
俺はもう1歩下がり、八木アナの位置から完全にチンポが見えるところでシコシコとオナニーを始めた。
我慢に我慢を重ねて、やっとシコれる、この快感。
手の届くところに八木アナはいる。
こっちを見ずに一生懸命に洗面を掃除している。
俺の右手のピッチが上がった。

(も、もうすぐ出る!)

そこで俺は考えた。
少し体を左に向ければ八木アナ目掛けて発射することができる。

(どうする?)

この就職難の中、やっと内定がもらえたところだ。
八木アナにぶっかけて、もし騒がれたりして警察沙汰になったらお終いだ。

(ぶっかけはやめよう・・・)

俺は少し離れた小便器に向かって白い液を発射させることにした。

その時だった。
八木アナがスポンジを俺の足元に落とした。

「ごめんなさいね」と八木アナがこちらを向いてスポンジを拾った瞬間、俺は絶頂を迎えた。

小便器に白い液が迸った。

「い、いえ」

気の抜けたような返事をする俺。
続けて、「す、すみません。溜まってたもので・・・」と、俺は正直に言った。
八木アナはちょっと照れたような表情を浮かべながらと聞いてきた。

「若い男の子って、こんなところで処理するんですか?」

「ええ、まあ」

俺は答えながら、すごく恥ずかしくなってきた。

洗面の方に向かう時、八木アナとくっつくようにすれ違ったが、シャンプーのいい香りがした。
アップで顔を見ると、やはり目尻の小じわはおばさんではある。
八木アナはまた個室の方へ入った。
俺はもう満足感いっぱいで手を洗い、何事もなかったように男性トイレを後にした。

また数日後、お掃除おばさんに会うために行ってきた。
デパートも暇だが、俺も暇だ。
以下、その朝の出来事を書く。
信じようが信じまいがそれは勝手だが、これは実話だ。

10時15分、某百貨店の婦人服売場フロアにある男性トイレへ。
少し遅めの出勤だ。
入口に立てられた『清掃中』の札を目にする俺。
この興奮と緊張感を表現する言葉が見当たらない。
トイレの中に入る。
いつもの掃除のおばちゃんの格好だが、今日はちょっと化粧が濃くないか?
さっそくチンコが勃起してきた。
童貞じゃないのに、なんてこった。

「あ、どうも。いいですか?」

「あ、ええ、クスッ。毎日なんですね。もう溜まっちゃったんですか?」

「ええ、まあ」

「じゃあ私は出ていった方がいいですよね」

「い、いえ!仕事を続けてください」

出ていかれたら意味ない。
八木アナは男の生理が分かっていないようだ。

小便器の前に立つ俺。
ポジションは小便器よりも2歩後ろ。
見せつけるには絶好の位置。
おもむろにチンポを取り出す。
今日はスムーズに出せた。
右手で握る。
ゆっくりと動かし始める。
左足はオープンスタンス。
八木アナは俺の左側。
洗面の下の方にあるゴミ箱を処理していた。
しかし、こっちを見ようとはしない。
そこで俺はチンポをしこりながら話しかけてみた。

「掃除の人って普通はおばちゃんだけど、若いですね。ビックリしちゃった」

「そう?私だっておばちゃんよ」

「いやー、まだまだお姉さんですよ」

一生懸命に会話を繋げる俺だが、八木アナは仕事の手を離そうとせず、こちらを向いてくれない。
今日でこのシチュエーションは3日目だ。
さすがに俺のチンポも慣れてきた。
そろそろこちらを向いてもらわないと絶頂に導けない。
俺は一か八か、はっきり言うことにした。

「あのー、こっちを見て欲しいんですけど」

「えっ!だって見えるよ」

「見てもらう方が出しやすいんです」

「毎日出してるから、本当は溜まってないんでしょ?」

ちょっと口を尖らせながら話す姿も可愛い!
八木アナは長いモップを取り出すとトイレの入口に立てかけた。
誰も入って来れないようにしてくれたのだ。

「見るだけよ。でも、こんなおばさんに見られても嬉しくないでしょ?」

「いえいえ、だからおばさんじゃないですって。綺麗なお姉さんですよ」

左手を伸ばせば届きそうな至近距離に美熟女の八木アナが立っている。
八木アナの視線は少し落とし加減。
俺のチンポを見ているような、見てないような。
俺は右手の上下運動のピッチを上げつつあったのだが、このまま果てるのは勿体ないような気がしてきた。

「あのー、ちょっと触ってくれませんか?」

「えっ!そんな・・・」

「僕の後ろに回ってくれます?」

俺は小便器に近づき、八木アナには俺の後ろの少し右側に立ってもらうように指示をした。

「ここでいいの?」

俺は八木アナの右手の手首を掴み、チンポに導いた。

「あ、熱い!」

それが俺のチンポを握った時の八木アナの第一声だった。

「動かしてみてください」

「えっ、どうすればいいの?」

おいおい、今どき女子中学生でもそんなことは知ってるぜ。
このおばさん、演技をしてくれているのか?
それとも本当にウブなのか?

「ご主人にしてあげるようにすればいいんです」

「主人とはもう何年もそんな関係じゃないからよくわからなくて」

おいおい、マジかよ!
セックスレス夫婦かよ!

うーん、確かに手コキは上手じゃない。
まあ俺の場合、比較対象は風俗嬢だから比べる方が間違いか。
何分が経過したのだろう、お互いずっと無言。
八木アナの手の動かし方は下手とは言え、徐々に気持ちは高まってきた。

「もう少し強く握って速く動かしてくれますか?」

「こ、こう?」

「そうそう。うっ、うっ・・・」

八木アナの肩に身体を預け、彼女の耳元に吐息を吹きかけながら俺は最後の瞬間を迎えようとしていた。
シャンプーのいい香りがする。

「イキますよ、見ててください!」

「えっ!?」

彼女のシャンプーのいい香りをめいっぱい吸い込み、思いっきりぶちまけようとした。

「あ、で、出る!」

ドクッ、ドクッ、ドクッ・・・。

白い液は小便器に飛び散った。
八木アナの手にも少しかかったようだ。

「ご、ごめんなさい。手にもかかっちゃったね」

「ううん。溜まってたのは本当だったのね。あ、ちょっと待ってね」

八木アナはポケットからティッシュを取り出し、チンポを拭いてくれた。
なんか、むず痒い。

「あ、後は自分でしますから」

俺は洗面の方に行き、手を洗った。

「でもスゴいね、久しぶりに見ちゃった」

赤くなってる八木アナの顔は、まるで少女のようだった。

「うちは娘2人だから、こういうのってよく分からなくって」

「ほんとにありがとうございます。また来ていいですか?」

「うーん。でも、これ以上エスカレートしちゃだめよ」

満足感いっぱいで俺は男性トイレを後にした。
もちろん明日も来るつもりだ。