姪と際どい関係になりました。
姪は私の弟の一人娘で、現在中3(15歳)です。
私は41歳のごく普通のサラリーマンです。

この夏休みに、弟夫婦とその一人娘の3人が、私が住んでいる家に1週間泊まりました(弟は仕事の都合で先に帰りましたが)。
滞在2日目、私と姪の2人でテニスをしました。
私は中高時代はテニス部に所属していましたが、姪は吹奏楽部に入っており、普段あまり運動はしないそうです。
急に体を動かしたせいで、姪は翌日、筋肉痛を訴えました。

私が「僕がマッサージしてあげるよ」と言うと、最初は恥ずかしがって「大丈夫」と言っていましたが・・・。

「早めに手当てしないと、後でもっと痛くなるよ」

と脅すと・・・。

「じゃあ、恥ずかしいことはしないって約束してくれる?」

「美奈が赤ちゃんの頃は僕がお風呂に入れたり、おしめを取り替えたことだってあるんだぞ」

「キャー、それは言わないで」

というわけで、マッサージをすることになりました。

シャワーを浴びてきてもらい、うつ伏せに寝かせました。
服装はというと、下は濃紺のハーフパンツ、上は白のTシャツです。
大きめのバスタオルで美奈の腰周辺を覆いました。
早速、足の裏から揉みはじめます。
手のひら全体や10本の指を使って、徐々に上がって膝まで進んだら、また足の裏に戻ります。
美奈の表情を見ると気持ちよさそうです。

両脚の膝から下の部分が終わると次は太ももです。
マッサージしやすいように、ハーフパンツが少し見えるくらいまでバスタオルを捲くりました。
太ももの裏を同じように揉み上げていくと、さすがに感じるらしく、特に私の手がお尻近くに届くと微かに「んっ」と可愛らしい声を漏らして体をびくっとさせます。
耳も少し赤くなってきていました。
太ももの裏側を両脚とも、じっくり時間をかけて揉みました。
5分ほど続けていると鼻にかかった可愛い声で、「ん、あっ、いやっ」と喘ぎながら、お尻を上下させるようになりました。

私が、「ちょっとこのハーフパンツ、邪魔だから取ってよ」と言うと・・・。

「ええ~」

少し迷っていたようでしたが、少し命令口調で、「後ろを向いててあげるから早く」と言って背を向けると、観念したのかゴソゴソと脱ぐ音がしました。

「脱いだよ」

そう言われて振り向くと、頭のそばに脱いだばかりのハーフパンツが畳んでありました。

また太ももの裏側をマッサージし始めます。
お尻に近づいたとき、手の甲をうまく使って、バスタオルを少しずつ上にずらしていきました。
美奈が私の指に反応してお尻を上下させたせいもあって、とうとうピンクのパンティが見えてきました。
少女のものとはいえ、グッときました。
しかも、なんと染みができているではありませんか!
姪も大人になったんだなぁと思いました。

次は上半身です。
指先から肩に向かって揉み解していきました。
私の手が腋の下に近づくと、「くっ、くっ」と笑いを体全体でこらえます。
私がふざけて腋の下をくすぐると、「あははーんっ」と叫んで体を大きくよじりました。
その拍子にバスタオルが大き崩れて、パンティがすっかり露わになってしまいました。
美奈は慌ててバスタオルでお尻を隠します。

今度は、美奈の体に跨がって背中をマッサージ。
やはりお尻の近くは感じるようで、私の手が近づくと体がびくっとなります。
マッサージ中にブラのホックを外しました。
そしてしばらく揉んでから・・・。

「やりにくいからTシャツを捲くるよ」

返事も聞かずに肩の方まで捲り上げました。
脇の方から少しオッパイが見えています。
美奈は結構オッパイが大きく、たぶんFカップくらいあると思います。
私の手がホックを外されて緩んだブラの下からオッパイの近くに届くと、またもや「ん、あっ、いやっ」と両脚をバタバタさせながら可愛らしい声をあげます。
耳から首筋から、もう真っ赤です。

次に仰向けになってもらいました。
姿勢を変える際、美奈はブラのホックをかけようとしましたが、私が「そんなのはいいから、早く早く」と急かして、結局ホックは外れたままになってしまいました。
仰向け状態でまた脚から揉み始めました。
ただし、あまり時間はかけませんでした。
膝から下はさっさと済ませて、ピチピチの太ももに時間をかけます。
美奈は恥ずかしいのか、右腕で両目を隠すようにしていました。
唇が半開きになって、呼吸が明らかに乱れています。
左手はシーツをギューと掴んでいます。
私はまたもや手の甲でバスタオルを少しずつずらしていきます。
私の手が股間に近づくたびに、「んっ、ああ~っ」と声を漏らします。
体がビクっとなり、少し膝を立てるようにしたのでバスタオルがさらにずり上がり、ピンクのこんもりした膨らみが顔を覗かせました。
チラリズムの極みです。

片脚ずつ太ももを揉む際、片方の膝を立てさせました。
美奈は「ああんっ、いやっ」とかすれ声をあげながら慌てて左手でパンティを隠そうとしました。
この愛らしい仕草を見て理性を失いそうになりましたが、ぐっとこらえました。
美奈の手をどけてクロッチ部分を見ると、もうグッショリになっています。
かなり濡れやすい体質のようです。

いよいよ上半身に進みます。
美奈の体に跨がって、お腹をマッサージし始めました。
くすぐったいのと性的に感じるのとが混ざっているらしく、「あんっぐっ」と声を漏らしながら小刻みにビクッビクッと痙攣します。
それに合わせてブラが緩んで動きやすくなったオッパイがTシャツの下でブルブルと揺れるんです。

(赤ちゃんの頃から見知っている美奈が、私にマッサージされて、こんな風に乱れた姿を晒すようになるなんて・・・)

私はものすごく興奮していました。
よく理性を失わなかったものです。
甘い体臭が微かに漂いながら、眼下にはオッパイが揺れているのですから。

「Tシャツを少しどかすよ」

またもや返事も聞かずに、ブラが少し見えるところまで捲り上げました。
パンティとお揃いのデザインです。

「可愛いデザインだね、このブラ、似合ってるよ」

耳元で囁いてあげると嬉しそうな表情が口元に現れ、体をくねくねさせました。
思わず抱き締めそうになりましたが我慢しました。
ピンクパンティのウエスト部分、アクセントになっているリボンが見えるところまでバスタオルを下げてマッサージしてあげます。
指先を立てて爪でおへその周りをツーっと撫でるようにすると、「んああっ、んぐっ」と声を漏らしながら大きく仰け反りました。
きつめのTシャツを着ていれば、こうはならなかったでしょうが、結構ゆったりしたTシャツだったので抑えが効かなかったようです。
オッパイも大きくブルンと揺れたため、ブラがかなりずれて、オッパイの下半分が露出したのです!

連続してこの爪くすぐり責めをやると、最初は唇をぐっと閉じてできるだけ声を出さないようにしていたせいで、「んんっ」「ぐっ」という声を漏らしていましたが、やがて我慢できなくなったのか連続的に「んあんっ、いや~ぁ」と、少女らしい甘えた声をあげるようになりました。

体をよじるたびにブラの下のオッパイがブルンブルン揺れて、甘い香りが立ち込めます。
いっそのことブラを外してしまおうかとも思いましたが、さすがにそれはやめておきました。
その代わりに、オッパイの露出した部分にも爪を這わせてあげました。
たぶん後2センチくらいずり上がっていたら、乳首が見えていたはずです。
こんな感じで、たまには腕の方に戻って、上半身をマッサージし続けました。

またうつ伏せになってもらいました。
ブラを押さえながら恥ずかしそうに横たわります。
美奈は自分からバスタオルを脇にどけました。
ピンクのお尻がぐっと盛り上がっています。
そのお尻に遠慮なく手のひらを当て、円を描くようにして揉みまくりました。
相変わらず、「んあんっ、いや~ぁん」と可愛らしい声をあげています。
私が手をチョップの形にしてお尻の割れ目に沿わせたところ、小さな声で、「ああんっ、そこは・・・だめっ」と体をよじって抵抗します。
お尻をよじったため、かえって私の手がお尻の割れ目に食い込んでしまいました。
美奈は、「く~っ」と子犬のような声をあげて両脚をばたつかせます。

お尻の感触をしばらく楽しんでから上半身に向かいました。
体の脇に押しつぶされてはみ出ている白いオッパイの近くを集中的にマッサージします。
美奈は「あんっ、いやっ」と繰り返し喘ぎながら腰を上下に激しく振っています。
目の前でピンクの山がモゾモゾ動くのは素晴らしい眺めでした。
最後に脚の方をマッサージして、終了しました。

翌日の午後、妻と弟夫婦がそれぞれ外出した直後、美奈が体をクネクネさせながら私に近づき、顔を真っ赤にしながら言った言葉が忘れられません。

「また・・・マ、マッサージ・・・して・・・」

今年の夏の体験は、お互い一生忘れられないでしょう。

では2日目の様子を書きます。
昨日と同じように最初にシャワーを浴びてもらいました。
その間、私は洗面器に水を張って枕元に用意したり、タオルを出したりしていました。
美奈の服装は、昨日とほぼ同じです。
昨日のTシャツはゆったりしていましたが、今日のはかなりピチピチだったので余計膨らみが強調され、歩くたびにオッパイがTシャツの下でブルンと揺れています。
年甲斐もなく胸がときめいてしまいました。
下半身は昨日と同じデザインで色違いのハーパンツでした。
「今日はローションを使うから、ハーフパンツが汚れると困るんで最初から脱いでね」

そう言うと美奈は一瞬どうしようか迷っていたようですが、私が昨日と同じように、「後ろを向いててあげるから、早く」と言って背を向けると脱いでくれました。
すぐに背後で、「このタオル、ちっちゃ過ぎ~」という美奈の声が聞こえました。
そうです、私はバスタオルではなく、普通サイズのタオルを用意していたのです。
それでも観念したようで、美奈はうつ伏せになり、お尻をタオルで隠しました。

早速マッサージ開始です。
今日は妻が1時間以内に戻ってくるはずなので、あまりゆっくりとはしていられません。
膝から下の部分は2分ほどで済ませて、すぐに太ももの裏側を撫で始めます。
美奈も期待充分のはずなので、かなりいい反応を示してくれます。
親指で内側を撫で上げると、「く~、くっくっ」と声を漏らしながら体をよじり、両脚をバタつかせます。
足の指は早くも内側にきゅっと曲げられていました。
感じている証拠です。
両脚を開かせ、その間に座り込みました。
しばらく撫で擦ったり揉んだりしていると、タオルが小さいのですぐにずり上がってしまい、黄色いパンティの下側1/3くらいが露出しています。
クロッチを見ると、すでにグショグショです!

(なんて可愛い子なんだろう)と思いました。

本人に気づかれないように、鼻を近づけて匂いを嗅いでみました。
言葉では表現できない男を狂わせる香りです。

次に、昨日と同様、手から肩にかけて一通りマッサージした後、「ローション使うので、Tシャツを捲くるよ」と言って、間髪入れずに肩まで捲り上げ、ブラのホックを外しました。
タオルをちゃっかり半分に折り畳んでパンティをかなり露出させてからローションを美奈の背中に垂らし、塗り広げていきます。
特に、押しつぶされて両脇にはみ出ているオッパイ近辺は、ねっとり塗り込みます。
美奈は「んっ」「あんっ」と甘えた声を漏らしながら、私の指の動きに合わせてビクッ、ビクッと軽く痙攣しています。
耳も首筋も真っ赤になっています。

「パンツにローションが付いちゃうから、もう少し下げてくれる?」

美奈はちょっと戸惑うような表情を浮かべましたが、すぐに両手をパンティのウエストゴムにかけ、少しだけ下げました。
この辺が少女らしい恥じらいなのでしょう。
5ミリくらいしか下がっていません。
でも、ここは無理押しせず、背中の下のほうや腰にもローションを垂らして塗り込んでいきます。
脇腹に指が届くと、「はんっ」「くっ」と小さく叫びながら両足の指に力を込めます。

「もうちょっと下げるね」

私は、そう言って両手の親指をパンティのウエストゴムにひっかけて、お尻の割れ目が見えるところまで有無を言わさず一気にずり下げました。
美奈は慌てて、「ああんっ、いやっ」とかすれた声をあげながらパンティを戻そうと右手をお尻に伸ばしましたが、「ローションが手に付いちゃうよ」と言って美奈の手をどかしました。
そして、腰、お尻を撫で回します。
美奈は荒い息を吐きながら体をよじって耐えています。
たまに、「んあっ、いやっ」と漏れる声が可愛いです。

悪戯心が湧き、パンティのウエスト側から左手の中指をお尻の割れ目に挿入してみました。
途端に美奈は、「いやんっ、だめっ」と叫んで跳ね起きました。
タオルが落ちます。

「もう~、エッチ~、ありえな~い」

振り返ると、真っ赤な顔で私を可愛く睨んできます。
美奈の立場からすれば、筋肉痛を和らげるためのマッサージを受けている・・・という建前であり、それを崩したくなかったのでしょう。

私は、「ごめんごめん、もうしないから」と一応謝りました。

もしも妻や美奈の母がこの場を目撃したら、きっと腰を抜かしていたに違いありません。
ほとんど背面座位の体勢になっています。

「さあ、今度は仰向けに寝て」

そう言ってバスタオルを敷きました。
美奈はパンティを引き上げ、ブラのホックをかけ直してから仰向けになり、小さなタオルを腰にかけました。
いよいよ体の前面です。
膝下は省略して太ももから撫で始めました。
今日はブラを取ってしまおうと考えている私の心臓はバクバクです。

太ももにローションを垂らし、手のひら全体で撫で擦ります。
親指が脚の付け根に近づくと美奈は、「くっ、んあぁ」と可愛らしい声を漏らしながら、少し内股気味に両脚をすぼめます。
手を太ももの上で動かしている間にタオルを少しずつずらしていきます。
すぐにこんもりとした黄色い三角形が見えてきました。
陰毛の黒い陰が映っています。
チラリズムを堪能しました。

もうすぐ妻が帰ってくるはずなので、すぐ次の段階に進めます。
腰を跨いで、「Tシャツを捲るね」と一方的に言い、パンティとお揃いのブラが完全に露わになるまで捲り上げました。
美奈は恥ずかしそうに、「んっ、いやんっ」と声を漏らしながらも、私が捲り上げやすいように背中を浮かせてくれました。
目の辺りは右腕で覆っているので見えませんでしたが、頬や口元はかなり赤くなっていました。
これから自分が受けるマッサージにかなり期待していることがわかります。

豊かな胸元から少女特有の甘い香りが立ち昇ってきます。
その香りを楽しみながら、まずはおへそ周りにローションを垂らし、塗り広げていきます。
美奈の体はすでにかなり敏感になっているので、私の手の動きに合わせて、「はうっ」「く~っ」と小さく叫びながらビクビクと痙攣します。
たまに爪を立ててツーっと脇腹をなぞると、「んあっ、いや~っ」と声をあげながら頭を左右に激しく振ります。
このシーンを前にしてよく自制できたなと我ながら関心します。

時間がたっぷりあれば、もう少しお腹をマッサージして性感を高めることができたのですが、なにしろ時間がありません。
私は賭けに出ました。
ブラのホックを目指して美奈の背中に右手を差し込んだのです。
美奈だって小さな子供ではありません。
私の手の動きが何を意味しているかわかるはずです。
すると、なんと美奈は私がブラのホックを外しやすくなるように体をよじってくれたのです!
好きな女の子に初デートを申し込んでOKをもらった時でさえ、こんなにも嬉しくはなかったような気がします。
恐らく美奈にとっては初めての経験でしょう。
私は美奈の耳元で、「大丈夫だからね」と囁いてあげました。
美奈は何と返事をしたらよいのか判らなかったようで、微かにこくりと頷きました。

私も、いきなりブラを全部取ってしまうような愚は犯しません。
お腹の上の方にまたローションを垂らし、今度は上の方に広げていきます。
私の手の動きにより、徐々にオッパイの下のほうが現れ、それと同時に美奈の甘えたような、「んんっ」「ああんっ」という声も間隔が短くなっていきます。
オッパイの露出した部分を爪で柔らかく引っ掻くようにしたり、脇腹に手を伸ばしたりすると美奈が体を大きくよじるので、ブラが緩んで動きやすくなったオッパイがブルブルッと揺れ、ブラが少しずつずれてきます。
もう私の心臓はバクバクです。

これを何度か繰り返していると、ブラが大きく外れて、とうとう乳首が露出しました!
乳輪は小さめで完全な円を描いており、長めの乳首がピンと尖っています。
少し色素沈着が進み始めている妻のものとは違い、透き通るようなピンク色です。
むしゃぶりつきたくなりました。
眩暈がするほど愛らしい乳首です。
それまでも我慢汁は出ていましたが、この乳首を見た瞬間、ドバっと溢れ出たのがわかりました。
もう吸い付きたくて気も狂わんばかりでしたが、欲望をぐっと抑えて、Fカップほどの大きさのオッパイにローションをまぶし、プルプル振るわせながら揉み込んでいきます。
この頃になると美奈は体をガクガク痙攣させながら口を大きく開けて喘いでいましたが、私の指先が左右の可愛らしい乳首を摘んだ瞬間・・・。

「ああっ、いや~っ」

大きく叫んでぐっと仰け反りました。
そして、まるでスイッチが入ったかのように泣き出したのです。
こんなにも敏感な体をしていたなんて!
男性体験の豊富な女性や熟女ならまだしも、明らかに処女の美奈がこんなにいい反応を示してくれるとは思ってもいませんでした。
将来、美奈を抱くことになる男に言いようもない嫉妬を感じました。

それからは中年男性のテクニックを駆使してオッパイ中心に責め続けました。
美奈は両手で私の腕を押さえながら、「ああっ、いやっ、もうやめて~」と泣きじゃくっています。
たぶん快感があまりに強すぎて怖くなったのでしょう。
しかし、もちろん止めません。
今でも本当に残念なのは、妻が戻ってくる時間が迫っていることでした。
いつまでも乳責めを続けるわけにはいきません。

今度は四つん這いになってもらいました。
美奈の意識が少し朦朧としてフラフラ状態だったので、姿勢を変えるときは私が腰に手を回して支えてあげました。
背中を押し下げてお尻をぐっと突き出すポーズをとらせましたが、美奈は今まで味わったことがない快感のせいでもう何がなんだか分からなくなっているようで、素直にお尻を差し出します。
真後ろに座って眺めると、クロッチ部分はもうグッショグショになっていて、プックリと柔らかそうに膨らんでいる大陰唇に貼り付いているせいで、ひだがすっかり透けています。
クロッチの両淵からは陰毛が何本かチロチロとはみ出ていました。

(今すぐぶち込みたい!!)

そんな劣情をぐっと我慢し、ドーンと張りのある真ん丸なお尻を撫で回します。
美奈は「ああっ、いやっ」と泣きながら、お尻を左右に激しく振ります。
オッパイのときと同じように爪や手のひら全体を使って刺激します。
次に、左手で背中やお尻全体を擦りながら、右手の指を揃えてパンティの上から割れ目を何度もそっとなぞります。
クリトリスは特にソフトタッチで責めます。

美奈の泣きじゃくる声が最高潮に達したのは、私が右手でクリトリスを、左手で乳首を同時に刺激したときでした。
頭を左右に激しく振って、「ああっ、いや~っ、もうだめ~」と快感に泣き叫ぶ美奈を見てチンポが2回ドクっドクっとなりました。
我慢汁ではなく、精液が込み上げてきたのです。
こんなことは初めてです。

と、そのときです。
聞き慣れたエンジン音がしました。
妻です!
買い物から帰ってきました。

私が、「ごめん、佳織(妻)が帰ってきちゃった」と小さく叫ぶと、美奈はフラフラとしながらも立ち上がり、服を掴んでよろけながら自分にあてがわれている部屋に走っていきました。

マッサージできたのは2回だけでしたが、生涯忘れられない思い出となりました。
美奈にとっても同じはずです。
美奈たちが帰る日の朝、他の人には気づかれないように、「今度来たらまたマッサージしてあげるよ」と囁くと、真っ赤な顔で体をもじもじさせながら伏し目がちに笑ってくれました。

現在、美奈は中3で、冬休みは高校受験が控えていて無理なので、たぶん来春に来てくれることでしょう。
ただ、今度また同じような状況になったとき、美奈のパンティを脱がさないで済ます自信が私にはありません。